ヴァリアンテ@向ヶ丘遊園京味@新橋

October 24, 2015

晴山@三田

「晴山」に行きました。

晴山





















Pascal AGRAPART Complante Extra Brut

シャンパンは、アグラパールのコンプランテ。混植混醸(ゲミシュター・サッツ)させて造られたキュベで、
シャルドネ、ピノノワール、ピノムニエに加え、ピノブラン、アルバンヌ、プティメリエと6品種がブレンド。
それぞれの葡萄が主張し過ぎず複雑味がきれいにまとまっています。

シャンパン





















松茸と新いくら

信州の松茸、小松菜、油揚げをお浸しにして、黄柚子と新いくらを添えて。

松茸と新いくら





















あこうと松茸の椀

敦賀のあこうと信州の松茸の椀。
澄んだお出汁に焼いたあこうの旨みが溶けだし、ふんわりと松茸の香りがシンプルに引き立てます。

あこうと松茸椀





















鯛の焼き霜造り

淡路の鯛は皮目を炙って、焼き霜造りに。
脂ののった鯛と皮目のぷりぷりした食感に、赤柚子胡椒とちり酢が合います。

鯛の焼き霜造り





















日本酒は、岐阜の醴泉 純米吟醸 ひやおろし。

日本酒





















本ししゃもの天ぷら

北海道の大きな本ししゃもは、薄衣で揚げて。
肉厚でふんわり柔らかなししゃもの身は、この大きさならでは。
一尾は子持ちで卵が入っていました。

本ししゃもの天ぷら





















ふかひれ素麺

ふかひれの姿煮をのせた煮麺。
中華の食材を和風に仕立てる遊び心も好きです。

ふかひれ素麺





















子持ち鮎の塩焼き

郡上鮎ももう最後の最後で特大サイズ。
画像ではわかりにくいですが、鮎とは思えない巨大な大きさにびっくり。
でも、身や内臓、お腹がはち切れんばかりに詰まった卵の旨さ。
鮎の味がしっかりと感じられるのは、この大きさと骨まで食べれる焼きのテクニックならではの醍醐味です。

子持ち鮎の塩焼き





















穴子と焼き茄子

淡路の穴子と焼き茄子となめこの炊き合わせ。
茗荷の千切りをたっぷりのせて。

穴子と焼き茄子





















鯛の潮汁

お造りで頂いた立派な鯛のカマ。
皮下のぷるんとしたコラーゲン質や頬肉の美味いこと。

鯛のうしお汁





















白ご飯

いつもは炊き込みご飯ですが、この時期は新米の白飯。
福井のあきさかりというお米だそうです。白飯が嬉しい。

白飯





















みずみずしく艶やかな白飯。
鯛の骨からとったお出汁の味噌汁と香物。

ご飯




















白飯には、軽く炙った自家製明太子と新いくら、ばら海苔。
松川さんのご飯のお供みたいですね。

・





















デザートは、ほうじ茶と和三盆のプリン。
黒糖ゼリーに、生クリームと山形の刈屋梨をのせて。画像は撮り忘れてしまいました。


おみやにもらった栗ご飯。
三つ葉と柚子の香りを利かせて、ほっくり美味しかったです。

栗ご飯





















「晴山」

東京都港区三田2−17−29 グランデ三田B1F

03‐3451‐8320


ranmarun at 20:30│Comments(0)TrackBack(0) 和食 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ヴァリアンテ@向ヶ丘遊園京味@新橋