中華そば すずらん@恵比寿おかめ@東北沢

January 06, 2019

玄海 高島屋店@新宿

「玄海 高島屋店」に行きました。本店は新宿御苑前にあり昭和3年創業の歴史があるお店です。高島屋店も10年目くらいかな。寒い日だったので、温まる鍋が食べたいなと思い、電話すると今は満席ですが、30分後くらいには入れるとのことで入店。
新宿だと鳥源の水炊きが好きですが、本場の博多だと新三浦が大好き。ここは初訪問です。

50542012_2123356231043560_3414799411807518720_n


















まずはビールで喉を潤します。

P1060001


















ドリンクのコースターは次回これを持参するか写真画像を見せると、ドリンクか小料理一品かデザートが無料で頂けるそうです。

50822268_2123356284376888_4537050331615330304_n


















胸肉葱ポン酢和え

鶏胸肉を玉ねぎと葱とポン酢で和えて。

P1060003


















から揚げ

かりっと揚げたてのから揚げは、レモンを絞って。ビールがすすむ一品です。

P1060007


















水炊き

水炊きは単品でオーダーしました。コース料理だと80分制でお野菜の追加ができるそうです。
白濁したスープの中に一人当たり、もも肉5貫、つくね1貫が入っています。本店の元祖スープは鶏とスープだけの味わいを楽しみ、野菜や豆腐などはいれないそうです。こちらでは新味と言われる新しい仕立てのもので、野菜を入れることによりより旨味を感じることができるのだそうです。本店の元祖スープは食べたことがないのでその違いはわかりませんが、こちらの方が脂が浮いていて濃厚そうな感じ。どちらも伊達鶏を使って大鍋で5時間以上煮出しているそうです。

P1060005


















単品鍋には野菜はついていないので、野菜も単品で注文します。葱、白菜、水菜、焼き豆腐。

P1060002


















えのき。本店は野菜や麺なども置いていないそうです。

P1060012


















薬味はにんにくと赤柚子胡椒。

P1060006


















ぐつぐつとスープが煮えてきました。

P1060008


















まずはスープを味わいます。コクがありますが薄味なので、少し塩が欲しいかなとお塩をお願いしました。塩を少し足すと旨味がぐっとでてきます。私が好きな水炊きのスープは博多の老舗新三浦の真っ白で脂の浮いていない綺麗なスープ。でもコクがありくせになる味わいに何杯もスープを飲み干してしまうのですが、そこまでの綺麗なコクと旨味はなかったかな。むしろ雑味がちょっとある感じ。

P1060009


















甘い葱と水菜にもも肉とふんわりしたつくね。お肉は骨付きではないんですね。

P1060010


















ポン酢や葱も用意されているので、お好みで。

P1060011


















こちらは野菜が足されることで、そこからの旨味がだんだん足されてくるように感じます。すぐに膜をはってしまうほどコラーゲンたっぷりです。

P1060013


















水炊きを堪能した後は、〆の雑炊。スープが無くなるのを心配して飲むのを控えていたのですが、雑炊用のご飯を頼むと追いスープが足されました。なんだもっと飲んでおけば良かったな(笑)

P1060015


















おかわりは葱をのせて少しポン酢をかけて。

P1060016


















久々の水炊きでしたが、博多の水炊きも食べたくなりました。

「玄海 高島屋店」

東京都渋谷区千駄ヶ谷5−24−2 タカシマヤタイムズスクエア14F

03−6706−4967


ranmarun at 19:00│Comments(0) 和食 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
中華そば すずらん@恵比寿おかめ@東北沢