Relae @コペンハーゲンBeef club@パリ

November 08, 2016

Hija de Sanchez@コペンハーゲン

「Hija de Sanchez」に行きました。
ノーマのパテシエールを務めていたメキシコ系アメリカ人のRosio Sanchezが開いたタコススタンド。
市内に2店舗ありますが、市場にあるフードコートの方へ行ってみました。
スタンドバー的なネオンが光っています。

・




















夜の遅い時間だったので、お店には酔っぱらった団体が2組くらいガヤガヤしていました。
カウンターで注文すると左奥の厨房で調理してくれます。

・




















タコスはチーズとチョリソー、羊とフィッシュフライの3種類。あと日替わりコンボもありました。
羊とフィッシュフライの2種とちょいと気になったドリンクも頼みました。

・




















ドリンクサーバーはタイルの壁から。
コーラだけちょっと違ったサーバーになっていました。

・




















パペルピパドというメキシコ伝統の色とりどりの切り絵は店内のあらゆるところに飾られていています。
タコスの食べ方のチラシも貼ってあります。

・




















最初にドリンクのMicheladaがきました。
カップの縁にピリ辛のスパイスと塩を合わせたものがつけてあり、氷とライム、下のソースはなんだろう。
なめてみるとトマトソースとビネガーにリーベリンソースを合わせたような味。

・




















ここにメキシコのビールTecateを注ぎます。
かなりスパイシーなレッドアイみたいな感じ。辛さが食欲を刺激します。

・




















もうひとつは、Tepache。
こちらはパイナップルジュースにライムと炭酸ですが、ビネガードリンクを飲んでいるみたいに酸っぱいジュースです。

・




















Tacos

生地はメキシコ産のトウモロコシを使ったソフトシェル。
左はチーズソースを塗ったソフトシェル生地にフィッシュフライとコールラビ、ビーツや赤キャベツのマリネをのせ、ハーブや葱を散らして。
右は、チーズソースと甘辛に漬けたラム肉を焼き、ハーブやレタス、ハラペーニョや葱をのせて。
共にライムを絞って食べます。うん、美味い。
具材のバランスもいいし、辛さや酸味が刺激的であっという間に平らげてしまいました。
これは3種のコンボにするべきだったかな。デンマークはスモーブロー(オープンサンド)の文化があるので、スパイシーなスモーブローとして、とてもうけると思う。

・




















そして、2017年のNomaプロジェクトは彼女がレネ・レゼピを率いるノーマ・メキシコです。
日本に引き続き、オーストラリア、そしてメキシコ。
開催は4月12日から5月28日、予約開始は12月6日10時(現地時間)
また話題が盛り上がりそうですね。
http://noma.dk/mexico/


「Hija de Santhez 」


Slagterboderne 8  Koedbyen, Copenhagen 1718, Denmark

ranmarun at 21:00│Comments(0)TrackBack(0) デンマーク | エスニック・アジアン

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Relae @コペンハーゲンBeef club@パリ