メゾン・ラフィット@福岡宝満山 竈門神社@福岡

February 15, 2017

大宰府天満宮@福岡

「大宰府天満宮」に行きました。
大宰府に来るのは15年振りくらいです。たまには観光もしないとね^^;
天満宮に通じる表参道の鳥居をくぐるとお土産屋や飲食店などが並んでいます。

・




















最近流行のスポットというと、スターバックスコーヒーの大宰府表参道店。
隅研吾がデザインした木組み構造の斬新なデザインは、目を惹きますね。
細長い店内の中も壁に木組みが施されています。3年前に東京青山にできた微熱山丘(サニーヒルズ)という台湾パイナップルケーキのお店の建築も当時は話題になりました。

・




















でも、大宰府というと名物の梅ヶ枝餅。
梅ヶ枝餅を販売しているお店は沢山並んでいます。
観光シーズンには大行列するお店が多く、機械がオートメーションでひっくり返して焼くお店も多いです。

・




















そんなお店が沢山ある中で「きくち」に行きました。
夕方近くですが、数人並んでいました。

・




















ここは、手作業で鉄板をひっくり返しながら焼いています。やっぱり手焼きがいいですよね。

・




















数分待って、焼き立ての梅ヶ枝餅。
ぱりっとした表面の餅粉ともちっと弾力のある生地の中に、少し塩味の効いた餡子が入っています。
お土産に沢山購入する人もいますが、やはり焼き立てが一番美味しいです。

・




















大宰府天満宮は今がまさに梅の季節。

・




















ピンク色の梅が咲きほこっていました。

・




















・





















中世の鳥居をくぐると、太鼓橋があります。

・




















ここの池には大きな鯉が沢山泳いでいました。

・




















橋を渡ると本殿が見えてきます。

・




















東神苑の梅はまだ蕾が多く満開ではないですが、見事な枝ぶり。
その奥にはだざいふ遊園地や九州国立博物館もあります。

・




















本殿に入る前に、手水舎で清めます。麒麟の像もありました。
横に蛇口があったので、お水をペットボトルに頂きました。
甘いお水。翌日ホテルで煎れた野生のコーヒー豆のコーヒー(ホテルにあるものでなく持参したもの)が美味しかったこと。

・




















そして、本殿へ。

・




















飛梅と呼ばれる樹齢1000年の白梅が見事です。
”東風吹かばにほひをこせよ梅花 主なしとして春を忘るな” 菅原道真の一句。

・




















近くで見ると、幾重にも重なった白梅の花弁が織りなす美しさ。
普通のレンズだと限界があるので、望遠レンズを持ってくればよかったなと後悔しました。

・




















薄紅色の梅。

・




















紅梅も見事。レンズ替えてもっとリアルに撮りたかったけど限界ですw

・




















千年楠の木。

・




















大宰府天満宮を後に、竈門神社に向かいます。

「大宰府天満宮」

福岡県太宰府市宰府4−7−1




ranmarun at 16:00│Comments(0)TrackBack(0) 旅行 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メゾン・ラフィット@福岡宝満山 竈門神社@福岡