ル・ミュゼ@札幌MIELCKE&HURTIGKARL@コペンハーゲン

October 29, 2016

手打ち蕎麦 初代@恵比寿

「手打ち蕎麦 初代」に行きました。
深夜でも美味しい手打ち蕎麦が食べれるお店です。

・




















観音扉の冷蔵庫が印象的なカウンター。
蕎麦の打ち台。蕎麦打ちの工程は前回見ることができました。
打ちたての蕎麦より少し寝かせた方がコシが出て美味しいことも前回聞きました。

・




















生グレープフルーツ割。
ピンクグレープフルーツの生搾りです。

・




















青菜のお浸し

塩昆布で和えたほうれん草に鰹節をのせて。

・




















出汁まき卵

葱と大根おろしを添えただし巻卵に、少しだけとろみのついた出汁餡がかかっています。

・




















そば屋の粋な揚げ出し豆腐

薄衣をつけて揚げたお豆腐と素揚げした茄子、白髪葱と刻んだ紫蘇がのっています。
添えてある出汁餡をかけて。

・






















お塩にこだわっているようです。
右上から大島、広島の藻塩、沖縄の塩、新潟の寛さんの塩、フランスブルターニュの塩、パキスタンの塩。
これだけの種類の塩が蕎麦に必要かわかりませんが、揚げ豆腐にかけて食べるとその違いを楽しみました。

・




















冷しかきあげ蕎麦

海老と小柱と三つ葉のかき揚げと白髪葱と海苔をのせた冷し蕎麦。
揚げ立てサクサクのかき揚げが美味しい。
蕎麦は前よりさらに細打ちになっていました。これならせいろでも食べたかったぞ。

・




















鴨蕎麦と迷いましたが、名物ながら食べたことがなかったカレーうどんを頼んでみました。

白いカレーうどん

ここの名物の白いカレーうどん。
ソフトクリームを絞り出したような白いものは、じゃがいものエスプーマ。
見た目もびっくりなカレーうどんです。

・




















じゃがいものエスプーマを混ぜ合わせていくと、エスプーマがカレー汁に溶けていき、まろやかな辛みの和風出汁。うどんの麺は普通ですが、じゃがいものコクと甘みが広がり、肉や葱などはほぐれるように煮込まれ、優しい味わいで体が温まります。もうちょっと辛い方が好みですが、七味などの薬味はなかったので、そのまま食べました。

・






















「手打ち蕎麦 初代」


渋谷区恵比寿南1−1−10 1F

03−3714−7733




ranmarun at 00:30│Comments(2)TrackBack(0) 蕎麦 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Hi   November 17, 2016 00:35
『食べたかったぞ』の一言がなんだか可愛いですね ^ ^
2. Posted by ロン   November 17, 2016 00:48
ははは^^;
ちょいと日本を離れるので、食べ納め的な蕎麦でした。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ル・ミュゼ@札幌MIELCKE&HURTIGKARL@コペンハーゲン