三谷@四谷鉄板焼き 愛ちゃん@目黒

May 21, 2015

うしごろバンビーナ@五反田

「うしごろバンビーナ」に行きました。

本店は恵比寿にありますが、予約がいっぱいだったので五反田店へ。

うしごろ





















外のガラス窓にはイタリア語やローマ字でメニューが書かれています。
右の看板にはワインリストがずらりと・・・

・





















中はカウンター席とテーブル席があります。
カウンター席に座ると金色に輝く牛の置物がど〜んと置かれていました。

・





















まずは、ビールで。プレミアムモルツです。

ビール





















うしごろサラダ

皮を剥いてスライスした胡瓜とグリーンカールを胡麻塩風味のドレッシングで和えてあります。
お肉を食べる前には、まず野菜を食べなきゃね^^;

サラダ





















白菜キムチ

ほどよい辛さのキムチです。

キムチ





















お肉は極上希少部位の特選盛り頼みました。
6種類の希少部位が少しづついろいろ食べれて2500円というお得な価格です。

ミスジ

一頭に1圓靴取れない肩甲骨の内側の部分です。

ミスジ





















生でも食べれるお肉ですが、片面だけをさっと10秒くらい炙る程度でいただきます。
赤身ですが細かいサシが入っていて、ロースやモモとはまた違うあっさりとした食感でいながら、
濃厚な味わいです。

ミスジ





















極みのタン

タンの中でも僅かしか取れない部位のみを葱塩たれで和えてあります。
これは数量限定で別オーダーしました。

極みのタン





















弾力がある食感で、葱塩たれがきいています。

タン





















そして、特選盛りの続きです。
右から、ハラミ・リブ芯・リブマキ

ハラミは横隔膜の部分、リブ芯は肩ロースの断面の中心にある長円形の部分、
リブマキは、肩ロースの中心を囲むようにしている巻きの部分です。

ハラミ・リブシン・リブマキ





















ハラミは、肉厚で焼くとほどける繊維の中から溢れ出る肉汁がたまりません。
リブ芯は、噛み心地の柔らかさと舌触りの滑らかさが特徴です。
リブマキは、巻きの部分を細長く切り出し、薄切りなのでさっと焼いて白ご飯にくるんで食べると美味しいです。

・





















カメノコ・シンシン

手前のカメノコは、モモの部分で赤身のお肉です。
シンシンは、内モモの下の部分で脂が少ない赤身です。

カメノコ・シンシン





















これはシンシンを焼いたもの。柔らかく旨味が濃いです。

・





















ワインリストも充実していますが、グラスワインやスパークリングワインでも、
5種類から選ぶことができて、しかも500円というお手軽さが嬉しいです。

グラスワイン





















特選上ミノステーキ

ミノは、第一胃の部分。葱塩だれに漬けてあり、塊のまま焼きます。

特選上ミノステーキ





















表面に火が通ってからハサミで切り分けて、さらにじっくり焼きます。
ミノ特有のコリコリした食感をじっくり噛んでいくと、旨味がでてきます。

上ミノ





















ご飯物やスープのメニューも豊富でしたが、白ご飯を大盛りで食べてしまったので、
お腹いっぱい。名物だそう五穀米カレーも食べたかったけれど、もう入んないや^^;

最後はデザートです。

白いコーヒーブラマンジェ

見た目は白いですが、コーヒーの香りとすっきりとした甘さのブラマンジェです。
これ美味しい。

コーヒーブラマンジェ





















超なめらかプリン

こちらは黄色が濃く、口どけも良いプリンです。
下に濃厚なカラメルソースが入っています。

プリン




















食べ終わる頃には、お店も満席。並んで待っている方もいました。
久々の焼肉を堪能しました。


「うしごろバンビーナ 五反田店」

東京都品川区西五反田1−25−5 松村ビル1F

03−5719−2922


ranmarun at 18:30│Comments(0)TrackBack(0) 焼肉・韓国料理 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
三谷@四谷鉄板焼き 愛ちゃん@目黒