鮨 㐂邑@二子玉川舞寿し@伊豆修善寺

March 05, 2019

也万波@伊豆修善寺

伊豆の修善寺に来ました。
前日は「修善寺マリオットホテル」に泊まり、次の日のお昼は、この時期採れる花山葵丼がどこかで食べれないかとぐぐると、駅近くに「也万波(やまんば)」という料理屋があるみたい。さっそく前日夜に翌日昼の予約を入れました。


54256304_2193793960666453_753607206707920896_n


















「也万波」
は修善寺駅から徒歩2、3分の所にありました。

53850229_2193793980666451_8059565453032292352_n


















店横には店主が書いたメッセージと鮪魂と書かれた黄色い張り紙は何かしら。

53694069_2193793993999783_132445302371123200_n


















中に入るとカウンター席と小上がりのテーブルが2卓。ご主人と女将さんが二人で切り盛りしています。
メニューの花わさびどんぶりと猪肉のオリーブオイル焼きご飯を頼みました。
ずがにうどんも気になったり。値段は昼と夜で千円ぐらい異なりますが、どの料理も副菜色々と味噌汁がついてくるセットのようです。


53916346_2193794033999779_5333805668837097472_n


















お酒は、お勧めの蔵玉しぼりたて原酒を頼みました。宮城蔵王の日本酒だそうです。

54401863_2193794103999772_4824051226133921792_n


















まずは日本酒と共に、釜揚げしらす山椒
きりっとした甘みが美味しい日本酒とちりめん山椒です。


P3050237


















うずら卵のカレー煮

なにげないアテが美味しいです。

P3050238


















花山葵の白和え

花山葵と白胡麻の香るねっとりとした白和え。

P3050239


















椎茸焼き

さっと焼いた柔らかな生椎茸は、伊豆白岩の原木椎茸。黒トリュフ塩と日本平で作っているオリーブオイルをかけて。椎茸とオリーブオイルの香りがとても良く、日本平でオリーブ園があるのも初めて知りました。

P3050241 (2)


















炊き合わせ

がんも、豆腐、こんにゃくの炊き合わせにインゲンを添えて。お皿にはお出汁がないのですが、がんもを一口食べるとその中のお出汁がかなりたっぷりじゅわっと溢れてきます。甘辛の味がしみた豆腐やこんにゃくも優しい味付け。

P3050242


















猪肉オリーブオイル焼き

陶板でオリーブオイルと焼いた猪肉は、伊豆産の2歳半の雌のロース肉で、散弾銃ではなく罠で獲ったものだそう。秋はどんぐりを食べ、冬はゆり根や山葵の芽や自然薯、春は筍を掘り出して食べるそうで、高級な食材をたっぷり食べて育った猪は脂(白身)の甘みが格別で全くくさみなどありません。

P3050243


















脂が二層になった頃が食べ頃だそうで、その段々にぷっくりとした脂を山葵と食べるのが最高です。
添えてあるクレソンのシャキッとした苦みとすりおろしたばかりのフレッシュな山葵の香りと辛味とと共に、猪の白身の甘み、赤身の旨味を堪能しました。これは丹波の猪の生産者も脱帽したそうです。
実におかわりしたいくらい美味しい猪肉でした。

P3050246


















花わさびどんぶり

P3050248


















花わさびどんぶりには、花山葵のお浸しと海苔、削り鰹、生山葵のすりおろしがのっています。

P3050247


















どんぶりの具は季節によって異なるようですが、この日は蛸でした。
ご主人が締めたという釜揚げ蛸はぷりっぷり。私は蛸好きなので、このまま山葵醤油で食べながら、日本酒を飲んだり。

P3050249


















どんぶりにのせながら食べても美味しいです。花山葵は、一年中食べられるように漬け込んで置くそうで、季節ながらもあのぴりっと爽やかな香りを期待していたのですが、辛味がなかったのが残念でした。でも生山葵が足りなかったら言ってくださいというのが嬉しいです。

P3050250


















味噌汁

わかめと油揚げの味噌汁です。

P3050251


















おこげ

最後に猪肉焼きで残った脂に、ご飯とにんにくを入れておこげを作ってくださいました。上にはわさび菜の葉を刻んだものとミックススパイス塩がかかっています。お米も地元で知人が作っているものだそうです。

P3050252


















片面をかりっと熱々に焼いたおこげは、ニンニクの香りや猪脂の甘みを吸って、香ばしく美味しい。

P3050253


















デザートは蜜柑。

P3050254


















伊豆界隈で獲れる食材を使い、アイデア溢れるメニューが色々ありました。
次回は、お魚料理や猪鍋なども食べてみたいです。


「也万波」

静岡県伊豆市柏久保544−27

0558−72−0711


ranmarun at 11:30│Comments(0) 和食 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
鮨 㐂邑@二子玉川舞寿し@伊豆修善寺