ヌワラエリア@福岡太月@表参道

February 09, 2021

松川@赤坂

「松川」に行きました。


260578ca-s


Piper   Heidsieck       Jean Paul Gaultier Edition    1999  

キュベ・スペシアールの第一作が、1999年に発表されたファッション界鬼才ジャンポール・ゴルティエがデザインしたコラボレーションボトル。
ゴルティエが好きで15年以上前にジャケ買いで購入してから、いつ開けようかと熟成させておいたものでした。
エドシックのテーマカラーである赤いエナメルのコルセットに金色でサインが描かれています。

P2080002


裏は背中がぱっくり開いていて、ボンテージ風に黒い紐で編み上げてあります。
世界で最も官能的なボトルと称されたものでした。
シャンパンも黄金色に輝き、熟女のようにしっとりとした舌触りと蜜香。次第に熟成感のあるこなれた旨味と甘みが広がります。

P2080003



蟹しゃぶ

間人の蟹は、さっとしゃぶしゃぶにして、せりを添え。
蟹味噌をなめらかに溶いた蟹味噌酢の塩梅がとてもいいです、

P2080006


焼き蟹。

P2080007


焼き蟹も蟹味噌酢につけて。
蟹の旨みにシャンパンが合います。

P2080008



白魚の飯蒸し

宍道湖の白魚を天ぷらにして、キャビアをのせた飯蒸し。
これもシャンパンがぴったり合いました。

P2080009-2


お造り

淡路の鯛と間人のぐじの昆布締め。
ねっとりとしたぐじは二杯酢で。

P2080011


鯛は、このわたと柚子皮をはさんで、頂きました。

P2080012



鮑と蕗の椀

三陸の鮑とわかめに、細切りにした蕗と刻んで炙ったばちこ、木の芽をのせて。
肉厚な鮑と蕗の香りがいいですね。

P2080014


ふぐ

とらふぐのは、身皮と白子に大根おろしと芽葱をのせて、ポン酢をかけて。

P2080018


伊勢海老

伊勢海老と海老味噌、餅を菜の花餡で。

P2080019


もろこ


P2080020


おこぜ

つけ焼きにしたおこぜとふぐ白子焼き。

P2080021


蟹の昆布締め


P2080022


鴨焼き

新潟の鴨は炭火で焼き、揚げ葱と焼き空豆を添えて。

P2080023


仔鴨の串焼きも美味しいです。

P2080024


みる貝

愛知のみる貝と花山葵。
今年はみる貝が少ないそうです。

P2080025


熊とせりの小鍋

熊のお出汁にせりをたっぷり入れた小鍋。

P2080027


熊肉と白髪葱をしゃぶしゃぶにします。

P2080028


最初はせりと熊肉で。

P2080030


せりのしゃきしゃきした苦みと熊肉が美味。

P2080031


続いて、白髪葱を入れます。

P2080032


葱を入れると甘みがでてきます。

P2080033


お出汁も熊の脂が出て、最高に美味しいです。

P2080034


残ったおつゆには、稲庭うどんを。

P2080036


葱、柚子皮、山葵をのせました。

P2080037


からすみ茶漬け

軽く炙った蕗の薹とからすみをのせた出汁茶漬け。

P2080038


いくらご飯はいつもの通りおかわりです。

P2080039



黒豆と小豆

黒豆餡と小豆餡。

P2080040


薄茶

P2080041


苺とレモン

苺はとちおちめと静岡のレモンにコアントローのシャーベット。
果肉が甘く柔らかなレモンは、酸味が少なく小夏のような味わいでした。

P2080042



「松川」

東京都港区赤坂1-11-6 赤坂テラスハウス1階

03-6277-7371

ranmarun at 20:00│Comments(0) 和食 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ヌワラエリア@福岡太月@表参道