Restaurant Alliance@パリPAGES@パリ

November 11, 2016

Manko@パリ

ガストン・アクリオがプロデュースしているペルー料理のお店「MANKO」に行きました。

・




















昔のオークションハウスを改装したゴージャスな店内。
大箱で贅沢な空間なのは、MOMAグループの資本によるものです。
バーカウンターも満席。もちろんテーブル席も満席でした。

・




















カウンターキッチンは、セビーチェなどの冷菜を作るブースと、温製料理や焼き物を作るブースに分かれています。

・




















Pisco de Manges

まずはピスコサワー。マンゴージュース割ったものです。

・




















Cebiche Mixto

セヴィーチェは4種類ありましたが、ポピュラーなミックスで。
白身魚、タコ、海老、サツマイモ、チョクロ、赤玉葱に黄色い唐辛子とライムのソース。
クラシックな味つけで美味しい。このピリ辛の酸味が胃を元気にしてくれます。

・




















Tiradito Chifa

セビーチェは魚を角切りに切ってマリネするのに対して、ティラディートは刺身のように薄切りにして、直前にソースをかけます。Chifaというのは中華風の意味で、青魚の薄切り、揚げたワンタン、黒胡麻、葱、コリアンダーの新芽をのせ甘酸っぱいソースで。

・




















Causa  Bachiche

カウサの4種類ありましたが、バジルのカウサで。タコのタルタルを黒オリーブのクリームで和え、コーヒーパウダー。アボカドとピキーリョのクリーム、トマト、バジルの葉を添えて。

・




















Anticucho

鶏肉の腿肉はクミンなどのスパイスで味付けして串焼きに。
トウモロコシと揚げたじゃがいもは紫じゃがいもと2種類。
タリソースという唐辛子のマヨネーズクリームソースをかけて。

・




















Asparagus 

ペルーのグリーンアスパラガスを焼いて、ニンニクのスライスをのせ、ロコトという唐辛子の酢漬けのアイオリソースとポテトのチーズクリームソース。

・




















Patron Smash

1年未満の若めのパトロンテキーラをクランベリーと木苺のジュースとアガペシロップで。

・




















Aeropuerto

空港という名前のこの料理は、ペルー料理というよりも、日本と韓国、スペインの料理をミックスした日系料理。
熱々の石焼きの器には、トルティージャ(卵焼き)、人参と大根と胡瓜のナムル、葱、白胡麻、黒胡麻をのせ、甘辛醤油のニッケイソース。

・




















その下には、豚肉と海老、ブロッコリー、モヤシ、米、フィデアのようなフライドパスタ、キヌアが入っていて、全部混ぜながら食べてくださいと。
石焼ビビンパのようでありながらパエリアのようにアレンジしたものは、ここのオリジナルだそうです。
ちょっと味付けが濃くてしょっぱいけれど、少し時間が経ってなじんでくるとおこげもできたりして、最後のカクテルと合わせるとまたいい感じ。

、




















Spisy  Manko

〆のつもりで頼んだカクテルがかなり刺激的です。
パトロンのシルバーテキーラにライムとアガペシロップを少しとシャンパンのカクテル。
シャンパングラスに添えたピキージョをちょっと漬けておいただけで、かなりビリビリ辛さがくる危険な刺激でした。唐辛子って大好きで辛さからくる刺激の他に旨みもあるんですよ。
でも、そのまま舐めたらあかん。食べたりしたら舌や唇の神経がマヒして大変なことになります。

・




















Homemade Ice Cream

デザートはアイスクリーム4種。
右から、コーヒー、アーモンド、トンカ豆とココアリキュール、ルクマと蜂蜜のアイスクリーム。

・




















今回食べたのは数品ですが、本場のペルー料理よりもフランス人の舌向けに、ワインに合わせるような日系テイストを加えながら、ペルー料理を面白くガストロ的にアレンジしていました。
ペルー料理を知らない人でも、美味しく食べれると思います。


パリの夜更けのエッフェル塔。
冷たく澄んだ空気が気持ちいい。

・





















「Manko Paris」

15 avenue Montaigne ,Paris

+33 1 82 28 00 15




ranmarun at 19:30│Comments(4)TrackBack(0) エスニック・アジアン 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by インカ好き   December 05, 2016 22:48
パリでもペルー料理は、有名なのでしょうか?
美味しそうに見えますので、機会あれば行ってみたいと思います。
でも、豪華で高そうですね?お幾ら位なのでしょうか?
2. Posted by ロン   December 06, 2016 01:28
>インカ好きさん
パリでちゃんとしたペルー料理は珍しいと思います。ペルーで有名なガストン・アクリオというシェフがプロデュースしているので、ペルー料理をガストロノミーにアレンジしています。
最近世界が南米料理に注目しているので、流行っていましたよ。
値段はアラカルトで一皿€15前後、コースで€60くらいでした。人気のお店なので、予約は必須です。ぜひ!
3. Posted by インカ好き   December 06, 2016 11:43
有難う御座います。
お勧めもあり、是非行って見ようと思います。
しかし、お店の名前は、日本人には恥ずかしいスペルですが、発音はどの様になるのですか?
4. Posted by ロン   December 06, 2016 19:35
そのままローマ字通りマンコといいます。
ペルーの神話の中の太陽神の名前だそうです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Restaurant Alliance@パリPAGES@パリ