也万波@伊豆修善寺BERCE@箱根強羅

March 06, 2019

舞寿し@伊豆修善寺

「也万波」での昼食の後は、修善寺駅に戻ります。

途中わさび漬けのお店がいくつかありました。わさび漬けの撹拌機が展示されていました。

54432792_2193794113999771_5376488620033048576_n


















わさび漬けの他に、花山葵も売っていたりしました。今回はさらに別の目的地に行くので購入しませんでしたが、わさび漬けだけでもいろんな種類があるんですね。

53708099_2193794130666436_3220478078971019264_n


















そして、修善寺駅前にある「駅弁 舞寿し」に行きました。
伊豆箱根鉄道の駅前で40年以上駅弁を販売しているお店で、ご主人の武士東勢さんと80歳を超えるお母様、奥様の3人で切り盛りしているそうです。
ここでの名物の
「武士のあじ寿司」を購入しました。

54257016_2193794140666435_8199686789674303488_n


















武士(たけし)のあじ寿司 1100円

伊豆近海の地鯵、伊豆修善寺の醤油、伊豆天城の山葵、伊豆松崎の桜葉、伊豆の米を使い、鯵と味にこだわって作っているあじ寿司ということで、食べてみたかったのです。

たいていの駅弁は酸化防止剤や保存料、トレハロースなどの添加物を使っているところがほとんどなのですが、こちらは無添加で作っているのがとても嬉しいです。
踊り子号の乗車時間に合わせて作り販売しているそうで、ちょうど乗る5分前に慌てて行ったら最後の1個でした。人気のお寿司なので、確実に手に入れたい方は事前予約をお勧めします。

P3050255

蓋を開けると色艶いい美味しそうな鯵。
沼津の鯵は骨付きのまま1日塩締めしてから、塩抜きして1日酢締めしたものを骨抜きして、さらに一晩寝かせたものを販売直前に切り分けて、酢飯と一緒に箱に詰めていくそうです。
下の酢飯は白胡麻がまぶしてあり、松崎の桜の葉の塩漬けを塩抜きしたものが敷かれ、細切りにした生姜と天城産のわさびがのっています。レモンとガリをのせて。醤油がついています。

P3050256

近隣ではわりとメジャーなO軒の鯵寿司は、かなりしっかり酢で締めた押寿司なのでまあそれも伝統の味ですが、裏を見るとかなり色々添加物が入っているんですよね。
こちらは、裏を見ると「ごはん、酢、食塩、砂糖、鯵、桜葉、しょうが、わさび、レモン、ごま」と自然な調味料のみです。そして、ちゃんと鯵のフレッシュな香りを残した柔らかな酢締め加減で身の美味しさを味わうことができます。脂ののりぐあいや大きさなどは季節によっても変化しそうで、そこがまた魅力的。鮮度重視なのでこの駅でしか買うことができません。
ここのあじ寿司はまたリピしたい美味しさでした。

P3050256


















あじ寿司の他には、あじ巻寿司、い寿司、椎茸弁当、わさびいなり、助六などもあるようです。
電車に乗らなくても、もしくは待ち時間があってもお弁当を食べられるスペースがある「駅弁カフェたけし」が近くにあります。


「駅弁 舞寿し」

静岡県伊豆市柏久保631−7

0558−72−2416



ranmarun at 15:00│Comments(0) 寿司 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
也万波@伊豆修善寺BERCE@箱根強羅