山西亭@大久保アロセリア サル イ アモール@代官山

June 26, 2016

友栄@小田原

「友栄」に行きました。小田原で有名な鰻のお店です。
肝焼きと白焼き、うな重は事前に予約しておきましたが、11時の開店に合わせて来たので、並ばずすんなり入れました。

/




















青うなぎの肝 たれ焼き

甘辛たれを塗りながら香ばしく焼いた大きな肝に卵黄をからめて食べます。
卵黄のとろとろ感と共に日本酒がすすみます。

・




















天然鰻のしら焼き

事前に鰻の予約はしておいたものの、この日はたまたま天然鰻が入荷しているとのことでした。
お値段は大きさにもよりますが、しら焼きは9000円。うな重は8000円。(通常はしら焼き5000円、うな重4800円)両方天然鰻にするとえらい値段になってしまうので、白焼きだけ天然鰻に変更しました。

ふわっと焼かれた白焼きは、岡山県児島湾の天然海鰻。
肉厚で、脂がたっぷりのっていてますが、瀬戸内の鰻は、皮下のぷるんとした弾力と共に、脂が綺麗で甘みがあります。まずは何もつけずに一口食べてうんまい!口の中ですーっと溶けていく食感に舌鼓です。

・




















薬味は、山葵、柚子胡椒、山椒味噌、醤油が添えてありますが、山葵以外は使いませんでした。
さすが天然鰻は、そのものの味わいがしっかりとあります。絶品でした。

・




















沢蟹も出てきましたが、ちとアレルギーがあるのでパス。

・




















上うな重

飯が見えないほどに大きく肉厚な鰻はかなり脂がのってふっくらしていながらも、柔らかな皮目は弾力があり、
やや固めのご飯と主張しすぎないたれの具合。
しっかり焼目をつけながらも、ふわっふわな鰻の脂がご飯と合わさると、美味しいです。。
事前にご飯は大盛りでお願いできますし、鰻を食べ終わった後でもたれ飯はおかわりできます。共に無料。

ただ今回は、しら焼きで天然鰻を食べてしまったので、食べ比べると養殖鰻の風味を感じてしまうのは、贅沢な悩みですね。いや比べなければ十分美味しいんですよ。贅沢って怖いことだw

・




















肝吸いと香物。香物は大根、胡瓜、人参の糠漬けとはりはり漬け。

・




















次回もし入荷する機会に出会えば、天然鰻のうな重も食べてみたいです。


「友栄」


神奈川県小田原市風祭122 

0465‐23‐1011




近くで見た紫陽花、雨に濡れて綺麗なブルーでした。
紫陽花は晴れの日より雨の日の方が色付きます。

・





















・






















ranmarun at 11:00│Comments(0)TrackBack(0) 和食 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
山西亭@大久保アロセリア サル イ アモール@代官山