利庵@白金ラドニス@外苑前

August 21, 2017

松川@赤坂

「松川」に行きました。

・



















Lamiable Cuvee Heliades Millesime 2009

ラミアブルのこのキュベは前にも飲んだことありますが、酸が穏やかで優しい甘みと豊かな香りで、とてもバランスがとれています。

・



















松茸と鱧

岩手久慈の松茸。久慈の松茸は今年初です。
皮目を炙った鱧と銀杏を添えて。

・



















焼き鮎寿司

朴葉に包んで焼いてあります。

・



















中には、長良川の鮎の開きと酢飯に砕いや木の芽と蓼の葉をのせて。

・



















お造り

鯛の昆布締め、伊勢海老の昆布締め、ベルーガキャビア。

・



















松茸とあこうの椀

淡路のあこうと松茸の椀。
透き通る吸い地に、あこうの旨味がしみだし、松茸の香りが素晴らしいです。

・



















鯨の尾の身

シロナガスクジラの尾の身。年々希少になる鯨ですが、上質な牛肉のような赤身と馬肉のような脂の甘み。
でも、どの肉にも鮪にもかなわない美味しさ。生姜と醤油で。

・



















雲丹といか

唐津の雲丹と富山のいか。菊をのせて、山葵醤油で。

・



















ぐじと蓮根

ぐじの塩焼きとたたいた加賀蓮根。蓮の実を添えて。

・



















鮎の揚げ物

鮎の唐揚げと骨煎餅。焼き無花果。

・



















鮑と松茸

房州の鮑と焼き松茸。鮑は油炒めするとその歯ごたえと旨味が増し、松茸との相性がいいです。

・



















牛肉

近江牛のステーキと細かく刻んだ松茸の軸。この組み合わせも大好きです。

・



















鮎の塩焼き

長良川の鮎の塩焼き。

・



















鱧と松茸のしゃぶしゃぶ

・



















鱧のお出汁で淡路の鱧と松茸をしゃぶしゃぶに。

・



















しゃきっと香る松茸とふんわり鱧。お出汁が美味しくて、添えてある卵もいらないくらいです。

・



















手打ちうどん

藤崎君が打ったうどんを大根おろしと葱のぶっかけで。
ちょうど讃岐うどんやらうどんトークで盛り上がっていたときだったので、うどんが出てびっくり。
細打ちなのに、しっかりとコシがあり、つるんとなめらかな舌触り。

・



















めちゃ美味しくておかわりをお願いしました。
後半はおろし生姜を加えて。そのテクスチャーや口の中に入れた食感がとってもいいの。
焼き物の火入れはいつも見事なのですが、うどんもまた作ってね。

・



















ご飯と香物

・



















ご飯のお供には新いくらが。お酒だけで漬けたそうですが、皮も柔らかく上品な塩梅。

・



















白ご飯にたっぷりのせて、新いくらは卵かけご飯のような卵の美味しさ。
後で海苔で巻いたりして、ご飯3杯おかわりしました。

・



















甘味

銀杏・白餡・小豆餡。

・



















薄茶

・



















西瓜のゼリー寄せ

西瓜を使うのは珍しいなと思ったけれど、リクエストがあったそうで。水のように澄んで溶けるゼリーの中のスイカボール。

・




















「松川」

東京都港区赤坂1−11−6 赤坂テラスハウス1F

03−6277−7371


ranmarun at 20:00│Comments(1) 和食 

この記事へのコメント

1. Posted by るな   September 19, 2017 01:38
この焼き鮎寿司をお願いしてみます!!!
画像が貴重ですね〜( ・∇・)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
利庵@白金ラドニス@外苑前