豚そば 月や@福岡81@広尾

April 22, 2019

松川@赤坂

「松川」に行きました。

260578ca-s

Veuve Clicquot Trilennium 1989

1000年紀を祝うために特別にアッサンブラージュして作られたヴーヴクリコのトリレニウム。
ゴールドラベルと同様の深い黄金色に、ヴーヴクリコの熟成された旨味が反映された極みというべき一本。この後に出てくる雲丹や鮑、筍などと合う深みがありながらクリアな味わいです。

P4220001

鮑・雲丹

鮑と淡路の雲丹、トマト、すっぽんのジュレにキャビアをのせて。

P4220006

筍の飯蒸し

筍と花山椒の飯蒸し。

P4220007

お造り

まこがれいと唐津の赤雲丹。

P4220009

とり貝は七尾産。今年はこれが最初で最後かもしれない希少な産地のとり貝を頂きました。
瑞々しい香りと深い甘みと旨味。

P4220010

おこぜと賀茂茄子の椀

油通しした賀茂茄子とふっくらとしたおこぜに梅肉と柚子皮。柚子の花を添えて。

P4220011

とげ栗蟹

甲羅の中にたっぷりと敷き詰めたとげくり蟹。
毛蟹よりも濃い味わいがたまりません。

P4220013



塚原の筍は、皮のまま炭火で1時間近く焼いて。

P4220014

熱々の筍は、そのままか塩で。
えぐみがない綺麗な筍は焼くのが一番美味しいです。

P4220015

とり貝

炭火でさっと焼いたとり貝とばちこ。そら豆を添えて。

P4220016

桜鱒

桜鱒は皮を除いて燻香をつけて焼き、花山椒をのせて。

P4220018



以前はかりかりに焼き過ぎていましたが、今回のしっとり香味焼きの方が好みです。

P4220019

貝しゃぶ

みる貝、とり貝、うど、こしあぶら。

P4220020

これらをお出汁でしゃぶしゃぶにします。

P4220021

花山椒と共に味わいました。

P4220023

蕎麦

氷の器の蕎麦に山芋たたきとうずら卵黄、四万十川の青海苔をのせて。

P4220024

伊勢海老

伊勢海老と筍と花山椒の炊きもの。

P4220025

白魚のかき揚げ

白ご飯にのせ、伊勢海老の炊きもののお出汁をかけて、天茶どんぶり風にして頂くと最高。

P4220026

デザート

葛切りと黒蜜に白玉と小豆餡をのせて。

P4220028

薄茶

P4220030

宮崎マンゴーとさくらんぼ。
もうさくらんぼがあるんですね。赤色も濃くて甘いさくらんぼでした。

P4220032


「松川」

東京都港区赤坂1−11−6 赤坂テラスハウス1階

03−6277−7371


ranmarun at 20:00│Comments(2) 和食 

この記事へのコメント

1. Posted by Hi   May 04, 2019 00:21
塚原の筍は旅ができないのですが、松川さんだとえぐみも少なくて良さそうです。
1、2時間で送れるようになればえぐみも少なくてすみます。
2. Posted by ロン   May 04, 2019 00:34
>>1
どういうルートで入手しているのかはわかりませんが、松川さんの焼き筍は、塩もいらないくらい甘みがある綺麗な味で、瑞々しいです。姫皮も美味しいので、しごいて食べました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
豚そば 月や@福岡81@広尾