松川@赤坂スリ マンガラム@経堂

June 09, 2020

サエキ飯店@目黒

「サエキ飯店」に行きました。

2月頭以来の訪問です。
厨房に仕込んでぶら下がっているむっちりした鶏もも肉が気になりながら、やはり何が出てくるかワクワク感と共に味わえる料理は外食の醍醐味ですね。

P6090001


Tsolikouri 2016 Okro’s Wines

ジョージアの発泡ワインからスタート。
葡萄は、ツォリコウリ。ドライなグレープフルーツのような果実味とほんのり甘みがあります。

P6090002


豚レバー煮

甘辛なタレとレアな豚レバーからスタートです。

P6090003


カエルのフリット

千葉で養殖しているカエルとさやいんげんのフリット。
さっくりした生地にもちっとした肉質でジューシーなカエルの身は、レモンをたっぷり絞って。

P6090004


Tsitska 2013 Nikoladzeebis Marani

ジョージアのオレンジワイン。
レモンやオレンジなどの柑橘に最初はセルロイド香。ほんのりスモーキーさも感じます。

P6090007


ズッキーニ炒め

千葉の朝採れの太いズッキーニを油通しして、干し海老、椎茸、辛子菜の漬物と炒めて。
新鮮なズッキーニが美味しい。そのみずみずしさに薬味が絡み、いくらでも食べられる感じ。家でもかいらん菜のオリーブオイル漬けがあるので、後日作ってみようっと。

P6090005


ほうき鳥とハムユイ

ほうき鳥のミンチとハムユイや香菜を練り合わせてたものを揚げて。
香ばしさの中から溢れる鶏肉とハムユイのハンバーグ仕立て。

P6090008


紹興酒は、12年手工花彫酒を。
まろやかな甘みを次の料理に。

P6090009


焼味と煮玉子

香港仕立ての焼味を香港醤油たれに漬けた煮玉子と。
豚肉は銘柄豚よりは鮮度重視で、普通の豚肉の方が味を含み美味しくなるそうです。

P6090011

これは米で食べたい。
あらかじめ用意してくれた長粒米の香りと共に旨し。
香港で食べた屋台飯を思い出させてくれました。
あちらではアルミの器だったりするけど、それがいいんですよね。他の店でミルクティー頼んだりして。

P6090012


ほうき鳥と金華ハムの上湯

前日仕込んだ新鮮な豚と鶏の2番出汁に、ほうき鳥と金華ハムを入れて、8時間蒸したスープ。

P6090013


いつもは何か具材と共に食べさせてくれますが、その透き通った黄金色のスープのシンプルな旨味の極みが胃に染みわたります。私はこの方が断然好み。

P6090016


Les grages Paquenesses  2018  La Mamette

ジュラのシャルドネの白ワインで、すっきりとした樽香とナッティ感が金華ハムの旨味とリンクするように。

P6090017


真ハタとスジアラ

高知の真ハタとスジアラは肉厚な身を油通して、アスパラガス鶏油醤油で。
肉厚な身をそれぞれジューシーに仕上げた食感が素晴らしいです。

P6090020


ここで、吊るしてあったもも肉を揚げます。

P6090022


山梨の信玄鶏は、五香粉をまぶして半日吊るし干したものを油をかけながらこんがりと火入れしていき、素晴らしい照り具合。腿肉でこの太さなので、かなり大きな鶏なんだろうな。

P6090025



Mitsvane  Amber Dry 2018 Lagaz

蜂蜜香やアプリコット、黄桃の甘みもあります。
次第にダージリンや、ダークオレンジの味わいは、焼鶏にぴったり。

P6090023


鶏もも肉香味揚げ

皮はパリパリで、しっとりした肉質の信玄鶏。
おかわりしたいくらい激ウマでした。

P6090027


海老 かいらん菜

天使海老は殻ごと揚げて、かいらん菜と。
海老の殻の旨味が染み出たソースが馴染んで、美味。

P6090029


ピータンと豚肉のお粥

〆は、お粥です。
お粥の世界も奥深いですが、こちらは香港の賄い粥風にと。
洗った米に皮蛋と油をまぶして、皮蛋のアルカリ性と油によって、米が花咲く(破裂する)ように、前日から上湯でじっくり長時間煮込んだもの。
この老火粥を日本で味わうことができるのはとても嬉しいです。賄いというか香港の家庭料理的な粥ですね。

P6090031


熱々のお粥には、葱と香菜をのせて。
皮蛋の他に、干し貝柱や豚挽肉が入っていて、それらを長時間煮込んだとろとろの食感の中にそれらの濃厚な旨味が溶け合い、じんわりと広がっていきます。この老火粥を日本で味わえるのはとても嬉しいです。

P6090032

シェフは賄い粥といっていましたが、極上の上湯と具材を溶けるほどに煮込むことで、米の甘みと深い香りと味が凝縮したなんとも贅沢な、そして優しいお粥です。
いろんなお料理やお酒を頂いた後に、胃をすっきりとさせてくれます。
正直香港の名店で食べたお粥よりも十倍美味しい。
焼き物もそうですが、ここにしかないリトル香港に大満足。

P6090034


お粥を食べたら、まだまだ胃袋入りそうだったので、麺料理を追加。

牛骨湯麺

近江牛の牛骨と玉ねぎなどでとったスープに五香粉風味。
しこしこ卵麺と刻んだパクチーをのせて。
大盛りにしてもらいました(笑)

P6090035


こちらも、つるっとしこしこ極細麺に、牛骨や野菜の旨味と五香粉の香る滋味深いスープ。
こちらも優しい味わいで、美味しかったなあ。

P6090037


デザートは、紹興酒アイスとレモンとカシューナッツのココナッツミルクアイス。


P6090038



「サエキ飯店」

東京都目黒区三田2−10−30 荒井ビル1F

03−6303−4735




ranmarun at 19:30│Comments(0) チャイニーズ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
松川@赤坂スリ マンガラム@経堂