虓@虎ノ門スリ・マンガラム@経堂

February 20, 2021

高柿の鮨@水天宮前

「高柿の鮨」に行きました。


22d19e62


今回は、夜の貸し切りで特別に自然派のワインを持ち込みさせて頂きました。
日本酒もIWA 5を。

店内は、今まで無音でしたが、演歌のBGMが静かに流れていました。
お酒を片手につまみや鮨をゆっくり嗜むようなしっぽりとした昭和の雰囲気がまたいいですね♪



岩 IWA 5

ドンペリニョンの元醸造責任者リシャール・ジョフロワ氏が2020年11月にリリースした日本酒。
数年前に出た「R」というシャンパン酵母を使った桝田酒造の日本酒も素晴らしかったですが、今回は、より日本酒的な味わいを追求して作っています。

P2190237


まずは冷酒で。
お正月のおせちの時にも飲んだのですが、すっきりとした味わいの中に日本酒らしいコク。後味は澄んだ旨味が広がります。

P2190188


菜の花

菜の花の辛子醤油和え。
菜の花の青みと辛子醤油の辛みが、日本酒の甘みをくっきりと出してくれます。

P2190187



sola   2017  Fattoria  Al Fiore

微発泡で、山形の南陽町渋谷さんと高畠町大野農園の2種類のデラウェア。
きりっとした爽やかさと金木犀やビールの香り。

P2190186


数年熟成して、金木犀色。酸を持たせるため大野さんの青デラウェアを足しているので、柔らかな酸がありながらも、次第にじんわりと旨味が出てくる余韻があります。

P2190190


ホタルイカと白魚

富山のホタルイカは新物ですね。
桑名の白魚は、ふっくらと蒸して、オリーブオイルをかけて。
どちらも大好きな春の味覚ですが、オリーブオイルをかけることで、旨味が伸び、ワインに合います。

P2190191


 Niagara  con  Merlot    Fattoria Al Fiore   2015   

ナイアガラにメルローの搾りかすが入っているので、少し白濁したロゼ色をしています。

P2190192


最初に、フレッシュな苺やメロンの香りの甘口。
時間の経過ごとに、バラやジャスミンのような香りと甘みが華やかに広がります。


P2190195





襟裳岬の鰹は、脂が少なくきめ細かな肉質で、ほのかな酸味と綺麗な旨味。

P2190193


葱、生姜醬油で。
生姜醬油のコクが、ワインのタンニンと合わさり、ワインの香りがさらに開く感じがします。

P2190194


たいらぎ

愛知のたいらぎは、醤油を塗って焼き、山葵をのせ海苔ではさんで。
七味唐辛子をまぶすお店が多いですが、山葵の香りと辛味がよりいいです。

P2190198


IWAは、50度のぬる燗にしてもらいました。
温めると、より深いコクと旨味が出てきます。

P2190201


やりいか

子持ちやりいかには、煮詰めと山葵で。
ねっとりとした卵の食感と身の弾力感。げその旨み、煮詰めの甘み。
これには燗酒が合いました。

P2190199


Sans  Bruit 2015  Alice  et   Olivier  de  Moor

私が持ち込んだ白ワインです。
フランスブルゴーニュのナチュラルワインですが、ソーヴィニオンブラン100%。
ソーヴィニオンブランの青りんごやレモンの香りがありながら、渋みや酸味はなく清らかでふくよかな飲み口。飲んでいる皆がシャルドネじゃないの?と声が上がりましたが、ソーヴィニオンブラン100%というと驚いていました。ほんのりミネラル感を感じる塩気や葡萄の甘みが、逆に高柿さんの酢と塩がきいた最初の白いシャリに合うのではないかと思って。


P2190200


ひげだら

玄海灘のひげだらは、酒蒸しにして、少し醤油をかけて。
木の芽をのせて。脂がのったひげだらも、その脂を落としてゼラチン質のある身。

P2190202



ここから握りに入ります。


平目

竹岡の平目は、ぶりっとした弾力のある身に、前回よりも酢をきかせた白いシャリで。
白ワインがぴったり合って一安心。

P2190204


すみいか

竹岡のすみいかは、ぱきっとしながら柔らかな甘み。
咀嚼しながら、シャリの酸味となめらかに溶けていく食感。

P2190205


鶴沼収穫 ピノグリ オレンジ 2019 北海道ワイン

北海道浦臼町鶴沼産のピノグリを、果皮と共に醸し発酵したオレンジワインで、限定1300本だそうです。フレンチオーク樽で4か月熟成。

P2190209


琥珀色に輝き、柔らかい酸味とほどよい渋み。
甘さはさほどなくすっきりとした辛口です。
次第に、バニラ香や干したアプリコットの香りが出てきます。

P2190212





下田の鮪の赤身。
きめ細かな肉質で、赤身なのに中トロのような旨味。
ここから赤シャリに変わるので、その香りが渋みのあるオレンジワインと共に。

P2190208


そして、中トロは、大トロのようなさらに脂を感じる旨み。
ワインはもちろん、燗冷まししたIWAも、脂を切るように。

P2190211


赤貝

渡波の赤貝。
ここの赤貝は大好きです。

P2190213


さより

松輪のさよりは塩締めして。
さよりにオレンジワインが、意外にぴったりフィットして美味しいです。
こういうマリアージュが面白いです。

P2190214


とり貝

兵庫のとり貝。今年初です。
これは日本酒で。

P2190216


あおやぎ

三重のあおやぎ。
あおやぎを美味しく食べさせてくれる唯一。
独特の香りがありますが、意外にNiagara 2015の甘く渋みのある香りが合いました。

P2190219




松輪の鯖は、綺麗な締め具合の脂と赤シャリのバランスが素晴らしいです。

P2190221



JC  2019  La  Sorga  

フランスラングドックの、個性的な作り手のワインで、いつも独特のエチケットなのですが、JCは、「ジャンクロード・ヴァンダム」から。
グルナッシュブラン100%微発泡。レモンやアニス、洋梨の香りや果実味もあり、すっきりとした酸にしっかり泡があるので、〆のお酒にはぴったり。

P2190223


たこ

佐島の蛸。
おつまみで出てくる蛸も好きですが、握りの蛸が大好き。
なかなか出してくれるお店がないので、嬉しいです。
むっちりと柔らかで旨味のある蛸ですが、足の細い部分を縦に割り、切れ目を入れて。皮の旨味と弾力感を噛みしめます。足の切り出し方でも味や食感が変わりますからね。

P2190225




鹿島の蛤。
甘すぎない煮詰めとくにっとした歯ごたえです。

P2190228


車海老

長崎の車海老は安定の美味しさ。
オレンジワインも合いました。

P2190229


吸い物

蛤としじみの出汁に三つ葉を浮かべて。

P2190231


小柱

小柱大好きです。
口どけのいい海苔と共に。

P2190232


雲丹

浜中の雲丹。

P2190233



鉄火巻

赤身とトロを混ぜて。

P2190236



かんぴょう巻と玉子

最後は、かんぴょう巻と玉子。
古式原糖を使った古風な玉子焼き。

P2190239



「高柿の鮨」

東京都中央区日本橋蛎殻町1-30-2

03-6231-0923





ranmarun at 19:30│Comments(0) 寿司 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
虓@虎ノ門スリ・マンガラム@経堂