モネの家と庭園@ジヴェルニーL'Auberge du 15@パリ

June 17, 2016

Restaurant ES@パリ

ドイツベルリンから、ドイツを横断して、オランダ、ベルギー、フランス、パリまでは2000匐瓩の車移動で、やっとパリに着きました。凱旋門が見えてくると少しほっとしました。
けれど、ヴァンドーム近くのウェスティンホテルに荷物を置きレンタカーを返すまでに、ユーロ2016カップの影響もあり、いつもより大渋滞のクラクションのカオスの凱旋門やコンコルド広場、サントノーレの通行止めが多々あり、1時間以上もかかって疲れましたw

・




















夕食は「Restaurant ES」へ。
ホテルからも歩いて10分。本城シェフが笑顔で迎えてくれて、ようやく本当にほっとしました

・





















プティポワのスープ

爽やかな豆の甘さが、くっきりと喉ごしの良い冷たいスープです。

・




















ブータンのタルト、空豆のタルトレット

ブータンノアールのチュイルにフォアグラのムース、空豆のチュイルに、空豆とそのピュレをのせて。

・




















人参の殻と柑橘のコンフィ

飴細工のような人参の殻の中には、、柑橘のコンフィとほおずきが入っています。

・




















ワインリストは、分厚くなっていて、ビンテージシャンパンもありましたが、
コント・ラフォンも沢山あったので、飲みたいなと。

・




















Meaursault-Gotte d'Or Premier cru 2008 Comtes Lafon

90年代のものもあったのですが、夏の料理には重いということで、こちらをセレクト。

・




















最初は林檎や洋梨、シトラスの香り。のちに、生アーモンドや桃、蜂蜜香。
だんだん、クレームブリュレのような。酸とミネラルのバランスも程よく変化していきます。

・




















牡蠣と甲殻のジュレ 馬鈴薯のエスプーマ

ふんわりとしたジャガイモのエスプーマに海藻のオイル。
下には、ノルマンディの牡蠣を軽くポシェしたものや、甲殻類のコンソメジュレ、キャビアが入っています。

・




















ノルマンディーの牡蠣は、大きくぶりっとしていてミルキー。
キャビアやジャガイモのエスプーマと混ぜながら、時折香るベルガモットがアクセント。

・




















パンは、プージョランというレストラン専用パン屋のカンパーニュ。

・




















ソローニュ産キャビアとタリアテッレ サマートリュフ

ソローニュ産のキャビアとサマートリュフがたっぷりのった、自家製のタリアテッレ。
厚切りのサマートリュフが花弁のように、キャビアが花序のように盛り付けてあるのが、美しいです。

・




















このタリアテッレがとても美味しい。こういう繊細なパスタを作れるのは、イタリアンのシェフでもほとんどいません。何が繊細かって?! 食べてみないとわからないのですが、小麦粉の打ち方や練り方、茹で方、茹で汁とバターの絡め具合。それがキャビアの旨みを吸収して、絡み合い、厚切りのサマートリュフのザクッとした食感と共に、すーっと胃に入っていく感じが絶妙なんです。そして、後味の綺麗さ。

・




















ジロール茸のラヴィオリ キャベツのソース

ジロール茸のラヴィオリと、春キャベツのソース。
細かく切ったキャベツの火入れが繊細です。
キャベツの生産者はトゥーリーさん。前菜のプティポワや空豆もその方が作っているそうです。

・




















ラヴィオリの中には、フレッシュジロール茸がぎっしりと詰まっています。
もっちりとしたパスタの食感とジロールの香りを生かしていて、とても美味しいです。

・




















プティポワ、アリコベール、スナップエンドウの自家製カヴァテッリ ボッタルガ

プティポワとサヤインゲン、スナップエンドウのカヴァテッリ。
百合花やオーストラリアの黒トリュフを添えて。
ここまでパスタが3種出てきて、イタリアンな流れですが文句なくどれも美味しいし、フランス料理のシェフが作るソースとの融合が素晴らしいです。

・




















白アスパラとチェダーチーズのサバイヨン ノワゼットクリーム

アンジュ地方のホワイトアスパラガスに、チェダーチーズのサバイヨンソースとサマートリュフ。
ヘーゼルナッツのクリームとセードラのコンフィを添えて。
ホワイトアスパラは、シャキシャキとフレッシュな食感を残してあります。

・




















テュルボとモリーユ茸、モリーユ茸のソース

テュルボは、皮の部分がところどころ硬いけれど、その下のゼラチン質や身はしっとりと美味しいです。
モリーユ茸とサンジョルジュにモリーユ茸のソース。あさりを添えて。

・




















キントア豚のフィレ チョリソのソース

キントア豚のフィレ肉のロティ、プティポワとジャガイモにチョリソーのソース。
オーストラリアの黒トリュフを添えて。

・




















桃のソルベ

桃のソルベにフレッシュアマンド。

・




















マンゴーとパイナップル ラムブランとココナッツのエスプーマ

メレンゲタルトの中には、マンゴーとパイナップル。
ホワイトラムとココナッツのエスプーマにバナナとリュバーブのソース。

・




















苺とリュバーブ

飴の筒の中には、苺とそのアイスクリーム、リュバーブ。
柑橘とヴェルベーヌのエスプーマ。シュホーという白い花をのせて。

・




















プティフール

苺とピスタチオのサブレ、ショコラのパウンドケーキ。

・




















前回は体調が優れなて無念にも残してしまったので、体調大丈夫ですか?食べれますか?と心配してくださってすみませんでした。今回は完食しましたよ^^;
遅くまでのレストラン談義も楽しかったです。次回は飲みながらお話したいですね♪
8月には、東京で「フロリレージュ」の川手シェフとコラボもあるので、またの再会を楽しみに・・・


「Resraurant ES」

91 ,rue de Grenelle 75007  Paris

01 45 51 25 74



ranmarun at 20:00│Comments(2)TrackBack(0) フレンチ | フランス

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ラミー   July 15, 2016 18:57
順調に旅を続けていらっしゃるようで、ホッとしました。
道中、お気をつけて。
2. Posted by ロン   July 16, 2016 07:44
>ラミーさん
ご心配ありがとうございます。
今は過去記事を書いていて、もう無事帰国しているので、大丈夫ですo(^_-)O

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
モネの家と庭園@ジヴェルニーL'Auberge du 15@パリ