鮨 唐島@福岡ヌワラエリヤ@福岡

February 14, 2020

メゾン・ラフィット@福岡

「メゾン・ラフィット」に行きました。

a09d02b9


シャンパンは、ドラピエでスタート。

P2120270



かぼちゃ・雲丹

最初のアミューズは、かぼちゃのスポンジをディハイドレーターで乾燥させ、サクサクの生地に、志賀島の雲丹とマリーゴールドの花びらをのせて。

P2120269


鹿のパイ包み

嘉麻市の鹿肉を煮込んで、一口サイズのパイ包みにし、カレー風味。
シャンパンがすすみます。

P2120271


馬肉・ジャガイモ

熊本の馬肉は、ガーリックオイルやアリッサ、松の実、シブレットなどとタルタル仕立てに。
ポワローと新じゃがのムースに、菊芋のチップスをのせて。

P2120273


Chablis 2015 Domaine Alain Mathias

青りんごやグレープフルーツの果実味に乳酸のニュアンスがあり、蜂蜜やナッティな香りもほんのりと。

P2120275


牡蠣

長崎小長井の牡蠣は、57度で蒸すように火入れし、ドライトマトや胡瓜、タスマニアの粒マスタードを添え、朝倉の玄米酢と柑橘の泡。

P2120277


オマール海老・カリフラワー

ほのかにバニラ香るオマール海老とカリフラワーのベニエ。
キャビアと砕いたアーモンド、タイムやオゼイユのスプラウトをのせて。

P2120280


Wwe.Dr.H Riesling Ausⅼese 2012 Bernkasteler Badstube Dr.H.Thanisch

甘口のリースリング。
はつらつとしたりんごのような酸味と果実蜜。

P2120281


ヤーコン・安納芋・つくし

那珂川名産のヤーコンをソテーして、安納芋のクリームと八朔。
実家で採れるつくしのフライやマカンボ、ピスタチオ。
ヤーコンは、みずみずしい梨のような食感ですが、炒めることにより水分が抜けて、大根のような食感と甘みに。つくしの苦みやナッツの香りと安納芋の甘みが合わさり、ワインと共に。

P2120282


クロワッサンデニッシュ

いつもは自家製パンですが、今回は、博多南駅近くの「Pain du jour パン・ド・ジュール」というパン屋から。

P2120285


球体に巻いてサクサクと香ばしく焼き上げたクロワッサン生地の中には、ブリオッシュ生地。
サクサクの皮生地が香り高く美味しく、中のブリオッシュ生地は油分が少なめなので、自家製のホイップバターを溶かして食べてみたり。(チョコレートも入れてみたいという欲求は、後でこのパン屋に行き、購入したパン・オ・ショコラが絶品でした。)

P2120288


Sancerre Saint Francois  2015 Andre Vatan


樽香のあるソーヴィニオンブランながら、グレープフルーツや洋梨の果実味のある綺麗なミネラル。

P2120289


平目・青紫蘇

朝締めの平目に、米油でふんわりと揚げた青紫蘇のフリット。
その米油でマリネした茄子と那珂川のオリーブを添えて。

P2120291

5.6圓汎厚な平目は、ぶりっとした食感と茄子のオイルマリネの柔らかな食感の対比があり、
サクサクのの青紫蘇の香りと色々なスプラウトが合わさる爽やかさ。
那珂川のオリーブもアクセントに。

P2120293


こちらもそのパン屋のもっちりとしたパン。
小麦の香りが豊かです。

P2120294


Ch.des Vingtinieres  Rose   2015 Patrice Moreux

以前も何度か飲んだことのあるロゼ。
サンソー、グルナッシュ、シラーがすっきりとした味わい。  

P2120295


よし海老

豊前のよし海老とラタトゥイユ。
そのアメリケーヌソースとモッツァレラを軽い仕立てに。

P2120296


パン・ド・ジュールというパンは、見た目よりも水分量が多く、もっちりとした生地です。

P2120297


Guccione C 2013

イタリアシチリアのワイン。Cは、葡萄品種のカタラット。
Tのトレッビアーノが有名ですが、カタラットは太めの酸に強いミネラル。

P2120298


鮑・雲丹

唐津の鮑と雲丹、ナスタチウム。
肝とサバイヨンソース的な酸味のあるソースで。

P2120299


Rkatsiteli Qvevri 2017 


ジョージアの白ワインで、葡萄はルカツィテリ。
クヴェヴェリの中でもホワイトドライワインのカテゴリーで、くせがなく飲みやすいです。

P2120300


くえ・花山葵

長崎のくえは、ソミュール液に漬け寝かせて低温調理したもの。
ホワイトアスパラ、菜の花、花山葵、下にはハト麦や胡麻、海苔を添えて。
クエとかち海老、鮎魚醤に大分のサフラン香るお出汁を注ぎます。

P2120303


Volnay 2017 Rossiunol Fevrier

プラムやブラックベリーのニュアンスに、なめらかなタンニン。

 P2120305



米仕上牛

大分の米仕上牛のカイノミ。
乳酸発酵させた紫キャベツやケール、むがご。蕗の薹のクリームを添えて。

P2120306


食後酒は、クレームドカシス。

P2120308


デセール

あまおう苺のソルベ、日向夏、アーモンド、オリーブオイルのパートドフリュイ。

P2120307


食後酒は、コーヒー、ハーブティーから選べます。
ホーリーバジルティは初めてかな。

P2120309


那珂川の「自家焙煎珈琲 かほり」のパラダイスバード。
パプアニューギニアのコーヒーです。
マイルドな甘みと酸味と芳醇なコクのバランス。

P2120310

小菓子と共に。

P2120311


ホーリーバジルティーも、頂きました。
優しく爽やかな香りとほのかな甘みがあり、ストレスの軽減や免疫力を高めたり、抗酸化作用による美肌効果などがあるそうです。


P2120313



「メゾン・ラフィット」

福岡県那珂川市西畑941

092−953−2161



ranmarun at 12:00│Comments(0) フレンチ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
鮨 唐島@福岡ヌワラエリヤ@福岡