June 10, 2017

King of india@スウェーデン

翌日の昼は、「PM&Vanner」の裏手にあるインド料理の店に行きました。
ヴェクショーは小さな町ですが、メキシコ料理屋やレバノン料理屋もあります。たまにはスパイシーなものを食べると胃が元気になるので、この3店のどれかにしようと思っていましたが、やはり米が食べたいなとインド料理の「King of india」に決めたのでした。

/



















店内は広く席数もありますが、開店直後からわっとお客さんが入ってきてあっという間に満席になりました。
最初勝手がわからなかったのですが、左奥のカウンターでメニューを見てから、注文と会計を済まして、席に座ると料理を運んできてくれるというスタイルです。注文したドリンクは運んでくれますが、水やカトラリーはセルフです。

・



















ランチメニューは10種類あり、カレーやドゥーサ、タンドリーチキン、チキンティッカ、他ベジタリアンプレートもあります。ダルサンバルとチキンカライとナンを注文しました。サラダとバスマティライスはついてきます。

・


































ビールはアジア系のビールやスウェーデンのビールなど10数種類あり、ABROというスウェーデンのビールにしました。スウェーデンのビールはアルコール3.5%くらいが主流ですが、これは5.2%とアルコール度は高めです。

・



















マンゴーラッシー。これはかなり濃厚なマンゴージュースとヨーグルト。
しかも量がたっぷりでお腹が冷えそう(笑)

・



















最初にサラダがのったプレートが出てきます。
レタスと胡瓜とトマトにヨーグルトのドレッシング。北欧に来ると生野菜はなかなか食べれないので、貴重な食物繊維です。

・



















Daal Sambal ダル・サンバル

バターで揚げたひよこ豆、レンズ豆、フレッシュトマト、コリアンダー、生姜など香味野菜をミックススパイスと煮込んだクリーミーな豆カレー。豆のほっこりした甘みとトマトの酸味とマイルドな辛みです。

・



















Chiken Karai チキンカライ

茹で揚げた鶏の腿肉と玉葱、ピーマン、ニンニク、コリアンダー、トマト、レモンを丸い赤唐辛子とトマトソースで煮込んだかなり辛いカレーです。トマトの酸味と唐辛子の辛さが刺激的でホット。

・



















バスマティーライスは、ふんわりさらさらと炊いてあります。
米の種類は違えど、やっぱり米を食べると安心しますね。

・



















2種類とカレーを混ぜ合わせながら食べると、久しぶりの辛い料理に胃も活性化して、食欲がでてきます。
どちらもトマトを煮込んだ旨みがスパイスや唐辛子となじんで美味しいです。
サラダのヨーグルトドレッシングがライタの代わりになって、合わせるとまた美味なんです。

・



















ナンは別注文で、プレーンとガーリックの2種。
スウェーデンは小麦文化だけあって、生地が香りよくもちっとして美味しいです。
カレーにつけながら食べました。

・



















バスマティライスは、おかわり自由なので、おかわりしました。
カレーもしっかり量があるので食べごたえがありますが、久々に美味しいカレーを食べて、次の目的地まで、Let's go〜♪

「King of india」

Backgatan 17,Vaxjo,Sweden

010 46 470 77 77 02

http://www.Kingouindia.se




ranmarun at 11:30│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字