晴山@三田鳳蘭@函館

February 25, 2019

松川@赤坂

「松川」に行きました。

260578ca-s


















Guy Michel 1990


ギー・ミッシェルの90年。パリフォリの古酒が好きでよく買っていたけれど、こちらも素晴らしいです。ピノムニエ主体のコクと甘みに熟成香。

P2250124


















たいらぎと花山葵

帆立貝の器で、たいらぎ、車海老、花山葵を炭火でさっとしゃぶしゃぶ仕立てに。花山葵のピリッと辛味に貝や車海老の旨味がよく合います。

P2250125


















そら豆とばちこの飯蒸し

焼きそら豆と焼きばちこの飯蒸し。

P2250126


















おこぜのお造り

おこぜをお造りにしてくださるお店は、松川さん以外なかなかないですが、透明感あるおこぜの身には、噛みしめるほどに品のいい旨味がじんわりと出てきます。

P2250127


















赤貝

閖上の赤貝は、ひもや肝も添えて。

P2250130


















白魚の天ぷらと帆立真薯の椀

帆立真薯に白魚と蕗の薹の天ぷらをのせて。白魚の天ぷら大好きなので嬉しいです。帆立の甘みにさっくりと揚がった蕗の薹の苦みと香り、ほっこり白魚を極上のお出汁で。

P2250131


















蟹しゃぶ

前回も頂いて、美味しかった一品。レアな食感が残るくらいにしゃぶしゃぶ仕立てにした蟹の身に蟹味噌をお出汁と酢で引き伸ばしたたれの塩梅が素晴らしくて。こしあぶらの苦みがアクセント。

P2250132


















みる貝

炭火で焼いたみる貝。みる貝は焼くと旨味が凝縮します。ベルーガキャビアも添えて、旨味に旨味を重ねる贅沢な美味しさ。

P2250135


















仔鴨焼き

串に刺して焼いた仔鴨も絶品です。

P2250138


















ぐじとうすい豆

もううすい豆が出ているんですね。ほっこりとした甘みに焼いたぐじを合わせて。

P2250139


















すっぽん焼き

すっぽんの香味焼き。定番ですが、柔らかなゼラチン質とぷりっとした身がたまりません。

P2250140


















鮑のしゃぶしゃぶ

京都の鮑と淡路の若芽。

P2250141


















これをせりが入ったお出汁でしゃぶしゃぶにします。

P2250143


















せりのしゃきしゃきした苦みと鮑の旨味。

P2250144


















山芋そば

たたいた山芋にうずらの卵黄をのせた冷たいお蕎麦です。

P2250145


















鮑雑炊

鮑のしゃぶしゃぶで残ったお出汁を雑炊に。

P2250146


















甘味

蕎麦粉を焼いた生地と小豆餡。

P2250147


















薄茶

P2250148


















苺と柑橘のゼリー寄せ

P2250149


















いろんな春の食材を堪能しました。

「松川」

東京都港区赤坂1−11−6 赤坂テラスハウス1階

03−6277−7371


ranmarun at 20:30│Comments(0) 和食 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
晴山@三田鳳蘭@函館