リッチなカップヌードル 蕎麦 やまぎし@石川

April 19, 2016

そば切り 多門@石川

富山から金沢へ移動して、「そば切り 多門」に行きました。
知る人ぞ知る蕎麦の師範の地田昭示さん。
これまでいくつもの名店の指導をされてきた方のお店です。

・




















数年前までは富山県小矢部市でお店を開いていましたが、昨年石川県金沢市高尾町の民家を改装してオープンしました。

/




















中に入ると、広々とした座敷に、長い一枚板のテーブル。

・




















柱に貼られたお品書きからおろしそばととろろそばを注文しました。

・




















そば茶で迎えてくれた店主。
蕎麦の実のこうばしい香りを満喫しながら、しばし待ちます。

・




















とろろそば

端整な蕎麦に添えてあるとろろ。
そばつゆをかけて食べますが、まずはそのまま蕎麦だけを堪能します。

/




















玄蕎麦の実を石臼で時間をかけて手挽きした蕎麦は、丹念に細かく挽いてあり、その蕎麦粉の力強い香りが
印象的です。塩を持参すればよかったかなと思ったけれど、いやあえてとろろそばを頼んだのですから、ちゃんととろろやおつゆと合わせないとね^^;

・




















おつゆは鰹出汁がしっかりと利いていますが、割り下は薄めに蕎麦の甘みを感じます。
とろろは滑らかで山芋の甘みと共に蕎麦にからみ、絶妙な美味しさです。

・




















おろしそば

辛味大根のおろしがたっぷり添えてあります。

・




















おつゆをかけて食べますが、辛味大根は舌がキーンとするほど辛いですが、逆に蕎麦に透明感のある甘みを感じます。山葵や葱などの薬味がない直球なおろしそばでした。

・




















食べ終わるとそば湯が運ばれてきました。白濁したそば湯も美味しいです。
少しおつゆを溶いて飲むと、さらに旨みが増します。

/




















長い時間をかけて丁寧に石臼で挽いた玄蕎麦は、蕎麦のふくよかさと野趣ある香りがあり、
大将の蕎麦に対する愛情とこだわりを感じました。
次回は、ざるそばとそばがきを食べてみたいです。


「そば切り 多門」

石川県金沢市高尾町ソ48

076-298-7037

11:30〜14:30(売り切れ次第終了) 月・火・水休み







ranmarun at 11:30│Comments(0)TrackBack(0) 蕎麦 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
リッチなカップヌードル 蕎麦 やまぎし@石川