旬楽@中目黒中村藤吉本店 銀座店@銀座

July 28, 2019

sasuga 琳@銀座

「sasuga 琳」に行きました。

銀座流石の暖簾分けのお店です。
前日から両親が隅田川の花火大会を観に上京していて、翌日はお蕎麦が食べたいというので、こちらへ。両親は帝国ホテルに泊まっていたので、銀座界隈で日曜日営業している蕎麦屋を探して、こちらに予約を入れました。

67661048_2429753880403792_3294099517846061056_n


コース料理もありますが、アラカルトで頼みました。

両親は冷たい韃靼そば茶を、私は白ワインをグラスで頼んで、付出しは枝豆のすり流し。
枝豆の香りと爽やかな甘みです。

P7280021


にしん炊き

山椒の実と共にしっとりと甘辛に炊いた鰊。

P7280022


もろみ豆腐

もろみ味噌に漬けた豆腐は、お酒のおつまみ的な濃厚な味。
両親は普通のお豆腐を想像していたみたいですが、予想外ですみません。

P7280024



桜海老のかき揚げも名物ですが、両親が食べました。
私は海老殻アレルギーがあるので、本店よりも軽めの衣で海老はしっとりと柔らかく揚げてあった印象です。
桜海老は近年駿河湾でも獲れなくなってきているので、希少な一品。



冷やかけそば

夏季限定のひやかけは食べてみたい一品でした。
細打ちの十割蕎麦に、薄味のつゆをぶっかけにした名物蕎麦。
さっぱりとしたお出汁に、しこしこつるっととコシがありながらなめらかな舌さわりの十割蕎麦がシンプルになじみ、最後の一滴まで飲み干せます。

P7280027


半分くらい食べたところで、薬味の梅おろしをのせると、さらにきりっと引き締まります。

P7280026


両親は、炙り鴨南蛮蕎麦を食べました。
厚切りの炙り鴨と炙り葱がたっぷり入った、甘めのつけつゆと細打ち十割の蕎麦。
蕎麦湯は少しとろりとポタージュ系です。

蕎麦の実をのせ、磨宝卵GOLDという卵を使った濃厚なプリンも名物なようですが、この後他に甘味を食べに行く予定なので、今回はパスしました。


「sasuga 琳」

東京都中央区銀座1−19−12 銀座グラスゲートB1F

03−3567−0188




ranmarun at 12:00│Comments(0) 蕎麦 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
旬楽@中目黒中村藤吉本店 銀座店@銀座