August 13, 2016

蔭山樓@恵比寿

「蔭山樓」に行きました。

恵比寿で美容院帰りにふと立ち寄ったお店。
恵比寿の筑紫樓の料理長だった蔭山氏がプロデュースしたお店だそうです。
自由が丘にお店を開き、恵比寿にも4年前にオープン。最近表参道ヒルズにもオープンしたそう。

・




















エントランスにはフカヒレのオブジェが。
でも、お店は比較的カジュアルな感じでした。

・




















メニューは筑紫樓と同じような、ふかひれ料理やふかひれあんかけご飯他、中華では定番のメニューがありましたが、白湯そばが食べたかったんですよ。


名物のフカヒレ焼売

ふかひれの胸びれを一枚のせたふかひれ焼売。
黒酢のソースをかけて食べます。

・




















ぷるんとしたふかひれの下には、直径8センチくらいの肉々しい大きな焼売。
下には蓮根のスライスが添えてあります。

・




















鶏白湯塩そば

ここの名物の鶏白湯塩そばです。TRYラーメン大賞の鶏白湯部門では、連続一位を取っているそうです。
とろみのあるポタージュ系の白濁スープは、鶏手羽先を8時間煮込んだという鶏の旨みを引き立てた塩加減。
浅草開化楼の中太縮れ麺がよくからみます。
ほぐした鶏胸肉には少し胡椒をかけ、千葉の「紅孔雀」という滋養卵を使った煮玉子、レタスや水菜、揚げエシャロット、糸唐辛子がのせてあります。
途中で添えてあるレモンを絞ると、爽やかな香りと酸味がさっぱりとさせてくれます。

・




















残ったスープには、レンゲ大のライスを入れると、鶏ポタおじやになり、二度楽しめます。
一品料理もいろいろあったので、また機会あれば伺ってみようかな。

・





















「蔭山樓 恵比寿店」

東京都恵比寿3−2−2

050−5591−0243



ranmarun at 21:00│Comments(0)TrackBack(0) ラーメン 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字