夜のしげぱん@札幌ル・ミュゼ@札幌

December 11, 2018

鮨 一幸@札幌

「鮨 一幸」に行きました。

9975e9bc-s


















カウンターの壁にかかっている壁画が以前と変わりました。作家さんは同じですが、これ陶器の焼物だったのですね。その大きさには驚きます。

PC100321
















シャンパンは、ビルカルサルモン。

PC100314


















淡路の鯛は昨日締めたものですが、ピンピンしているそうで、噛みしめたときの弾力感と旨味がすごいです。

PC100309


















房州の黒鮑。

PC100310


















壱岐の鰹は海苔醤油をのせて。ほどよく脂がのっています。

PC100311
















白子

さっと蒸した白子にお出汁をかけて。ぷりっと柔らかでクリーミーにとろけます。

PC100313
















白子には寛文の雫という昔の製法で作った甘口のお酒を合わせました。

PC100315
















あん肝

余市のあん肝。

PC100316
















あん肝には仙禽ナチュール サンク。2016年ビンテージ。白ワインのようなまろやかな甘みと酸味があります。

PC100317
















かすご鯛

ふんわりとした小鯛。これを頂くとまだ真駒内時代に最初に食べた一貫で感動したのを思いだします。

PC100322
















さより

三陸のさより。

PC100323
















金目鯛

皮目を軽く炙った金目鯛。脂が回りほどよく水分が抜けてしゃりと合わさった食感がいいです。

PC100324


















青森竜飛の延縄漁の鮪。今年も鮪は高いようです。

PC100326
















赤身と中トロの間くらい。

PC100327
















大トロも綺麗な脂で美味しいです。

PC100328
















雲丹

昆布森の雲丹。

PC100329
















のどぐろ

脂ののったのどぐろを焼いて。

PC100330


















淡路の根付きの鯵は1圓らいの大きいもの。先日鈴江さんで食べた鬼アジのように身が白くて旨味がたっぷりでした。

PC100331
















赤貝

山口の赤貝。

PC100332


















2,3週間寝かせた鰤。今年の鰤はあまり良くないそうです。

PC100333
















穴子

穴子は塩で。

PC100334
















玉子焼き

PC100335
















ここからは追加ネタです。



最初に出てきた鯛がとても美味しかったので、握りにしてもらいました。

PC100336


















鰹も美味しかったので、握りで。

PC100337
















こはだ

熊本のこはだはしっかりと締めて。

PC100338
















鉄火巻

冬の鮪の鉄火巻も大好きです。

PC100340

















相変わらず安定感のあるお鮨でした。

「鮨 一幸」

北海道札幌市中央区南2条西5−31−4 スカレッタビル2F

011−200-1144



鮨を頂いた後は、ひさしぶりにBow Barへ。

秋に仕入れに行ってきたコニャックのJean Grosperrinから、Bow BarとBar Dorasのボトル詰めをしてもらったそうです。その限定ボトルで、Bons Boisの1938年とFins Boisの1969年を飲ませてもらいました。
1938年のコニャックは初めて飲みますが、マロングラッセのような甘い香りとカカオや洋梨のコンフィチュールのような優雅な味わいと長い年月を経てこなれたまろやかなコク。
1969年は、シガーのような甘苦い香りと、ダークチェリーのようなニュアンスがあり、69年も古いですが、38年と比べるとツンとしたアルコール感。余韻も深く、どちらも素晴らしかったです。

PC100344
















シュトーレンをおつまみに頂きました。

PC100346
















最後に60年代のグランマニエを。
2ℓと大きな瓶のグランマニエも貴重ですね。ビターオレンジの深い香りと甘みがいい余韻。
いつものごとく、いろんなお話に花が咲いて楽しい時間を過ごしました。

PC100348


ranmarun at 18:00│Comments(2) 寿司 

この記事へのコメント

1. Posted by Hi!   January 13, 2019 02:13
一幸お好きですね〜。
ここへは行かなくなって久しいので、
どんな感じか気になりますね ^^
2. Posted by ロン   January 13, 2019 23:33
>>1
他に行きたい鮨屋もあるのですが、ついついこちらを優先してしまい・・・今はとても美味しい鮨を握っています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
夜のしげぱん@札幌ル・ミュゼ@札幌