三輪亭@豪徳寺割烹 佐乃家@渋谷

May 02, 2018

太月@青山

「太月」に行きました。

・



















先付

胡麻豆腐と花穂紫蘇。下には、才巻海老と筍の木の芽味噌和え。

・



















八寸

もずく酢、ほたるいかの沖漬け、とこぶし煮、茶筅小茄子、かすご鯛のちまき寿司、小鮎とコシアブラの白扇揚げ。

・



















白扇揚げは、こちらでは白玉粉を使いもちっとした食感に仕上げています。コシアブラは葛粉でさくっと仕上げた方が好みの食感ではありますが、稚鮎は、もっちりしっとりした衣にふわっと柔らかな身と内臓の旨みがなじんでいい食感。この日の稚鮎は彦根のもので小鮎ほどの大きさがあり、とても美味しかったです。

・



















小柱と山菜の沢煮椀

大星の立派な小柱と蕨などの山菜を千切りにした豚の背脂と合わせた沢煮椀。小柱をお椀で頂くのは初めてでしたが、こういう組み合わせも面白いです。

・



















お造り

大分のいさきは脂がのっていて、旨味があります。酒盗の煮切りをつけて食べると、よく合いました。

・



















勝浦の鰹のたたきは、茗荷、胡瓜、葱などの千切りとおろし生姜をのせ、ポン酢で。わりとしっかりと藁焼きにした鰹は、厚切りの方が鰹の味を感じます。

・



















酒盗の煮切りを飲みながらお酒をちびちびとやるのも好きでして・・・^^;日本酒は宗玄。

・



















あいなめ

青森のあいなめは木の芽香味焼きにして、長野のグリーンアスパラガスの頭を添えて。

・



















新じゃが饅頭

柔らかな新じゃが饅頭の中には鶏団子。うすい豆の餡と共に。

・



















もう最後ですという京都の花山椒と牛肉は鍋仕立てにしてくれるそうです。

・



















帆立磯辺焼き

炙った帆立にからすみ粉をのせて海苔で巻いて。

・



















花山椒と牛肉の小鍋仕立て

さきほどの花山椒と牛肉を小鍋で。牛肉が見えないくらいたっぷりと花山椒を入れてくださり、お出汁は鴨と鶏でとったもの。

・



















霜降り肉の脂身も花山椒の優しく痺れる食感がさっぱりと食べさせてくれます。スープも美味しく飲みほしました。こちらの花山椒鍋も楽しみにしていたので、ぎりぎり頂けて良かったです。

・



















桜海老と蕗の炊き込みご飯

・



















桜海老がたっぷり入ったご飯に炊いた蕗を刻んで。桜海老だけだともしゃもしゃする食感にしゃきっとした蕗の歯ごたえが合わさるのがいいですね。蓬麩の赤出汁と香物。ご飯は2杯おかわりして、後はお握りにしてもらいましたが、具沢山でもちゃんと俵型に握ってあり、しっとりと味を含んでいました。

・



















デザート

抹茶プリンと黒蜜、葛饅頭、蜂蜜とメレンゲのアイスクリーム。

・



















次回は鮎の時期に伺えたら嬉しいな。

「太月」

東京都港区北青山3-13-1 北青山関根ビルB1F

03-6450-5991


ranmarun at 12:00│Comments(0) 和食 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
三輪亭@豪徳寺割烹 佐乃家@渋谷