賛否両論@恵比寿松川@赤坂

November 17, 2016

くろ崎@渋谷

「くろ崎」に行きました。
和と離れた2週間。鮨食べたかったんですよ〜。

・




















飾られているのは白い実がついた枝。
シロミのコムラサキまたは、シラタマコシキブと呼ばれます。

・




















日本酒は、水鳥記。気仙沼のお酒です。
三水に酉と書いて酒と読む。その由来は昔酒を醸す器に由来したと言われます。
そんな言われから山田錦55%磨きで、角屋の酒物語の第一章を作ったそうです。
すっきりとした飲み口の上品な米の甘み、フルーティな香りも羽ばたく水鳥をイメージしているのでしょうか。

・




















きぬかつぎ、銀杏

・




















白子

羅臼の白子は、ポン酢ともみじおろしで。

・




















しゃこ

小樽のしゃこの雄。茹で立てを目の前で剥いてくれます。

・




















香箱蟹

香住の香箱蟹。

・




















香住の蟹にちなんで、日本酒も香住鶴。
蟹と日本酒最高です。

・




















ししゃも

武川の本ししゃもは、軽く干したものを焼いて。もう時期は終わりだそうです。

・




















がりが出てきて、握りに入ります。

・




















かわはぎ

三重尾鷲のかわはぎ。中に肝と葱をはさんであります。旨い。

・






















天草の神経締めの鯖。生で2日寝かせ、締めて2日。白板昆布をのせて。
黒崎さんの締め具合はしっとりとして美味しい。舌も喜んで、日本酒をくいっと。

・




















秋刀魚

気仙沼の秋刀魚の幽庵焼き。巻いて肝醤油のソース。
今年は秋刀魚の出だしが遅く、あまり食べれなかったけど、もう最後かな。

・




















いくら

三陸のいくら。ぷちっと弾けます。

・




















車海老

島原の天然車海老。極太です。茹で立てを剥き、ほんのり温かくレアな食感。

・




















鮪は大間の一本釣り鮪、179.6圈

・






















中トロのきめ細かな柔らかさにとろけます。
シャリは前回よりも粒が立って固めのほぐれる感じがいいです。

・




















ここで珍味系をいろいろ用意してくれます。

・




















からすみ、筋子、鮟肝

からすみは、今年も高騰していますね。筋子は味噌漬けにして。
余市の鮟肝は赤酒で炊いて、西瓜の奈良漬けと和えたもの。
これも日本酒のアテに最高です。

・




















こはだ

3日寝かせたこはだ。
前回はまだ浅めの締めに黄身おぼろをのせていましたが、今回は旨みもたっぷりでベストです。
この締め加減がたまらなくて、おかわりしたいくらいでした。

・




















雲丹

綺麗に粒がそろった浜中のばふん雲丹。

・




















雲丹は、海苔で巻いて軍艦に。

・






















浜名湖の天然鰻は炭火で焼いて、下に酢飯をしのばせ、熱々のお出汁をかけます。
赤酢のシャリの酸味がお出汁に溶けて梅のような風味を感じ、鰻茶漬けに。
脂の多い鰻をほんのり感じる酸味でさっぱりと食べさせてくれます。

・




















さきほど出てきた車海老の頭を焼いたもの。

・




















ほっき貝

長万部のほっき貝。ぶるぶる肉厚なほっき貝です。

・




















金目鯛

小湊の金目鯛。少し寝かせて脂をまわして。

・




















漬け鮪

最初に出てきた鮪でなく、177.4圓寮嵜箸2週間熟成して醤油に漬けて。
噛むと醤油と合わさった赤身の旨みがじんわりと出てきます。

・




















穴子

対馬の穴子。

・




















あさりとしじみの出汁。
濃厚な貝のエキスはお酒を飲んだ後に、胃にしみわたります。

・




















かんぴょう巻

甘めのかんぴょうと塩気強めの赤酢のシャリに海苔のパリパリした食感。
海苔の香りがいきていて、これ好きです。

・




















他に出してないものを伺って、少しだけ追加しました。

すみいか

小柴のすみいか。縦に切れ目を入れてとろんとした柔らかさ。

・




















鮪の背トロの部分。もう少し寝かせたかったのかもしれませんが、美味しい。

・




















玉子

玉子焼きはすり身と黒糖焼酎で焼いているそうですが、前回とは変わり、クレームブリュレのような表面が香ばしく、中はプリンのような食感。

・




















まだ2回目ですが、季節のネタによって仕事を変え、個性ある鮨はどんどん進化していますね。
次回も楽しみです。

前回の、くろ崎はこちら。

「くろ崎」

東京都渋谷区渋谷1−5−9

03−6427−7189


ranmarun at 17:00│Comments(4)TrackBack(0) 寿司 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Hi!   December 15, 2016 01:07
ほぼ同じ時に行ってますね♪
お会いできていませんが ^^
酒呑み三点盛り、良かったですね♪

今週はロンさんもお好きな西日本熟成鮨です♪ ^^
2. Posted by ロン   December 15, 2016 18:37
そうなんですねー(^^)
好きな店が結構同じだから。
西日本熟成鮨いいなー。私はなかなか行けなくてムラムラしています。
3. Posted by Hi!   December 16, 2016 01:03
二子玉川風熟成ですが、なかなかエロくなってきましたよ♪ ^^
4. Posted by ロン   December 17, 2016 18:26
ますますイキたくなってきました^^

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
賛否両論@恵比寿松川@赤坂