霞町 すゑとみ@西麻布しち十二候@丸の内

September 23, 2016

銭場精肉店@五反田

「銭場精肉店」に行きました。
溶岩焼肉のお店だそうです。

・




















黒毛和牛メス牛にこだわると書いてあります。地下に降りた店内は、黒とグレーの配色で、大きなテーブルにソファーなんかもあり、なんだか昔のスナック風。BGWは井上陽水だし(笑)

・




















最初にお通しで、牛スジのビープシチューが出てきました。
甘く煮込んだシチューに粉チーズをかけて。これは美味しいですね。お通しだけどご飯が欲しくなります。

・




















白菜キムチ

焼肉ならキムチでしょうと白菜キムチ。そんなに辛くない甘いキムチです。

・




















溶岩焼き8種盛り合わせ

和牛のブリスケ、ウチモモ、イチボ、マルカワ、ハツ、いも豚ロースとフィレ。

・




















溶岩のプレートにのせて焼きます。
まずは、レアで食べれるマルカワを焼きながら、いも豚ロースをじっくり焼き。
溶岩焼きだと煙も出ないんですね。

・




















たれは醤油とポン酢おろし。真ん中は塩胡椒用に。

・




















山葵は、塩でも醤油でもたっぷりのせて食べます。

・




















赤身肉に山葵醤油がさっぱりといいです。もち豚はおろしポン酢でいきましょうか。
ライスセットにはサラダとスープがついていました。

・




















コブクロ刺し

ちょっと遅れてでてきたコブクロですが、これがゴムホースのように硬くて無理w
もっとぷりぷりした柔らかいコブクロを想像していただけに選択を誤ったか。申し訳ないけれど、これはほとんど残しました。

・




















お肉はブリスケ、イチボ、ウチモモと次々と焼きますが、230度で熱された溶岩は低温の短時間でもさっと火が通るので、赤身肉を焼くには適していますね。ただ、卓上ガスコンロなので途中でタイミング悪くガスが切れて、替えに来るまでに時間がかかって肉がかぴかぴになってしまいました。

・




















溶岩焼きを売りにしていますが、そうでないハンバーグやステーキの方が評価が高いみたい。
満席なので2時間制でお願いしますと言われましたが、追加肉もする気力もなくてちょっと不完全燃焼でした。
お店は悪いわけでなく、私との相性が悪かったのだと思います。


「銭場牛肉店」

東京都品川区西五反田2−18−3 グレイス五反田B1F

03-6417-4529




ranmarun at 18:30│Comments(0)TrackBack(0) 焼肉・韓国料理 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
霞町 すゑとみ@西麻布しち十二候@丸の内