Grimanesa Vargas Anticuchos@ペルー リマMIL〜Vol.2〜 ラボ見学 @ペルー クスコ

November 13, 2018

MIL〜Vol.1〜 クスコからモライ遺跡までの道のり@ペルー クスコ

リマからクスコへ。
クスコへは、リマの空港から1時間半のフライト。さすが観光地だけあって、クスコ行きのカウンターは大行列。リマのホテルにスーツケースを置いて、預け荷物はない身軽な恰好で来たので、機械のチェックインですんなり航空券を発券できましたが、預け荷物があったら2時間以上はかかるだろうなという混み様。そして、10分おきに飛行機が出るので、搭乗口も人が溢れんばかりのカオスな感じ。

クスコでは、後日マチュピチュにも行きますが、「MIL」というお店が今回の目的の一つでした。
前日行った「CENTRAL」のヴィルヒリト・マルティネス氏がアンデス高地の食材を研究するラボと併設して半年前に造ったレストランです。

クスコの空港に着くと、海抜0mのリマから標高3000m以上の高低差なので、幾分空気が薄い感じがしました。事前にリマの薬局で高山病予防の薬を購入して飲みましたが、これが利尿作用がひどくて、水分取っていないのに、すぐトイレに行きたくなるw 結果的には、12時間後に薬が切れても高山病には何も問題なかったので、飲まなくても良かったみたい。

さて、クスコに着いて、「MIL」への移動はさらに車で1時間半ほどかかります。タクシーの客引きを押しのけてUberで移動。タクシーだと通常120ソルくらいかかりますが、Uberだと50ソル。後で戻り賃の30ソルを要求されましたが、それでもタクシーよりは安いです。今回の旅行では、メキシコでもペルーでもUberにだいぶお世話になりました。

・



















途中クスコの町を通ると、露店の市場みたいなところでは、野菜や穀物、果物、織物などが売られていました。

・



















坂を上っていき、山の上にも沢山住居があります。

・



















そして、赤土の大地と山々が広がります。

・



















3500mくらいの山の頂近くまで来ると、雲が下の方に見えてきます。

・



















坂道を上り下りして、平原地帯。周りの山の頂も下の方に見えます。

・



















車窓からいくつかの町も通り過ぎていきました。

・



















ここはマラスの町。マラスの塩田があるのは有名ですが、壁は土色で、古い造りの建物が並び、石畳が続いています。

・



















さらに坂を上り、モライ遺跡へと向かいます。

・



















塩田を見ることはできなかったけれど、遠くには棚田が見えました。

・



















この辺に来ると至るところにマゲイ(Maguey)という高山植物が見られます。形は巨大なアロエにも似ていてリュウゼツランの一種らしいですが、ペルーでは繊維をとって紐や民芸品の材料にするそうです。

・



















道路を横断する羊の群れ。写真では取り損ねたけれど、アルパカも見ましたよ。

・



















前置きがだいぶ長くなりましたが、クスコから約80匱屬1時間半の旅。モライ遺跡の入り口まで来ました。
ここから先は遺跡の見学者もしくは、MILの予約がないと進めません。

・



















Uberの運転手に食事が済むまで3〜4時間くらい待ってくれたら、あと100ソル払ってクスコまでどう?と聞いてみたけど、う〜んと考えながらやっぱり帰りますと。いい仕事だと思うけど、まあ、そうだわね。運転手にはありがとうと言って、ここでさよならしました。

・




















車を降りて、丘に上がると眼下にモライ遺跡が見えました。Moray(モライ)はケチュア語で丸くくぼんだとところという意味です。コロシアムのような同心円形状の段々畑が広がっていて、周りには階段状になった円形の石垣があり、それぞれ通路と水路が作られています。上から見ると距離感はよくわかりにくいのですが、小さな円でも東京ドームくらいの広さがあるというので、かなり大きな遺跡です。

・



















この遺跡はインカの農業試験場だったと考えられていて、下に行くほど土壌の温度が高くなり、上に向かうほど低くなっていき、その高低差は100mあるそうです。方角によっても日照時間が異なるため、同じ高さでも土壌の温度は場所によて変化するようです。こうした様々な条件で異なる微小気候による作物の発芽具合、成長具合や暦を重ね合わせ、いろいろな農作物を育てて、どの環境がどの作物に適しているか研究していたと言われています。

・



















その周りにも大小のサークルがあり、より厳しい環境に耐えられるような品種改良も研究されていたと言われています。

・



















そんな遺跡が見下ろせる場所に、レストランを造ってしまったヴィルヒリオの熱心な行動力とパワーは凄いなあ。

・



















そして、「MIL」へと向かいます。
ここでは、事前に連絡を取っていた藤田さんが迎えてくれました。
東京大学大学院博士課程で文化人類学を専攻している方で、研究員としてこちらで働いています。
この後、彼に案内してもらい、食材や料理を含めいろんなお話を伺うことができました。

・



















とりあえず、トイレ行きたいし(笑)、お腹ペコペコだわ〜。

・




















続く・・・

「MIL」



ranmarun at 12:00│Comments(2) ペルー 

この記事へのコメント

1. Posted by スーパースターファーマー   December 07, 2018 18:39
凄い盛り上げてトイレで終わるー、早くトイレ終わらせてつずき見たい‼️
2. Posted by ロン   December 08, 2018 21:04
忙しくてなかなか更新できず、しかも前置きが長くてすみません。そして、後半もまだまだ続きます。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Grimanesa Vargas Anticuchos@ペルー リマMIL〜Vol.2〜 ラボ見学 @ペルー クスコ