キッチン@広尾京味@新橋

September 16, 2018

鳥料理それがし@五反田

「鳥料理それがし」に行きました。
月替わりのコースは、メインに鳥すき、水炊き、鳥ローストなどから選べます。前回は1日6名限定の淡海地鶏のコースを頂きました。今回は夏限定の鳥の辛すき焼きというのに惹かれたのですが、同席した方が辛いものは苦手だというので、ひなどりの丸焼きを頼むことにしました。

/



















鳥の冷や汁

ほんのり白味噌を溶いた鳥スープに胡瓜の薄切りとすり胡麻をのせた冷や汁。下には崩した豆腐や冷や飯が少しだけさらっと入っています。お腹ぺこぺこだったので、お酒を飲む前に嬉しい一品。

・



















津島屋 純米吟醸

岐阜のお酒です。信州産の美山錦を使って、昨年から香りや旨味と酵母のバランスを変えたそうです。
最初の立ち香はすっきりとしていますが、含んだときの甘みの中からマスカットのようなフルーティな香りが出てきます。

・



















鳥と季節の盛り合わせ

月替わりで出てくる前菜の盛り合わせは、いつも工夫を凝らしているので楽しみです。
左から梨としば漬けクリームチーズ、白レバームースにナッツをまぶして、かぼちゃ豆腐、焼ききのこのピクルス、新銀杏。

・



















とりクミンバター、巨峰白和え、茄子のタルタル、そぼろ海苔巻き。
どれも美味しくて日本酒がすすみます。

・



















鴨のメンチカツ

鴨のメンチカツは初めて食べました。刻んだ生姜漬けを薬味に。

・



















さっくりと揚がったメンチカツの中には、鴨肉のミンチがたっぷり入っています。下味に粉山椒の香りをきかせ、ほどよい脂の肉汁がじゅわっと溢れる美味しいメンチカツです。薬味の刻み生姜をアクセントに。

・



















どぶビール

生酛のどぶという奈良のにごり酒をマスターズドリームの生ビールで割ったもの。
ビールで割るとすっきりと飲み口が良くて、ごくごく飲めてしまうのが不思議です。

・



















タンドリーチキン自家製ピタパン

自家製のピタパンにタンドリーチキン風味に味付けした鶏肉とレタスをはさんで。どぶビールとの相性もばっちりです。

・



















ひなどりの丸焼き

メインはひなどりを、中にローズマリーを詰めて、胡椒、オリーブオイルなどで丸ごとローストしたもの。

・



















手羽、胸、腿など切り分けてだしてくださいました。柔らかくてぷりっとした食感と旨味のあるひなどり。ローズマリーの香りも強すぎず、しっとりときめ細かな肉質が美味しいです。骨や髄の部分まで綺麗に平らげました。

・



















山椒ジントニック

これに合わせたのは山椒の香るジントニック。山椒の香りやライムの酸味が、鶏肉をさっぱりと食べさせてくれます。

・



















〆チキンカレー

ご飯物はチキンカレー。ルーは適度に辛さがあって、鳥の肉味噌がのせてあり、混ぜながら食べました。おかわりしたかったな。

・



















デザート

酒粕のアイスクリームと粒あん最中、和三盆とほうじ茶のプリン、セロリシャーベット、かぼちゃキャラメルアイス、酒粕パンナコッタ。デザートはおかわりもできます。

・



















最後に梨で〆。

・



















アイデアいっぱいの鳥料理と日本酒が楽しめるお店です。

「鳥料理それがし」

東京都品川区西五反田2−15−11 松岡ビル2F

03−3495−1129


ranmarun at 18:00│Comments(0) 和食 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
キッチン@広尾京味@新橋