酒蔵 大太鼓@福岡大宰府天満宮@福岡

February 15, 2017

メゾン・ラフィット@福岡

「メゾン・ラフィット」に行きました。

・




















Charles Pougeoise 

シャルドネ100%のすっきりとした飲み心地。フランス大使館公認のシャンパン。

・




















タピオカ 塩昆布

流木の上に、塩昆布とイカ墨パウダーを合わせたタピオカのパフ。
桑の葉が添えてあると、蚕を連想したり^^;

・




















猪・マルベリー

那珂川の猪のリエット。ドライほおずき、マルベリー(桑の実)、ウォールナッツ。

・




















足赤海老・トマト

熊本の足赤海老に、セミドライトマトとミントにセロリの浅漬け、ヘンプシード、パセリのオイル。
トマトのクリアなジュースを注ぎます。

・




















銀杏

那珂川の銀杏は串に刺して、カレー風味のフリットに。包み紙がちょっと遊び心。

・




















Sauvignon Blanc 2015 安心院

フレッシュな酸味の中にかすかにトロピカルな香り。

・




















ふぐ・晩白柚

大分のふぐと晩白柚のコンフィチュール。
熊本の生桜海老と平目の真子のパウダー。

・




















揚げたシブレットとボリジをのせて。

・




















Bourgogne La part des Anges 2013 Cave de Lugny

ヘーゼルナッツやバターなどの香りの後味に苦味を感じるシャルドネですが、次のお料理と合わせると酸と苦みが脂を切ってくれます。

・




















鮑 ・鷄 ・フォアグラ

フォアグラのフランの上に、唐津の黒鮑と、三瀬鶏のつみれ、山椒パウダー。
鶏ガラの風味が濃厚な水炊きのような後味を連想させます。

・




















Marcel Richaud  Rose 2015

カリニャン、サンソー、グルナッシュ、クノワーズ。
ベリー系の香りと青林檎や柑橘の酸味。

・




















いか・ケール・ビーツ

みずいか、ビーツのピクルス、紫ケール、ざくろ。
紫色のケールが鮮やか。濃いピンクのパウダーはドラゴンフルーツのパウダーで色鮮やかな一品です。

・




















Chateau de la Huste 1997

メルローとカベルネフラン。熟成した果実味とドライフラワーっぽさ。馬肉に。

・




















馬頬肉

熊本の馬肉の頬肉煮込み。馬肉の頬肉は繊維質が細く締まっています。
さつま芋とトンカ豆のミルクフォームを添えて。

・




















Biancospino Vino Bianco  Campi di Fonterenza

トレッビアーノ、マルヴァージア、プロカニコ。ノンフィルターで少し酸化熟成の感じが好きです。

・




















雲丹・島原素麺

唐津の雲丹としらすにトマトを加えたソースで絡めたのは、デュラムセモリナ粉100%で作った島原素麺。
唐津ももう新物の雲丹が出ているんですね。しこしこした麺の食感がいいです。

・




















Enedina de Villafranca 2013 Raul Perez& Pablo Frias

ガリシアのゴテージョという白葡萄。色は薄いけれど、しっかりとした旨みがあります。

・




















オニオングラタン・甘鯛

熱々のココットのオニオンスープと鐘崎の甘鯛。
鱗はパンに見立てたようにサクサクに焼き上げて、甘鯛の身にのせ黒トリュフの香り。

・




















ハーブのソルベ。

・




















Bourgogne 2013 Camille Giroud

ベリーやローズっぽさもありながらくせのない果実味とさらっとしたタンニンのピノンワール。

・




















和牛

長崎の黒毛和牛は低温調理して、セリのソースと揚げたセリの根をのせて。
筍や大根、蕗の董とカリフラワーと和辛子のピュレはおでんをイメージしたそうです。

・




















Passito  di Pantelleria  2014  Pellegrino

あんずやドライいちじくのような甘みのあるパッシート。

・




















黒糖・バナナ

バナナのムースの上にきな粉のメレンゲと黒糖のパウダーをのせたバシュラン。
メレンゲがきめ細かくさくさくと溶ける食感。

・




















ハーブティは、アップルミントとスペアミント、ローズマリー、タイム、酢橘。

・




















小菓子と共に。

・




















苺のソルベも美味しかった。

・




















シェフのピュアな心をあらわすようなクリアで繊細なお料理を頂いた後は、ちょこっとドライブです。

「メゾン・ラフィット」

福岡県筑紫郡那珂川町大字西畑841

092−953−2161


ranmarun at 13:30│Comments(0)TrackBack(0) フレンチ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
酒蔵 大太鼓@福岡大宰府天満宮@福岡