Bozar Restaurant@ベルギーグランプラス周辺のお散歩

June 11, 2018

De Noordzee@ベルギー

ブリュッセルの2日目。
地下鉄の駅で地下鉄やバス、トラムが乗れる1日券を購入し、地下鉄のSaint Catherine駅で降りました。
黒いマリア像で有名なサン・カトリーヌ教会。13世紀からの記録が残る教会ですが、現教会の建物は港であったところを埋め立てて、1887年に建造されたそうです。

・



















この付近はかつて運河が流れていて、現在もその水の面影を残したスペースがあります。近くには魚市場があったので、今でもシーフードレストランやカフェが軒を連ねています。

・



















表側に周ると大きな広場があり、オーガニック専門の出店が並んでいました。クリスマスの時期には、ベルギーで最大のクリスマスマーケットが開かれることでも知られています。

・



















そんな広場のすぐ横にある「De Noodzee Mer du Nord」に行きました。
ここは、魚屋がやっているシーフード専門の立ち食いのお店です。

・



















ちょっと行列していたので、その横の魚屋のショーウィンドーからどんな魚があるのか見てみます。

・



















小海老は殻付きと剥いたものがあり、エスカルゴもありました。

・



















惣菜コーナーも充実していました。

・



















お店のフロントに戻り、オーダーすることにします。

・



















ホワイトボードに書かれたメニュー。
どれを頼もうか悩みますが、とにかく安いんですよ。

・



















スープドポワソンが美味しいらしけど、エスカルゴのスープは食べたことないので気になります。
大鍋で作られたスープを見て、これは食べてみたいと頼みました。

・



















海老のアラプランチャも美味しそうだ。

・



















海老や魚などの焼き料理は焼き上がったら名前で呼んでくれます。

・



















まずは立ち飲みテーブルを確保してシャンパン。こういう店ではなみなみ注いでくれるのが嬉しいです。

・



















エスカルゴのスープ

エスカルゴのスープは、ごろごろたくさん入っていて見た目つぶ貝っぽいですが、濃厚な旨味があります。独特の香りもありますが、セロリと唐辛子で煮込んだピリッと辛いスープが、そのくさみを消してくれて美味しい。普通はニンニクやディルやパセリとか入れがちなのに、これは新鮮なエスカルゴを食べてほしいというコンセプト。

・



















立ち飲みとはいえ、カトラリーのナイフ&フォークはちゃんとテーブルごとに用意してくれます。

・



















海老のアラ・プランチャ

ぷりっぷりの海老はニンニクとオリーブオイルで」さっと焼いてイタリアンパセリをかけて。レモンを絞って、タルタルソースにつけてもいいです。

・



















小海老のクロケット

ベルギーでは定番の海老クリームコロッケ。中は小海老がぎっしり入っていて、濃厚な甲殻類のクリームソース。

・



















白ワインと共に軽い昼食を済ませました。

・




















 「De Noordzee Mer du Nord」


Rue Sainte-Catherine 45,Brussels 1000 ,Berguim

32 02 513 11 92

vishandlenoordzee.be



ranmarun at 00:48│Comments(0) ベルギー 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Bozar Restaurant@ベルギーグランプラス周辺のお散歩