海鮮名菜 香宮@西麻布ぼたん@大塚

September 08, 2016

ロッツォ シチリア@白金

「ロッツォ シチリア」に行きました。
青山の名店ドンチッチョにいた方が5年前に開いたシチリアのパレルモ料理のお店です。
前から行きたいと思っていたのですが、いつも満席でやっと行けました。

・




















薄暗い店内は、手前にカウンター席があり、奥がテーブル席。
この日もほぼほぼ満席で、わいわい楽しい会話と笑い声が響いています。
まずお皿の上に置かれたメニューを開くと、野菜や魚中心のシチリア料理やそれをアレンジしたものが書かれていました。

・




















レモンサワー

まだ蒸し暑い夜だったので、スプマンテでなくレモンサワーを頼みました。
レモンの香りと酸味がすっきりと喉を潤し、食欲が出てきます。

・




















パレルモ名物 ヒヨコ豆のフリット”パネッレ”

ヒヨコ豆の粉を水で溶きながら火を加え練った生地を薄くのばして、油で揚げたもの。
パネッレはシチリアのパレルモでは、市場や屋台でも売っているストリートフードですが、現地では四角だったり、スティク状だったり形は様々。
ここでは、円形にのばした生地を三角に切って揚げ、サクッとした食感の中から、ヒヨコ豆のとろっとした香ばしい甘みを感じます。ビールやスプマンテがどんどんすすんでしまいそうで、もう一皿頼もうかと思ったくらいにやめられないとまらない美味しさです。

・




















フォカッチャ

フォカッチャは油も塩分も少なめにさっぱりと焼き上げてあります。
こういう軽いフォカッチャ好きです。

・




















鯵のカルパッチョ

メニューにはないけれど、本日のおすすめですと勧められて頼んだのは、鯵のカルパッチョ。
脂ののった鯵を塩締めして水分を抜き、酢でマリネした鯵の上には、オクラとハナビラ茸のマリネがのせてあります。鮨屋の仕事を連想するようなきゅっと引き締まった鯵は、旨みがたっぷりで、ちょっとぬめり感のあるオクラやハナビラ茸のマリネが良く合います。これは白ワインが欲しくなります。

・




















Funaro  2014 Pinzeri

ワインは、シチリアの白ワインをいくつかセレクトしてもらいました。
その中で選んだのは、フナッロ。家族経営しているシチリアワイナリーでグリッロ100%のビオワイン。
淡麗でフレッシュな酸味とフルーティーでほのかな苦みがすっきりとしています。

・




















燻製鯖と夏野菜

燻製した鯖に、キュウリやズッキーニ、キウイの角切りと枝豆、ミントなどをのせたサラダ仕立て。
くせのある鯖も青味の野菜とミントの香りでさっぱりと食べれます。そして、白ワインがくいくいすすむ感じで合います。

・




















水茄子と万願寺、燻製スカモルツァチーズのオーブン焼き

熱々の鉄板の上に、水茄子、万願寺唐辛子、燻製スカモルツァをのせて焼いたシンプルな一皿。
もっちりとろけるスカモルツァチーズがあっさりとした野菜にコクを与えてくれます。

・




















パレルモおばちゃん、じゃがいもアンチョビサラダ

じゃがいも、シャドークイーンという紫じゃがいも、トマト、オリーブ、アンチョビをオリーブオイルで和えたもの。
ごろんとしたじゃがいもにアンチョビの塩気が加わり、パレルモのマンマが作るような家庭料理のほっこりした味わいです。

・




















シチリア名物 鰯とウイキョウのスパゲッティ

ドンチッチョでも名物だった、鰯とウイキョウのカサレッテ。スパゲッティでもよく絡みます。
コンフィした鰯とウイキョウの苦味、松の実の香りと甘みがアクセントになり、ちょっとボッタルガも削ってあるのかな。その旨味が太目の麺にきりっとにアクセントを加えます。

・




















プリン

ドルチェはいろいろある中でも迷わずプリン。
シンプルなプリンに少し苦みを感じる濃厚なカラメルソース。
小さい頃に母が作ってくれたような懐かしい味わいにほっとします。

・




















食後酒

自家製の食後酒はいろいろあり、1種類だと400円、4種類だと1000円なので4種を頂きました。
まずはリモンチェッロ。ウォッカでなくジンに漬けてあるので、ジンの苦味を利かせて辛口です。

・




















次は、ペスカ。桃はウォッカに漬けたリキュール。
甘く優しい桃の香りが漂います。

・




















次はあずき。あずきのお酒は珍しいですね。
これもウォッカベースですが、クコの実も一緒に漬けたそうで、薬膳酒のような香りがします。

・




















最後はコーヒー。これもウォッカベースですが、どくろマークがついています(笑)
アイスコーヒーのように飲みやすいので、くいくいいってしまいますが、ベースはウォッカですからね。
危険な赤いスカルマークは飲み過ぎ注意です。酔っ払いました^^;

・




















素朴なシチリア料理を、日本人向けにアレンジしたお料理はどれも美味しかったです。
そうだ、シチリアにも行かなきゃなあ・・・


「Rozzo Sicilia」

東京都港区白金1−1−12 内野マンション1F

03−5447−1955


ranmarun at 19:30│Comments(0)TrackBack(0) イタリアン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
海鮮名菜 香宮@西麻布ぼたん@大塚