Le Goyavier@パリLa Condesa@パリ

June 05, 2019

Pertinence@パリ

「Pertinence」に行きました。
昨年の6月から2度目の訪問。
日本人の内藤さんとマレーシア人のクェンさんのお二人のシェフが料理を作っています。
前回の訪問記はこちら

385d8108

大きなガラス張りのドアを開けると、奥に厨房があります。
壁の細木のデザインなど、内装は船のデザイナーの方が設計したそうです。

P6050045

Dosnon

まずは、シャンパンから。
綺麗な樽感とミネラル感。

P6050046

De Venoge Princes Rose

苺やチェリーのフレッシュな果実味のロゼ。

P6050047

共に頂きました。

P6050048

グジェールと。

P6050049

そして、この日のワインを選ぶと床の円形の窓が開き、螺旋階段で降りる地下のワインセラーからワインを持ってきてくれました。カッコいい造りです。

P6050051


Chassagne-Montrachet 2011 Genot Boulanger

品のいい樽感とバランスのいい味わい。
ちょうど日本を発つ前に飲んだ造り手のワインですが、こちらはラスト1本だとか。
後でデキャンタージュしてくれます。

P6050052

Petits Pois

プティポワのスープ。
人参とビーツのチップをのせて、中にキウイのジュレが隠れています。

P6050053

パンは前回と変わったなと思ったら、前に使っていた近くのパン屋と変えたそう。
バターも美味しいです。

P6050055

White Asparagus & Langostines Royale

スコットランドのランゴスティーヌとランドのホワイトアスパラガス。
フランス産Neuvicのキャビアを添えて。
しっかり焼き切ったランゴスティーヌの火入れが素晴らしく、焼いたホワイトアスパラガスはしゃきっと生感がある食感。白味噌のクリームと昆布、鰹出汁のジュレで。

P6050057


White Asparagus &Green Asparagus 

ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスに温泉卵。
パルミジャーノのパルマンティエとリーキ、ポテトチップス。
岩塩を所々に利かせて。

P6050059

Ris de veau &Fois Gras

リードヴォーとフォアグラのパイ包み焼き。
事前にお願いしていたスペシャリテの料理です。

P6050063

その断面は、きっちり詰まったリードヴォーとフォアグラ、ほうれん草。
リードヴォーやフォアグラの産地もこだわった生産者の上質のもの。
その仕込み工程を聞くと、3日かけたそうです。手間がかかってこその味わい。

P6050062

ここに特製のソースをかけます。

P6050065

サクサクのパイ生地の中に、むっちりとミルキーなリードヴォーとしっとりしたフォアグラ。
ほうれん草が入っていますが、全く隙間のない完成度にびっくり。
そして、クラシカルなソースは、おかわりするほど美味しくて、丸々一個ぺろりと完食です。

P6050069

付け合わせのサラダもいいアクセント。

P6050066

デキャンタージュしたワインも黄金色のふくよかな味わいに。

P6050070

Fromage

フロマージュも頂きました。
お勧めのカマンベールが美味しくて。
ロックフォールのムースと梅干しのキャラメルも。

P6050072


Lemon Tart & Meringue

デセールは、レモンクリームとメレンゲ、ブラッドオレンジのソルベをのせたタルト。

P6050071

コーヒーとプティフール。

P6050073

連日真夏日のパリだったようですが、この日は雨模様で肌寒いくらいの天気。
パイ包みを頂くには、丁度いい気候でした。
また伺いたいと思います。


「Pertinence」

29 Rue de l'Exposition 75007  Paris ,France

01 45 55 20 96

restaurantpertinence.com





ここで出しているパンが美味しかったので、帰りにそのパン屋へ行きました。
レストランからも1,2分の所にあります。

64246328_2340679252644589_1416147723622547456_n

ここのサンドイッチを購入しました。
朝ごはん用に2日続けて買いに来たくらい。

64632112_2340679239311257_1244819833212633088_n

こちらがハムとチーズのバゲットサンド。
チキンサンドイッチにはサラダもついてきます。
やっぱりフランスのサンドイッチは美味しいですね。

P6050110




ranmarun at 12:30│Comments(0) フレンチ | フランス

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Le Goyavier@パリLa Condesa@パリ