旬席 鈴江@京都白金台 こばやし@白金

September 15, 2016

ふきあげ@京都

「ふきあげ」に行きました。
西賀茂の高台にある日本料理のお店です。
その昔は京都市街地にあり、ここ西賀茂に移ってからは20数年。知る人ぞ知る名店です。
一日2組6名までの限定で、お座敷で旬のお料理を頂き、カウンターでご主人の握るお寿司を楽しむスタイルだそうですが、初訪問です。

・




















靴を脱いで階段を上がり、二階のお座敷に案内されました。
床の間には大徳寺真珠庵の掛け軸が飾られ、すすきが生けてありました。

・




















そして大きな窓からは、上賀茂の森とその奥に比叡山が見えます。
夕暮れ時ですが、まだ光が差しこむ高台から街が一望できます。

・




















先付

まずは、日本酒の鄙願を頂きます。
炙ったばちこ。銀杏とこの辺で採れたという柴栗。穴子と胡瓜のお浸しには一味をうっすらかけて。
高台から見下ろす景色も酒の肴に、日本酒がすすみます。

・




















椀物

栗を描いた蒔絵の椀が素敵です。

・




















鱧と梅肉に椎茸の椀。
秋になり、また脂ものりだした鱧に、とろんと柔らかな椎茸の香り。
比叡山の松茸はまだこれからですかね。

・




















お造り

淡路の鯛、大間の鮪、水前寺海苔と浜防風を添えて。

・




















ふと窓を見ると、辺りはだんだん暗くなりかけて、民家の灯りがちらほらと。
空と山々のグラデーションが美しい陰影を描いています。
中秋の名月の日でしたが、あいにくの曇り空。お天気が良かったら満月が見えるんですよと女将さん。
それでも、りんりりんと絶え間なく鳴く鈴虫の奏でを聴きながら、実に風情がある空間。
このお部屋に招かれたからこそ、お料理と時間の経過を景色と光と共に感じることができる貴賓席であります。
大文字の船形の送り火は、さぞかし見事なことでしょう。

・




















伊勢海老

伊勢海老は、その味噌をのせてぷりっと蒸し、白髪葱と香菜をのせ、醤油と葱油で中華風に仕上げてあります。
シノワですがとおっしゃっていましたが、伊勢海老は他の和食屋で頂くと生でも焼いてもしっくりこないので、強火で蒸す調理法が一番かと。かといって中華だと豆鼓とかで強い味をつけてしまうので、柚子をほんのり利かせ、海老味噌の旨みと身の甘みを感じるしっとりとした食感が絶妙です。
日本酒の鄙願もおかわりお願いしますと^^;

・






















房州の生簀の鮑。
淡路のものが入らなくてとおっしゃっていましたが、柔らかく炊いた鮑とうどに少し酸味が効いた醤油餡が美味しい。こちらもどことなくシノワ風でした。

・






















琵琶湖の鰻は、蒸さずに焼いてあるので、皮目がぱりっとしています。

・




















留め椀

御猪口くらいの極々小さなお椀を開けると・・・

・




















白味噌椀の中に、小さく面取りして炊いた小芋に辛子をのせたものが入っています。
おちょぼ口なサイズの小芋と椀が可愛いし、これから寿司を頂くには、お酒を飲んでいた胃を優しい白味噌で温めるちょうどいい量です。

・




















気が付くと、窓からの景色は真っ暗な夜空に点々と光る街の光が蛍のごとくきらめいていました。

ここでお座敷から一階に降り、カウンターに移動します。
そして、第二幕のお寿司です。

鯵の棒寿司

淡路の鯵を締めて、昆布で巻いた棒寿司。
品のいい脂がのった鯵と、昆布も強くなく上品でおちょぼな一口で食べれる美味しさ。
鯖寿司でなく鯵寿司なのが前座にはいいです。

・






















ふんわりとした鱧に梅肉と花穂紫蘇をのせて。
シャリは押し寿司文化で少し甘めですが、梅肉の酸味がきっちり補ってくれます。

・




















いか

剣先いかは、細かく切れ目を入れて。
柔らかないかですが、シャリのぺたっとした食感がちょっともてあますかな。

・




















穴子

ふんわりと蒸してから焼いた穴子。
お寿司は、男性には二貫、女性には一貫なのですが、女性だとここでお腹一杯になってしまう方も多いみたい。
私はもちろん大丈夫なので、後半もお願いしました。

・




















車海老

・






















淡路の鯛は旨みがあります。

・




















雲丹

由良の雲丹は軍艦で。美味しいです。

・




















大将と女将さんの、料理のお話やお店のお話など楽しい話題が尽きなくて、いろいろ聞かせてもらいました。

・




















ねぎとろ巻

・




















山葵巻

・




















フルーツは高知の文旦です。

・



















栗かのこ

ほくほく甘い栗の甘露煮とこしあんの栗かのこ。

・




















コーヒー

最後はコーヒーが出てきました。福岡の美美のコーヒーだそうです。
私は、ここのモカの焙煎豆が好きで、福岡に行った時にはよく立ち寄りますし、お取り寄せもしています。
豆の種類を聞くと、Eブレンドだとか。ブレンド珈琲はAからEまでありますが、一番芳醇な香りのExtra Blendです。

・




















素晴らしいロケーションで頂くお料理と、大将と女将さんの会話を楽しみながらのお寿司。
また季節を変えて訪問してみたいです。


「ふきあげ」

京都府京都市北区西賀茂今原町23−3

075−491−8965



ranmarun at 18:30│Comments(2)TrackBack(0) 和食 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Hi!   September 26, 2016 00:53
ロンさん♪

ふきあげへ行かれましたか☆
外二さん、素敵でしょ(^-^
松川さんもこちらがお好きですよね♪
2. Posted by ロン   September 26, 2016 23:34
はい、素敵でした!
前から松川さんに勧められて行ってみたかったお店だったので、念願の訪問です。
また季節を変えて伺ってみたいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
旬席 鈴江@京都白金台 こばやし@白金