肉匠コギヤ 宴庭@大崎京味@新橋

November 28, 2016

松川@赤坂

「松川」に行きました。

・




















ど〜んと鎮座した大きな間人蟹がお出迎え。

・




















Louis Nicaise Noir  

シャンパンは、ルイ・ニケーズ。ピノノワール100%はドンペリ畑から。
アッサンブラージュ60%、2009年25%、2010年15%。
ほのかな甘みとすっきりとした酸。だんだん香りがでてきます。

・




















鯛とからすみ

飴色した鯛にからすみをはさんで。
ねっとりとしたからすみの旨みが鯛と合わさり美味しい。
日本酒蒼空にも合わせました。

・




















香箱蟹の飯蒸し

もち米と一緒に蒸した香箱蟹。
蟹にはシャンパンが合います。

・




















おこぜ

おこぜのお造りと肝と胃袋。
ちり酢で頂きますが、身はぶりっとして、肝も甘くて美味しいです。
ラリックの乳白色の器が素敵です。

・




















活けのもろこはあとで出てきます。

・






















シロナガスクジラの尾の身は生姜醤油で。
適度にサシが入って、極上鮪と牛肉を合わせたような濃厚な赤身の美味しさです。

・




















河豚

河豚は、身と湯引きした皮と芽葱に一味と白子のソースとポン酢で。

・




















赤貝

・






















蛤は焼き餅の上にのせて。芽葱の出汁餡。

・




















なめたかれいだったかな。

・




















もろこの塩焼き

・




















牛肉

近江牛のフィレ肉は揚げ葱とむかごを添えて

・




















牡蠣みぞれ蕎麦

蒸した牡蠣と大根おろし葱の温かいお蕎麦。

・




















蟹しゃぶ

メインは蟹の甲羅鍋に蟹味噌とお出汁を溶いて、炭火で加熱しながら、一人しゃぶしゃぶです。
なんて贅沢なんでしょう♪

・




















蟹爪と足はあらかじめさっと下茹でして、殻から離してあります。

・




















まずは蟹爪を蟹味噌汁につけて。
蟹爪は火入れした方が食感がいいので少し置きます。

・




















その間に蟹足をしゃぶしゃぶ・・・。

・




















半生に火が入ったくらいで、蟹味噌のお出汁と共に。
美味しい〜♪この後はふっくらと膨らんだ蟹爪も蟹味噌と合わさり、極上の美味しさです。

・




















甲羅が焼け、その香りや旨味も凝縮された蟹味噌のソースには、ご飯を入れてリゾット風に。
これまた最高です。

・




















最後は甲羅に熱々の日本酒を注いで、甲羅酒。
最後まで堪能しました。

・




















白飯となめこ汁

・




















生からすみと海苔で。

・




















甘味

・




















薄茶

・




















百目柿とざくろ

・




















「松川」

東京都港区赤坂1−11−6 赤坂テラスハウス1階

03−6277−7371


ranmarun at 20:30│Comments(0)TrackBack(0) 和食 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
肉匠コギヤ 宴庭@大崎京味@新橋