リストランテ・ラ・バリック@江戸川橋ヴァリアンテ@向ヶ丘遊園

April 28, 2019

晴山@三田

「晴山」に行きました。

1148861_579450128767519_2045314293_n

R.Pouillon Premier Cru  2009 

シャルドネとピノノワール50%。ビオデォナミの造りで、軽やかな泡と黄桃やアプリコットの果実味。

P4280001

蛤と野芹

蛤に野芹の白和え。刻んだうどや、出汁酢ジュレ、花穂紫蘇。
野芹の苦みが合わさると蛤の貝味をすっきりと食べさせてくれます。

P4280004

あさりの沢煮椀

愛知梶島の浅利はぷっくりとした大きな身で、その浅利の白濁したお出汁と茗荷や葱、うるいなどの沢煮椀。こちらも同様いろんな薬味がアサリのえぐみをすっきりと食べさせてくれ、アサリの旨味や甘みを十分に感じました。

P4280005

お造り

宮城のまこがれいと宮城のムラサキウニ。
おろし葱ポン酢か醤油で頂きました。

P4280006

まこがれいのえんがわは、味噌漬けにして。
ぴりっと一味をきかせて、お酒のアテになります。

P4280007

日本酒は蒼空 美山錦
米の旨味とすっきりとした味わいで大好きな日本酒です。

P4280009



浜名湖の鰻は地焼きにして、ぱりっと脂がのっています。下に甘めの温かい酢飯をはさんで、鰻寿司に。こごみの素揚げを添えて。

P4280010

あまごの塩焼き

郡上吉田川の天然あまごの塩焼き。そら豆餅を添えて。
あまごを釣る漁師さんは、郡上には二人しかいないそうで、1日20数尾しか獲れない希少なものだそうです。
虫を食べているので内臓は取り除き、じっくりと時間をかけて塩焼きにしてくださいました。
頭から骨までさくっと食べることができ、イワナにもない上品な身の美味しさがあります。

P4280012


稚鮎と山菜の天ぷら

敦賀の遡上前の天然海産稚鮎は、軽く衣をつけて揚げて。
高山のこしあぶらとたらの芽の天ぷら。
内臓の苦みや身の濃い旨味は天然海産ならではの美味しさです。

P4280014

昨年もこの時期頂いてとても美味しかったので、嬉しいおかわり。
成熟した鮎よりも綺麗な内臓の旨味がくせになり、いくらでも食べられる美味しさです。
また個体差があるのも面白いです。

P4280016

蛸のから揚げ

敦賀の蛸は、炊いて柔らかく味を含ませてから、から揚げに。
以前よりも身がしっとりと仕上がっています。トマトを添えて。

P4280017


熊と花山椒

月の輪熊と白葱と花山椒のしゃぶしゃぶ仕立て。
花山椒の料理では、この組み合わせが最高だと思います。
たっぷりの熊肉と花山椒を使ってくださり、さっぱりとしたお出汁も美味しいです。

P4280020

ホタルイカと筍の炊き込みご飯

大好きなホタルイカと筍の炊き込みご飯に花山椒を散らして。

P4280021

美味しかったけれど、お腹いっぱいだったので、一杯だけ頂いてお持ち帰りにしました。
炊き立てはちょっと甘醤油な味付けが濃い気がしましたが、味がなじんだ頃に夜食で頂くと丁度いい感じでした。

P4280022

デザート

せとか、苺、パッションフルーツのデザート。
クリームやムースを使ったものは食後重いのですが、フルーツたっぷりのデザートは好きです。

P4280024


「晴山」

東京都港区三田2−17−29 グランデ三田 B1F

03−3451−8320





ranmarun at 20:30│Comments(3) 和食 

この記事へのコメント

1. Posted by Hi   May 10, 2019 00:43
相変わらずの安定感ですよね。
和食も各地に面白いお店がたくさん出てきていますね(笑)
2. Posted by ロン   May 11, 2019 00:25
>>1
最近和食は新規開拓していないので、お勧めのお店はありますか?
3. Posted by Hi   May 11, 2019 21:52
コメント欄でご紹介できないのが、残念ですけど、増えましたよね ^ ^

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
リストランテ・ラ・バリック@江戸川橋ヴァリアンテ@向ヶ丘遊園