カレーの惑星@下北沢クラフタル@中目黒

August 16, 2019

テピート@下北沢

「テピート」に行きました。

下北沢と東北沢の間の住宅街にあるメキシコ料理のお店です。
シェフは、日本人の滝沢久美さん。幼少より、母から表千家の茶道を学び、母と娘の三代で、茶道・茶事教室を主宰。数江瓢鮎子氏のもとで、茶事・懐石を修業。その後、目黒の竹亭でフランス料理を、メキシコ人シェフのガブリエル氏にメキシコ料理を学び、2006年に「テピート」を開店したそうです。

68860373_2461791300533383_3232352246205251584_n


一軒家を改装したお店で、扉を開けると玄関には、大きな写真が飾られていました。
お聞きすると、今は亡き旦那様のチューチョ・デ・メヒコは、その昔有名だった「トリオ・デルフィネス」のメンバーのミュージシャンだったそうです。解散後、日本でソロ活躍の場を移した彼の為に、故郷の味を食べさせたいとメキシコ料理を学び、作り始めたそうで、店名の「テピート」は、彼の出身地。メキシコシティの少し治安が悪い町ですが、そこで生まれた彼の音楽は、優しさと哀しさと美しさがあり、その原点である町の名前を店名にしたそうです。

68756341_2450972148281965_2219813332511096832_n


2階に上がると、鮮やかな色彩のクロスが敷かれたテーブルと椅子。

68913302_2450972178281962_8863314564675010560_n

棚には、テキーラの瓶やメキシコの雑貨がいろいろ飾ってあります。

68886323_2450971704948676_1362598595362029568_n


ドリンクは、メキシコのビールやオリジナルカクテルが豊富で、テキーラソムリエの資格を持つ滝沢さんが揃えているテキーラはなんと100種もあるそう。

今回は、テキーラベースのカクテルを頼みました。

手前が「パローマ」
メキシコではポピュラーなテキーラをグレープフルーツジュースで割ったカクテルです。

奥は「コーヒーテキーラ」
コーヒーとテキーラに泡立てたミルクを合わせ、濃厚なカルーアミルクのような味です。
そういえば、カルーアもメキシコ原産のリキュールでしたね。

P8140089


ナチョス

お通しでナチョスが出てきました。
トルティーヤチップスの上に、アボカド、トマト、サルサ、チーズなどをのせたTEXMEXの代表的なおつまみです。テクス・メクスは、メキシコ風のアメリカテキサス料理。本場のメキシコではこういう料理は出てきませんが、日本ではテクス・メクスの料理がメキシコ料理として馴染んできたので、受け入れやすい定番のものですね。

P8140086


ソパ・デ・ポジョ

メキシコのスープというとポソレが有名です。メキシコでも食べましたが、具沢山でボリュームがあるので(実は2軒目だったので)、軽めのソパ・デ・ポジョを頼みました。
9時間煮込んだという鶏肉のスープ。
中にはレタス、トルティーヤチップス、トマト、アボガド、チーズと、ナチョスの具材とかぶりましたが、化学調味料などは一切使わないというあっさりとした優しい鶏のお出汁に癒されます。

P8140092


タコス・デ・コチニータ・ピビル

最近は日本でもメキシコ料理のタコスのお店が増えて、テクス・メクスのシェルタコス(揚げた硬いトルティー)ではないお店も出てきましたが、こちらでは、10年以上前から、メキシコでは各家庭にあるトルティーヤプレスを使った自家製生地を一枚づつ丁寧に焼いたもの。

「コチニータ・ピビル」は、豚肉をアチョーテという香辛料に漬け込んで蒸し煮したスパイシーポークで、カンクンやユカタン半島の郷土料理。オレンジジュースを煮込むとデカルニータスというもう少しふっくら柔らかな煮込みになります。
ほぐした豚肉と赤玉葱、コリアンダーをのせて。ここにメキシコでは、辛いサルサをのせてライムを搾ったりするので、その方が好みですが、これはこれでメキシコ料理初心者でも食べれるようにアレンジしてありました。

P8140102


次のカクテルは、「リンダ メヒカーナ」
プレミアムテキーラをハイビスカスのジュースで割ったテピートのオリジナルカクテルです。
甘酸っぱいハイビスカスジュースがテキーラの香りを引き立てます。

P8140098


アラチュラ

牛ハラミのステーキに、豆煮込みとサルサ、ライスを添えて。

P8140094

ライスと一緒に食べてもいいし、焼きたてのトルティーヤに包んで食べると最高です。

P8140097

最後のカクテルは、「ミドリータ」
プレミアムテキーラと最高級の濃茶を使い、シェーカーで泡立てたカクテル。
通常のカクテルの2倍くらいお値段がするのですが(それでも1500円)、茶道のマスターでもある店主が選んだ最高級の抹茶を使っているので、そのまろやかな甘みと苦みに、テキーラの香りが合わさる和テイストが素晴らしいです。
これもここでしか味わえないオリジナルカクテルで、食後にさっぱりとします。

P8140100


メキシコの家庭料理を日本人向けにアレンジした優しい料理。
この日は数品しか食べませんでしたが、日本ではなかなか食べられないメキシコのサボテン料理や、その他のメニューも色々あります。
月に数回、メキシコ音楽のイベントもあるそう。


「テピート」


東京都世田谷区北沢3−19−9

03−3460−1077




ranmarun at 19:00│Comments(0) メキシコ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カレーの惑星@下北沢クラフタル@中目黒