April 10, 2017

榮料理店@沖縄

「榮料理店」に行きました。
ホテルがある恩納村から車で10分くらいのうるま市にある沖縄料理のお店。

・



















地元の無農薬野菜や魚介、紅豚アグーややんばる和牛などと、沖縄のお酒が楽しめます。

・



















お通し

ミミガーと玉葱と青菜のサラダ。

・



















パッションフルーツ泡盛ハイボール

恩納産のフレッシュなパッションフルーツの果肉を、スプーンですくい、泡盛を炭酸で割ったハイボールの中にいれます。

・



















果肉を入れてかき混ぜます。
やっぱり沖縄のフレッシュなパッションフルーツは、香りや酸味が際立っていて、すっきりとごくごく飲めてしまいます。

・



















近海タマンとわさび菜の畑(ハル)パッチョ

タマンというお魚は、ハマフエフキ、フエフキダイです。
野菜のマリネをのせて、わさび菜や玉葱とサラダ仕立てに。
薄切りにしたタマンは、ほぼ鯛の味でした。

・



















ジーマミ豆腐

もちっとなめらかなピーナッツ豆腐は山葵醤油で。

・



















ゴーヤーちゃんぷるー

沖縄というとゴーヤーちゃんぷるが有名ですね。
アグー豚を使っていて、まず豚肉が美味い。そして、私はゴーヤの苦味が苦手なんですが、現地で食べるとゴーヤも美味い。散らしたゆい豆腐と焼いた豆腐に鰹節のバランスが絶妙でした。

・



















もずくキムチジューシー

キムチ漬けにした沖縄もずくを雑炊仕立てにして。

・



















島野菜のピクルス

金美にんじん、ゴーヤ、トマト、コールラビ、赤大根、金柑をピクルスに。

・



















紅豚アグーと雲南百薬のしゃぶしゃぶ

具材は、薄切りにした紅豚アグーと雲南百薬としめじ。

・



















これをコンロにかけた鍋の昆布出汁でさっと火を通します。
アグーの脂は融点が低いので、さっと柔らかくなりますが、綺麗な脂でアクもほとんど出ません。

・



















ポン酢につけて頂くと、脂は甘く身はあっさりしながらも旨みがあります。
雲南百薬はおかわかめのこと。非常に栄養価が高い葉野菜で、熱するとすこしぬめりが出てきます。

・



















薬味はラー油と紫蘇で作ったジェノベーゼ。

・



















これらを少し添えると、また風味がいいです。お肉を追加したくなるほど、あっという間にぺろりと食べちゃいました。最近家でもアグー豚のしゃぶしゃぶをよくやるのですが、家ではポン酢に山椒を入れています。
脂身が多くてもあっさりと綺麗な脂なので、いくらでも食べれちゃうんですよ。帰ったらまたやろっと。

・



















残ったお出汁に麺を入れて。アグーの脂をさっと纏った麺に紫蘇ジェノベーゼとラー油をかけて混ぜて食べると美味しかったです。

・



















オキナワモヒート

泡盛のコクとミントとレモンの香り。
この他にもマンゴーやタンカン、パッションフルーツなどを使ったオリジナルカクテルや泡盛で漬けた自家製果実酒など沢山ありました。

・



















フーちゃんぷるー

車麩を卵に漬けて、もやしとニラで炒めてあります。
ふんわりしたお麩が美味しい。

・



















ソーメンちゃんぷるー クラシック

茹で立てのソーメンだけをさっと炒めて、青葱と鰹節をかけて。
シンプルで素朴だけど洗練された美味しさがあります。後半で紫蘇ジェノベーゼを和えても美味でした。

・



















黒糖アイスクリーム

伊平屋産の黒糖を使ったアイスクリーム。黒糖プリッツをのせて。
黒糖の甘くコクのある香りとクリーミーなアイスクリーム。

・



















どの料理もリーズナブルで美味しかった。
次回は炭火焼の料理も食べてみたいです。

「榮料理店」

沖縄県うるま市石川1−27−35

098−964−7733


ranmarun at 20:30│Comments(0)TrackBack(0) 和食 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字