一風堂@五反田ビートイート@喜多見

February 20, 2017

晴山@三田

「晴山」に行きました。

・




















De Sousa 3A 

3Aは、Avizeのシャルドネ50%、Ayのピノノワール25%、Ambonnayのピノノワール25%の3種類の葡萄を使っています。パイナップルやマンゴーの果実味やブリオッシュっぽいアロマ。

・




















蛤とうるい

九十九里の蛤とうるいに刻んだ揚げと出汁ジュレで。

・




















ぐじと聖護院大根の椀

綺麗な炊事にぐじの旨みと聖護院大根の甘みが溶け合います。

・




















メジマグロの炙り

舞鶴のメジマグロは表面を軽く炙って。
グラデーションのある脂身と赤身は、おろしポン酢につけて。

・




















赤貝

福井小浜の赤貝は、昆布のような旨みがあり、湯引きした肝も添えてあります。

・




















日本酒はAKABU。岩手のお酒でフルーティな香りと透き通るのどごしです。

・




















浅利の蒸し寿司

三重梶島のアサリを甘めの酢飯と蒸して芽葱をのせて。

・




















牛肉と筍の焼き物

飛騨牛と蒲生の筍の炭火焼に揚げた海老芋を添えて。

・




















もろこ揚げ

もろこは焼くのもいいけど、揚げる方が身がしっとりとしながらも軽くていくらでも食べれちゃいます。

・




















メジマグロのカマ焼き

お造りで頂いたメジマグロのカマの香味焼き。脂がのってぷりっぷり。
骨のまわりや頬肉の部分の美味しいこと。

・




















鴨と湯葉

揖斐の吉鴨と湯葉に菜の花のみぞれ餡。
鴨会は行きそびれちゃったので、鴨食べれて嬉しかったです。

・




















明太子と筍の炊き込みご飯

・




















木の芽の香りと甘い筍に、自家製の明太子の粒々感。
お腹いっぱいだったので、残りはおにぎりにしてもらいました。

・




















デザート

紅ほっぺ苺とデコポンに白ワインジュレ。
練乳とラム酒のソースをかけて。

・




















「晴山」

東京都港区三田2−17−29 グランデ三田B1F

03−3451−8320


ranmarun at 21:30│Comments(0)TrackBack(0) 和食 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
一風堂@五反田ビートイート@喜多見