中国飯店@六本木晴山@三田

May 26, 2018

うしごろ 貫@五反田

「うしごろ 貫」に行きました。

・



















うしごろの焼肉系列店の中では、日本酒に特化したお店で、焼酎はありますがワインはありません。
2年振りの訪問です。

・



















スパークリング Asia 微紅

紅酵母と瓶内二次発酵で醸したロゼ色の発泡日本酒。苺やベリーの香りと甘み酸味のドライテイストとしっかりきめ細かな泡がシャンパンのロゼを飲んでいるような気分でよくできています・・・

/



















お料理は、極みコース

前菜は、もやしやゼンマイなどのナムル。

・



















牛すじだし巻玉子焼き。

・



















もろきゅう。

・



















キムチは辛さよりも酸味があり、さっぱり。

・



















炙り握り 

片面だけかすかに炙った肉寿司にはおろし生姜をのせて。お肉がとろけます。

・



















シャトーブリアン

まずは厚切りのシャトーブリアン。焼肉ではなかなかでてこない部位です。

・



















表面をさっと焼いて色や変わった頃に裏返し、ミディアムレアの手前くらいが美味しい焼き加減。
何もつけずに食べても柔らかな食感や牛肉の旨みが味わえる最高峰。これはおかわりしたいくらいで、2枚めは少し岩塩をのせ、溶かすように焼いて。

・



















柚子ポン酢サラダ

白菜の芯の部分と葉をざく切りにして、海苔と塩昆布、鰹節と柚子ポン酢で和えて。白菜の芯の甘みと海苔の風味がいいですね。白菜は時期ではないけれど、冬は高騰しながらも芯がすかすかだったのであまり食べてなかったな。

・



















日本酒は、3種飲み比べ。
くどき上手、玉川、播磨一献とありますが、それぞれに説明を表記したプレートは、日本酒初心者でもいろいろ御猪口一杯で楽しめるのが嬉しい。ちなみに6種飲み比べというものありますが、それぞれの味を吟味するのは3種類くらいがいいです。

・



















本日の希少部位六種盛り

ウチヒラ、クリ、ハラミは塩ダレ漬けにして。

・



















ヒレ、イチボ、リブ芯はたれ漬けにして。どの部位肉の味をそこなわないようにごく軽く味付けしてあり、焼いてもそのままが美味しいです。

・



















ウチヒラは半面焼きで。

・



















焼き色をつけて、ご飯でサンド。柚子胡椒をのせて。やっぱり脂の多い肉にはご飯が欲しい。

・



















極上クラシタのすき焼き

・



















さっと鉄板で炙って。

・



















こだわり卵の卵黄と一口ご飯が用意されています。

・



















焼いたお肉は折りたたんで卵黄にからめつけます。

・



















熱々のお肉に卵黄がからんだところで一口ご飯を包んで。すき焼き風の食べ方でこれまた美味しい。

・



















タンつみれと九条葱のスープ

牛骨スープの中には、タンの端の部分をたたいて作ったタンつみれが入っています。

・



















極上ホルモン三種特選盛り

コプチャン、ハツ、ガツ。ホルモンは適度にじっくり焼いて食べました。

・



















〆の麺かご飯か選べます。

特選和風冷麺

和風のお出汁の素麺。もちもちした冷麺でなく小麦麺で冷麦くらいの太さです。山葵海苔を添えてさっぱりと。

・



















うしごろ貫カレー

牛筋肉や野菜を煮込んだ甘めのカレー。鰹出汁で炊いた大根をのせて。

・



















デザート

なめらかプリン、杏仁豆腐、柚子シャーベット、きな粉アイス最中から選べます。
アイス最中で。

・




















「うしごろ 貫」

東京都品川区西五反田1−17−1 第二東栄ビル2F

03−3490−2929


ranmarun at 18:00│Comments(0) 焼肉・韓国料理 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
中国飯店@六本木晴山@三田