晴山@三田鮨 尚充@中目黒

October 25, 2015

京味@新橋

「京味」に行きました。

京味





















この日は、5名で訪問。初めて2階の個室でのお食事でした。
いつものカウンターでの席と違い、個室ではゆっくりとお料理が出てきます。
そして、後で西さんが鱧と松茸の鍋を作ってくださるということで、楽しみにしていました。


●このわたの飯蒸し

●先付  
   
 かます焼き、卵焼き、銀杏。塩雲丹を纏わせた鶉卵に十字に切った昆布で柿に見立てたものが見事。

●白子の茶わん蒸し

●松茸焼き   丹波の松茸を焼いて。

●鮪と鯛の造り

●マナガツオの香味焼き

●松茸鱧鍋

土鍋がセッティングされた後、骨切りした淡路の鱧の身と山のような丹波の松茸が運ばれてきました。
そして、大将の西さんが、まずはお出汁に鱧をくぐらせてさっと火入れ。
何もつけずにそのまま食べます。ふんわりとしたレアな鱧の身と皮の弾力。とろける美味さ!

次は松茸と鱧を入れて、それぞれを味わいます。
小鍋では頂いたことがありますが、大きな鍋で火入れした松茸と鱧はまた違う食感と美味しさ。

その後は、お出汁だけを器に入れてくださいました。鱧と松茸から出たクリアで純粋な旨みに感動。

さらに松茸と鱧を入れて、濃厚な旨味のスープに絡む鱧と松茸。

こんな感じで4杯くらい頂きました。うっとりとする香りと旨味。
西さんが自ら目の前で調理してくださり、今までで最高の鱧松鍋です♪


●炊き合わせ  蕪をくり抜いて、海老と松茸餡。

●雑炊  鱧松鍋のスープで雑炊。もう感無量です。

●はらすご飯

●葛切り  葛切りはいつもと違うのは、他の方が作ったのかな。残念w



「京味」

東京都港区新橋3−3−5

03‐3591‐3344



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



ranmarun at 20:30│Comments(0)TrackBack(0) 和食 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
晴山@三田鮨 尚充@中目黒