松川@赤坂晴山@三田

January 18, 2020

シュシュ@渋谷

「ChuChu」に行きました。

自然派ワインとフランス郷土料理のお店です。
オーナーシェフの片野祐介さんが2016年にオープンしました。

83284814_2766584846720692_1471074561427505152_n


黒板メニューの前菜は、キャンテーニュ的なシンプルなラインナップで、ワインと共にどれも食べたいものばかり。

83040411_2766584926720684_6883957183843663872_n

温かい料理もいろいろ食べたいものがあるなあ。
迷います。

83154421_2766584930054017_7537741903119253504_n

この日のお勧め料理。
ここからも数品選びました。

82603255_2766585050054005_573817096853520384_n


Menti 2018 

イタリアのガンベッラーラの微発泡のワインからスタート。
ガルガネーラ100%で、少し白濁したレモンイエロー。
レモンやグレープフルーツの柑橘の香り。抜栓して1日置いているので、酸もまろやかでグレープフルーツジュースのように飲みやすく、優しいミネラル感。

P1150047


ラギオールのカトラリーは、結構年期が入っています。

P1150057


群馬新タケノコのフリット

まだ小さく出始めの群馬の新タケノコ。
流木と切り株の器にのせた盛り付けが面白いです。

P1150049

香ばしく素揚げして、しゃきっとした食感。

P1150052


フランスのロワールでワインを造っている新井順子さんが、冬は日本酒造りをしているのですが、その日本酒造りに心を打たれたフランス最高峰のビネガーメーカー ナタリーが作った日本酒ビネガー。
順子さんの無農薬の純米酒で作ったビネガーです。日本の米酢よりもきりっとしながらくせがない酸味。タケノコにつけるとさっぱりとします。

P1150055



Pierre  Frick Pinot Blanc 2018


アルザスの自然派の先駆者ピエール・フリックのピノ・ブラン。
和梨や蜜りんごのような香りにすっきりとした優しい甘みとミネラル感。

P1150059


地ダコとアボカドのバスク風

地ダコとアボカドを自家製マヨネーズとピマンデスペレット(バスクの赤唐辛子パウダー)で和えて。
ぴりっと旨味のある唐辛子がアクセントで、ワインがすすみます。家でも今度おつまみに作ってみよっと。
タコつぼのような器と小石を敷き詰めた盛り付けも面白いです。

P1150056


パンは、コベルト500円で、いろんな自家製パンが出てきます。
まずはカンパーニュ。こちらのカンパーニュは酸味が少ないので、食事にも合い、タコとアボカドを和えたマヨネーズが美味しくて、それをぬぐいながら頂きました。

P1150054



Chateau Renard Arbois 2015 Domaine de Saint Pierre

ジュラのシャルドネ。
レモンやローズマリー、ナッツの香り。
これも抜栓してから少し置いてあるので、酸が穏やかになり、ミネラル感がくっきりと出てきて、飲みやすく綺麗な余韻です。

P1150064


本白子のクリームグラタン

鱈の白子とベシャメルソースに、蟹味噌や甲殻類のソースとチーズをかけて焼いた熱々グラタン。
ぷりっとクリーミーな白子に蟹味噌や甲殻類の旨味とチーズが溶け合い、美味しいです。
これもワインがすすみますね。濃厚な味わいなので、赤ワインでもいいかも。

P1150060


パンは、ガーリックバターを練りこんで。
グラタンのソースをぬぐいながら。

P1150062


平目のエスカベッシュ

青森の平目のエスカベッシュ。
パプリカや人参などのピクルスと共に、濃厚な料理の後にさっぱりと。

P1150065


パンは、有糖バターを練りこんだ自家製食パン。
甘くミルキーな香りとふわふわの食感のパン。

P1150066



Cote du Rhone Rouge Canne 2017 Aurelien & Charlotte Houillon

グルナッシュ70%、シラー20%、サンソー10%。
深いルビー色に、苺やブラックベリーのジャム、ドライイチジクなどの果実味とビターカカオや黒葡萄の風味に、ざらつきのない繊細なタンニン。エレガントで落ち着いたコクと余韻が素晴らしいです。
現行のものは最後の1本で、後は熟成に回していくそうなので、貴重な一杯を頂きました。

P1150071


長萩和牛ランプ肉のロースト

山口県萩市の長沢台生産組合の牧場で育てている黒毛和牛の長萩牛のステーク・フリット。
近隣農家からの稲藁をエサにして、牛の堆肥を田畑に返すという循環システムで育てているそうです。
そのランプ肉を網焼きして、ポムフリットとマスタードマヨネーズ、サラダを添えて。

P1150069


長萩牛は初めて食べましたが、赤身のランプ肉にも適度なサシが入っていて、その脂は綺麗な味わい。
弾力がある肉質の中に、赤身の旨味とさらっとした脂が溶け込んで、美味しい牛肉でした。
皮付き細切りのポム・フリットも好みの揚げ具合。

P1150073


ちなみに店名の”Chouchou"とは、フランス語で「お気に入り」のこと。
居心地がいい空間と美味しい料理とワインに、私もお気に入りのお店の一つになりました。
また再訪したいです。


82222345_2766584973387346_6086537685764145152_n



「Chouchou  シュシュ」

東京都渋谷区桜丘町30−10 青野ビル1F

03−6416−3868






ranmarun at 18:30│Comments(0) フレンチ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
松川@赤坂晴山@三田