De Noordzee@ベルギーLe Bistro@ベルギー

June 11, 2018

グランプラス周辺のお散歩

食後はグランプラスまでお散歩します。
ブリュッセルを訪れる人は誰もが必ず一度は足を運ぶという大広場。観光客でいっぱいです。私も3年前には昼と夜の2回行きました。夜はライトアップされて幻想的な空間になります。

グランプラス広場の市庁舎。15世紀に建てられたゴシック・フランボワイヤン様式の建物で、
昼間は内部見学もできます。壮麗な雰囲気に圧倒されます。

・



















ここではなんと結婚式が行われていました。
こんなに大勢の人達の前で愛を誓い、祝福される気分は最高でしょうね。

・



















そして、観光客や大勢のギャラリーの歓声を浴びながらの誓いのキス💕微笑ましい瞬間です。

・



















広場は、いくつものギルドハウス(同業組合)に囲まれています。17世紀の建築が残るものもあれば、再建されたものもあり、それぞれのギルドの屋根には、人や動物、木などそれぞれを象徴する像や守護神があります。西のグループのこちらは、右からスペイン王の胸像、パン屋同業組合。スペイン王、猫車、油商同業組合。袋、酒高級指物師樽屋同業組合。雌狼、不死鳥、射手同業組合。小角笛、船頭同業組合。孤、小間物商同業組合。といった具合で今は、銀行やカフェなどになっています。3年前は西側のこれらの建物は修復中になっていました。

・



















ブラバン侯爵の館。地下はレストランがあり、上階にはホテルもあります。

・



















王の家と呼ばれていますが、実際に王様が住んだことはありません。現在は市立博物館になっています。1階には、タペストリーや彫刻、陶器など、2階には、ブリュッセルの歴史に関する資料が展示されていて、3階には、有名な小便小僧のために世界各国から贈られた衣装のコレクションがあります。

・



















その横はレストラン街に。

・



















ちょっと路地に入った所にあるセルクラースの像は、ブリュッセルを訪れこの像に触れると幸運をもたらすそうです。
皆、膝頭をすりすりしていました。私もすりすり・・・旅の幸運を祈ります。

・





















ちょっと歩くとカフェやレストランが沢山ある通りがあります。

・



















いろんなベルギービールのティスティングメニューもあるみたい。

・



















6種類楽しめるのはいいですね。

・



















「Mary」はベルギー王室ご用達の大好きなショコラティエで、ここでいくつかチョコレートを買いました。

・




















・



















王立美術館。ここはまた時間あるときにゆっくり見たいと思います。

・



















そろそろ疲れたので、ホテルに帰ろうとバスやトラムを待っていると、こんな自転車?が通りました。カウンターを囲む10人くらいでペダルをこぎながら飲み物を飲んで車道を通っていますが、危なくないのかな・・・


・



















ロワイヤル広場。王宮は一部工事中でした。

・



















・







ranmarun at 13:00│Comments(0) ベルギー | 旅行

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
De Noordzee@ベルギーLe Bistro@ベルギー