April 25, 2017

ラドニス@外苑前

「ラドニス」に行きました。

「ピエール・ガニエール東京」や「イリエ・ル・ジョワイユ」時代から通い詰めていた大好きな入江誠シェフが、横浜のレストランでの時を置いて、ガニエール時代の坂井オーナーソムリエと一緒に、3月末に外苑前にオープンしました。以前は、トラットリア・ブーカ・ジュンタがあった場所です。

・



















店内は、オープン祝いの胡蝶蘭が沢山飾られています。

・



















シャンパンはニコラフィアット。

・



















ランチのお料理は、テロワールコース(4500円)とマルシェコース(3200円)があります。
テロワールコースで頂きました。

グリーンピースのヴルーテ 甲イカとチョリソーの旨みを添えて

甲イカはさっと湯通しして、チョリソーのオイルとバジル。
グリーンピースのヴルーテの下にはコンソメゼリー。
アミューズから繊細な一皿です。

・



















パンはシニフィアン・シンフィエのパンが3種あります。バケット、ライ麦、こちらはとうもろこしのパン。
さっくり柔らかいクラムに甘いとうもろこしの香り。

・



















”帆立貝のルージュサラダ” シェーブルクリームと自家製燻製ドレッシング

ホタテはさっとボイルして、紅芯大根、うずまきビーツ、ラディシュ、アボカド、赤ワインビネガーで漬けた新玉葱など野菜がたっぷり。中には、山羊のクリームチーズ。ホワイトバルサミコとエシャロットの自家製燻製オイルがかけてあります。

・



















Vire Classe  L'epinet 2014  Jean Rijkaert

心地よい酸味とすっきりした果実味。

・



















メバルのポワレ 春キャベツのブレゼ 瀬戸内レモンバターソース

富津のメバルはブレゼしてから、皮目にひよこ豆のパウダーをつけて焼き、香ばしい皮と身もしっとり。
春キャベツや新玉葱にケッパーを加えたレモンバターソースが、キャベツの甘みと香り良いレモンやケッパーの酸味と共にメバルを支える美味しさ。ナスタチウムのほんのりぴりっとくる辛みもアクセントです。

・



















山形豚のロースト セルバチコ添え ロックフォールソース

山形豚のローストは、一口食べた時に広がる熟成した旨味に驚いて聞いたところ、人参、玉葱、ニンニクなど野菜でマリネして4日置き熟成させた豚だそう。
のせたルッコラ・セルバチコやリンゴは爽やかに。ロックフォールのソースは、個人的にブルーチーズが苦手なのもあるけれど、豚肉に熟成した旨味がしっかりあるのでなくてもいいかな。逆に熟成肉が苦手な方にはロックフォールのソースを添えると豚肉があっさりします。この辺は好みですが、とにかく豚肉美味しかった。

・



















ヨーグルトのムースと八朔 レモングラスの香るジュレを添えて

ヨーグルトのムースの上に、はっさくの果肉、レモングラスとコブミカンのアガージュレ。
ライムの皮や菊、金箔をのせて。生姜の絞り汁もアクセントです。

・



















コーヒーは、深沢の「カフェテナンゴ」の焙煎豆を使っています。
淹れる直前に豆を挽いて香りも豊か。酸味やコクのバランスも良くて美味しいです。

・



















砂糖やミルクは入れないけれど、砂糖の入れ物はマカロンの形で可愛いです。

・




















ランチで頂いたのは数品ですが、オーナーの坂井さんの意向もあり、以前の華やかななビジュアルよりはクラシック志向。その方が好きです!これからの入江シェフのお料理も楽しみ♪

「L'adnis ラドニス」

東京都渋谷区神宮前2-3-30 神宮前ベーシックビル1F

03-6721-1881




ranmarun at 12:30│Comments(2)TrackBack(0) フレンチ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Hi   May 09, 2017 00:59
こちらは知りませんでした ^ ^
最近のお店では、六本木のTakumiも評判が良いですよ〜♪
2. Posted by ロン   May 09, 2017 02:51
入江シェフの再出発を少し待っていたんですよ。
Takumiは、少し前に行きましたので近々upします(^^)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字