鮨 尚充@中目黒フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ@軽井沢

November 02, 2017

浅間 翁@軽井沢

久しぶりに軽井沢へ。御代田にある「浅間 翁」に行きました。
11時から15時の営業で、時間をずらして12時半過ぎに行くとぎりぎり入れましたが、その後はまた並んでいました。

/



















翁は、蕎麦打ちで有名な高橋邦弘さんの翁達磨一門の系列店の一つです。全国にはこんなにあるんですね。パリにもあるし。

・



















入り口に入ると、挽き臼と蕎麦打ち所が見えます。

・



















お品書き

蕎麦は細打ちと田舎の太打ちがあります。

・



















・



















つけとろろ

つけとろろは、細打ちにしました。山芋のすりおろしに青海苔がかかり、鶉の卵と薬味が添えてあります。

・



















まずは蕎麦だけ頂くと、つるっとなめらかなのどごしと程よい硬さ。かなり好きな食感です。

・



















とろろには、青海苔がかかり、鶉の卵と薬味が添えてあります。蕎麦つゆを半分くらい入れながら頂きます。鰹出汁の利いた少し甘めのつゆです。後で思ったけれど、とろろは蕎麦にしっかりからむので、太打ちでも良かったかも。

・



















鴨ざる

鴨ざるは田舎の太打ちにしました。おろし生姜が添えてあります。

・



















太打ちはうぐいす色をしていて、弾力のある歯ごたえと蕎麦の香り。

・



















つゆは、肉厚な合鴨と焼き葱がたっぷり入っていて、甘め濃いめです。長野だとどのお店でも結構醤油を強くするんですよね。個人的には、蕎麦湯で少し割ったくらいの方が好みですが、後から生姜と七味を入れると少しマイルドになりました。そして、これには細打ちの方が合うかなと思い、途中からとろろの細打ちと変えて食べました。と言っても、これも個人の好みですので。

・



















次回は温かい蕎麦も食べてみたいと思います。

行きは、御代田駅からタクシーで行ったのですが、帰りは歩いて紅葉を楽しみました。

・




















・




















「浅間 翁」

長野県北佐久郡御代田町御代田3998−11

0267−41−0558



ranmarun at 12:30│Comments(2) 蕎麦 

この記事へのコメント

1. Posted by Hi!   November 23, 2017 10:22
達磨系では、何処がお好き? ^ ^
2. Posted by ロン   November 24, 2017 14:27
東京は、しながわ翁かくろさわ。大阪は、なにわ翁とあたり屋しか行ったことがないのですが、どれもそれぞれに個性があって好きです。それ以外では、藪系の宮本が一番好きです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
鮨 尚充@中目黒フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ@軽井沢