晴山@三田鮨 うえだ@神戸三宮

October 21, 2019

高柿の鮨@水天宮前

「高柿の鮨」に行きました。


465440a8


平目

利尻の平目からスタート。
少し厚めに切った平目のぶりっとした食感。
今回は温かめでなくあらかじめ常温に戻したシャリを、自然な温度で合わさる一貫目。

PA210141


すみいか

東京湾のすみいか。
表面に切れ目を入れて、わざと甘みを出すような食感。

PA210142




宮城の塩釜の鮪は160圈
少し赤身の肉質が濃くなってきました。

PA210143



中トロは、きめ細かなサシとしっとりとしたなめらかさ。
赤身寄りの酸味もあり、これがシャリと合わさるとベスト!

PA210144


大トロは少し筋もありますが、シャリと咀嚼すると旨い。

PA210145



こはだ

天草のこはだは、しっかりと締めた3日目。
骨からの旨味を溶かし、脂を切るような絶妙な締め具合です。

PA210146





煮蛤は少し硬いかな。個体差だと思いますが。

PA210147


ぶり

北海道の鰤は、船上血抜きしたものですが、綺麗で適度な脂の旨味。

PA210148



赤貝 

宮城渡波の赤貝。
小振りながらも肉厚で、ヒモも一緒に握って。

PA210149


車海老

このサイズの車海老が好きです。

PA210150


穴子

ふんわりとしたした穴子に甘さを抑えた煮詰め。

PA210151


かんぴょう巻

PA210152


追加ネタで雲丹

浜中の雲丹。

PA210154


三つ葉巻

直前にさっと湯がいた三つ葉を巻いて。

PA210155


また来月に行きますね。


「高柿の鮨」

東京都中央区日本橋蛎殻町1−30−2

03-6231-0923


ranmarun at 12:00│Comments(0) 寿司 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
晴山@三田鮨 うえだ@神戸三宮