Sio@代々木上原くろ崎@渋谷

May 18, 2019

トラットリア トマティカ@恵比寿

「トラットリア トマティカ」に行きました。

恵比寿駅から徒歩10分の住宅街にあるイタリアン。
ピエモンテ出身のイタリア人スペルティーノ・ファビオさんと日本人の奥様で営まれています。
3年振りの訪問。

61180982_2301383533240828_2601995955054051328_n

日本に来て20年目のシェフは、毎年イタリアの地方のワイナリーを訪れながらレストランを回る旅をしているそうです。店名のトマティカは、ピエモンテの方言でトマトのこと。イタリア語では、ポモドーロだと男性名詞になりますが、方言のトマティカは女性名詞に変わります。
ご自宅に招かれたみたいなアットホームな雰囲気とマンマ的なお料理が魅力のお店です。

61069083_2301383556574159_8621662928459792384_n


まずはスプマンテ。

P5170034

お料理はおまかせコースのみで、仕入れた食材や訪れた回数にもよって、同じ料理は出さないようにしているそうです。

フォカッチャ

セミドライトマトとフェンネルシードをのせて焼いた自家製フォカッチャ。
ここのフォカッチャは、小麦のいい香りと適度な弾力感が美味しくて、これだけでスプマンテがすすむ美味しさ。もっと食べたいくらいですが、帰りにお土産にもたせてくれました。

P5170036

イタリアから届いたばかりの、バッサーノ産のホワイトアスパラガスは、認定マーク付きのタグとストロッパという柳の若枝で巻いてあるのがブランドの印。後で調理してくださいます。

P5170037


フィノッキオのインサラータ

ざく切りにしたフィノッキオ(フェンネル)と愛媛宇和島のタロッコというブラッドオレンジにボッタルガ(からすみ)とイタリアンパセリ、オリーブオイルをかけたサラダ。
シチリアの冬から春にかけた料理ですが、しゃきしゃきと食感のあるフィノッキオの苦みと宇和島のブラッドオレンジの甘みと酸味にボッタルガの旨味となじむオリーブオイル。
実はセロリっぽい食感と独特の風味が苦手なフェンネルですが、シェフの仕立ては絶妙なバランスで、むしろ好物になるくらい。

P5170040

Saglietto Roero Arneis  2011  Malvira

ピエモンテのアルネイスを使った樽感のある白ワイン。
琥珀色のリッチでまろやかな果実味は、メインまでの変化でしっかりと味わうことができました。

P5170041


コベルトのパンやグリッシーニも自家製です。

P5170042

バッサーノ産ホワイトアスパラガスのミラネーゼ

先ほどのホワイトアスパラガスは茹でたものに、目玉焼きと焦がしバター、胡椒、パルミジャーノをかけて。

P5170043

半熟の目玉焼きの黄身をくずしながら、細かく混ぜ合わせたソースで食べるのがミラネーゼ。
柔らかな甘みが絶妙なホワイトアスパラガスは、もっと食べたかったな〜。

P5170044

海の幸ラグのタリオリーニ

赤海老、やりいか、ムール貝のラグーとズッキーニのタリオリーニ。
魚介の旨味がしみたタリオリーニがとても美味しくてワインがすすみます。

P5170048

ソレント風のニョッキ

トマトソースとモッツァレラチーズをのせてとろりと溶けるまでオーブン焼きにし、バジルをのせたソレント風のニョッキ。もっちりとしたニョッキと溶け合うトマトソースやモッツァレラにバジルやオリーブオイルの香りが、これまたワインを誘う一品です。

P5170051

ホンマスのムニエル

北海道江差の活〆の本マスは、大粒のケッパーとレモンオイルでムニエルにして、広島のレモンピールとイタリアンパセリ。下には、ジャガイモのピュレを添えて。オリーブくらいの大きさのケッパーが美味しくて聞くと、シチリアのサリーナ島産の塩漬けのものだそうで、シチリア本土より一回り以上大きく実るのだそうです。

P5170054

ジェノヴァ風牛ホホ肉の煮込み

牛ホホ肉と炒めた玉ねぎを香味野菜や白ワインや香辛料とじっくり煮込んであります。
とろとろに溶けた玉ねぎの甘みと、フォークで切れるくらいに柔らかくなった牛ホホ肉がとろけます。
ナポリの伝統料理を堪能しました。

P5170060

ヘーゼルナッツのセミフレッド

シェフの弟さんがイタリアで作っているヘーゼルナッツを使ったセミフレッド。
ヘーゼルナッツをたっぷり使ってあり、その香りが豊かで濃厚な味わいです。

P5170061

パン・ディ・スパーニャ・パル・チッタ

パン・ディ・スパーニャは、直訳するとスペインのパンですが、イタリアではスポンジケーキのこと。ラム酒を入れたカスタードクリームをはさんだスポンジにチョコレートと粉糖をかけたドルチェです。
チッタは街や都市という意味なので、ラム酒やチョコレートを使ったリッチな街のケーキということなのかな。チョコレートソースで描く遊び心がある盛り付けがまたいいですね。

P5170062

食後はコーヒー。

P5170063

そして、広島の無農薬レモンで作っている自家製のリモンチェロも頂きました。
サッカーボールの形をしている瓶が素敵。

P5170064


アットホームな雰囲気の中で、気さくなシェフと優しいマダムがもてなしてくださるお料理は、どれも美味しくてほっとする味わいです。


「トラットリア トマティカ」

東京都渋谷区恵比寿南2−17−5

03−6351−6508


ranmarun at 18:30│Comments(2) イタリアン 

この記事へのコメント

1. Posted by イタリア小僧   June 09, 2019 22:07
ホワイトアスパラが美味しそう。可愛いお店ですよね。お元気そうでなにより。
2. Posted by ロン   June 11, 2019 00:55
>>1
フランスでもホワイトアスパラ食べる予定です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Sio@代々木上原くろ崎@渋谷