雅叙園@目黒八芳園@白金

August 26, 2019

庭園美術館@白金

さて、次はどうしよう。
夕食まではまだ時間があるし、雨も降っているし。

近くの「庭園美術館」に行くことにしました。
ここは、1933年(昭和8年)に、朝香宮廷として建てられたアールデコ様式の本館の建物や内装自体が美術品で、周りの緑豊かな庭園が調和したユニークな美術館です。

アンリ・ラパンの建築やルネ・ラリックの照明、レオン・ブランシュの大理石レリーフなどが施されていますが、シンプルな装飾性。
朝香宮一家が皇籍離脱した後、1947年から1950年までは、吉田茂によって外務大臣公邸として使用され、1955年から白金プリンス迎賓館として開業し、1974年からプリンスホテルの本社として使用された後、1981年末に東京都に139億円で売却。
1983年に都立美術館の一つとして、一般公開されたそうです。
2011年から改修工事のため長期休館。2014年には新館が完成し、2018年に全面総合開館しました。

th


エントランスから、大広間に入り、次室にある香水塔。
朝香宮廷時代には、この上部の照明部分に香水を入れて、デフューザーとして使っていたそうです。
アンリ・ラパンの作品のセーブル磁器。

69530528_2473476749364838_2158975571734822912_n


大客室には、幾何学的にデザインされた花のモチーフのレリーフガラス。
銀引きフロスト仕上げのエッチングガラスがはめ込まれています。

69499947_2473476796031500_3492994849118879744_n


そこから続く大食堂へ向かうレリーフガラスも素晴らしい。

69276029_2473476822698164_7043122461310713856_n


大食堂は、大理石の壁と暖炉。
レオン・ブランシュの銀灰色の壁のレリーフの見事なこと。

69139507_2473476922698154_8363059872371048448_n


上を見上げるとルネ・ラリックのパイナップルとザクロのデザイン。

69490170_2473476859364827_245248667030650880_n


ラジエーターカバーには、魚介をモチーフにした装飾が。

69478031_2473476946031485_1132391891644448768_n


こちらは、喫煙室的な感じかしら。
アートな椅子や寄木造りの床。大理石の暖炉。

69546642_2473477112698135_8798026165513093120_n

この大理石の暖炉も素敵。

69304772_2473476996031480_6326791292944646144_n


壁や暖炉、床などに使われている大理石は、世界中から色んな大理石を集めたそうです。
そのサンプルが展示してありました。

69495834_2473476999364813_7330538515958071296_n


この後、2階、3階に上がり、殿下や若宮の寝室がありますが、そこは開放されていなくて、書庫や書斎、浴室など。
あと最上階には、ウインターガーデンという通常は非公開の温室ルームもありました。

新館のミュージアムでは、1933年の室内装飾をテーマに、書斎のデスクやソファーなどの調度品が色々。当時の木材やタイル、壁紙、家具などと、その当時関わった職人や企業なども細かく明示されています。

69313111_2473477129364800_7002842243669164032_n

ラリックの乳白色の花器が存在感を放っていました。

69543304_2473477096031470_5327838537628778496_n



さて、雨が上がったので、外の庭園へ。

map



69224918_2473477272698119_7903121514088628224_n


池がある日本庭園です。

P8230131

松と池

69458449_2473477332698113_3376009839875457024_n


この時期は特に緑が生い茂っています。

69903995_2473477482698098_6757843651109322752_n


楓の木の緑も鮮やかです。
秋には紅葉し、緑と赤のコントラストも綺麗なのでしょうね。

P8230132


ここから見える洋館。

P8230130


そして、茶室。時折小雨が降ります。
池には鯉が泳いでいます。

P8230134
P8230138

繊細に広がる雨紋が綺麗。

P8230152-2


西洋庭園は、広々とした芝生が広がっていました。

69077115_2473477219364791_6323038569564733440_n



「庭園美術館」


東京都港区白金台5−21−9

03-3443-0201





ranmarun at 16:00│Comments(3) 旅行 

この記事へのコメント

1. Posted by Hi   September 09, 2019 00:46
料理は⁉(笑)
2. Posted by Hi   September 09, 2019 20:09
このカテゴリーも良いですね。
私も美術館や庭園が好きなので。
3. Posted by ロン   September 10, 2019 02:54
>>2
たまに料理がない記事も書くんですよ。
本当は京都に行った時にも色々庭園を回ってみたいのですけどね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
雅叙園@目黒八芳園@白金