豚そば 月や@福岡近松@福岡

October 19, 2018

大福うどん 博多一番街店@福岡

「大福うどん 博多一番街店」に行きました。

博多だと「うどん平」や支店がたくさんありながら店舗によって美味しい「牧のうどん」が好きなのですが、今回は営業時間に行くタイミングがなく、早朝からやっているうどん屋を探してこちらへ。博多駅に直結しているのでお客は出勤前のサラリーマンも多いです。

・



















メニューを見ると、うどんの他に丼ものも充実しているみたいです。そばもあるんですね。

・



















私はごぼ天好きなので、肉ごぼう天うどんを頼みました。

・



















しかもこの日は、グルメグリの日ということで、うどんは1.5倍増量サービス。もちろん増量してもらいました。

・



















ちくわポテト揚げも気になったので、おつまみに。

・



















ちくわポテト揚げ

縦半分に切ったちくわにポテトサラダを詰めて、サクッとした衣で揚げてあります。ポテサラ好きとしては人参や胡瓜も入ってじゃがいものほくほく食感の残るポテサラは高評価。マヨネーズをつけて食べますが、朝じゃなかったらビールが飲みたくなるおつまみでした。

・



















肉ごぼう天うどん

肉は牛肉と玉ねぎを甘辛煮した牛丼のような具。ごぼう天は、あらかじめ柔らかく煮たごぼうに衣をつけて揚げてあります。柔らかなごぼ天美味し。うどんのつゆは、昆布とうるめ鰯、鯖節でとったわりと甘みと醤油が濃いお出汁です。壁の案内を見ると、ここの出汁が濃いと思われる方には、薄めの割り出汁も用意してあるそう。今まで過去に行ったうどん屋は、牧のうどんはやかんに入っている追いつゆを注ぐのが好きでした。おろし生姜もあったし。なのでそういう要望もあったんでしょうね。でも、福岡の太くてゆるゆるうどんに甘しょっぱいつゆも文化なんですよね。肉入れるとさらに甘くなるけど葱や薬味で調整します。

・



















青葱は別の器で好みで入れます。前述の通り、わりとたっぷり入れた方が、さっぱりするかもしれません。

・



















そして、太いゆるゆるうどん。少しおつゆを吸って、さらにやんわりしてくらいが好きだったりします。豚骨ラーメンは細麺で固めを好むのに、うどんは太くでコシのないゆるいうどんを好むというのは、福岡の麺文化でも面白い特性でもあります。私はしばらく福岡に住んでいたこともあるので、このうどんが好きだけれど、讃岐に行ったら、コシがないと物足りないし、地元の吉田うどんは、もっとコシとエッジがないとだめなんですよね。

・



















よくばり丼セット

丼ぶりとぶっかけうどんのセットです。つぼ漬けを添えて。

・

















よくばり丼は、姿海老天ととんかつを卵とじにしてあります。ご飯は少なめなので、丁度いい。

・



















ぶっかけうどんは、温泉卵に海苔、青葱、すり胡麻、鰹節、天かすがのっていて、かなり細めのうどんです。つゆは後から好みでかけて混ぜながら食べます。これは具というかすり胡麻が多すぎて、せっかくのつるつる細麺がざらざらした食感になってしまうので、私の好みではなかったけどね。

・



















朝はお店に入った脇に、○○コーヒーのホットコーヒーがポットに入り、紙コップが用意されたセルフサービスがありました。うどんを食べた後、コーヒーが飲みたいなと思っていたのですが、コーヒーも美味しかったし、時間がない時にこういう気遣いのあるサービスは嬉しいですね。

「大福うどん 博多一番街店」

福岡県福岡市博多区博多駅中央街1−1 JR博多シティB1F 博多一番街

092-413-5707




ranmarun at 07:00│Comments(0) うどん 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
豚そば 月や@福岡近松@福岡