焼肉・韓国料理

December 23, 2019

炭火焼 ゆうじ@渋谷

「炭火焼 ゆうじ」に行きました。

1年振りの訪問です。

b4d3d2ff-s


まずはレモンサワーと枝豆。

PC230001-2


瓶に入った生マッコリが微発泡で美味しいのですが、数少ないので、4人で1本。

PC230004-2


モツ煮

定番のもつ煮込みは、少しの柚子皮の香りがアクセント。
優しいスープが胃を温めてくれます。

PC230005-2


鯛の刺身

大分の鯛は、皮目を湯引きして。
超常連様の特別コースには、刺身や魚も登場したりします。

PC230006-2


タレは、チュジャン。
韓国でお刺身を食べる時に、コチュジャンと酢を合わせた酢味噌がでてきますが、そんな感じでニンニクやすり胡麻と胡麻油を合わせたタレです。

PC230007-2


鯛と葱をはさんで、このタレにつけて食べます。
むっちりとした鯛に辛味ダレが美味しい。
皮はすこしくさみを感じましたが、このタレが打ち消してくれました。

PC230009-2


作田という青森の日本酒を。
刺身を食べた後のタレも酒のアテになりました。

PC230008-2


煮穴子

対馬の一本煮穴子。
昨年鮪が出てきて驚いたけれど、穴子が出てくるとはびっくり。

PC230010-2



ホルモン焼き盛り合わせ

盛り合わせのホルモンは、タンモト、ハツアブラ、ハツモト、ヤン、ホルモン、ミノサンド、ガツシン、ギアラ、テッポウ。

PC230012-2

ハツアブラ

ハツ(心臓)に脂がついているのがハツアブラ。
ハツの周りにはこんなに脂があるんだ。

PC230014-2



焼くと脂が膨らみ、甘い弾力感。
ハツのしゃきっとした食感と脂のとろっとした食感が合わさると、美味です。

PC230016-2


ハツモト

心臓につながっている大動脈の部分で、焼いてもコリコリしています。

PC230017-2


ヤン

センマイとギアラの間の部位。
ぷるぷるとした食感。

PC230018-2


タンモト

霜降り厚切りのタンモトは、普通切れ目をいれますが、切り出し方が素晴らしい。

PC230020-2


焼き目をつけた後は、遠火でじっくり火を入れると柔らかくなります。

PC230022-2


ホルモンとミノサンド

ぷりぷりのホルモンとしゃきしゃきミノサンド。
ミノサンドは第一胃のひだの間に脂が挟んである部分で、噛みしめる旨さ。

PC230023-2


ガツ芯

豚の胃袋です。こりこりする部分ですが、切り出し方で柔らかに。

PC230024-2


ギアラ

弾力があり、焼くとぷりっと膨らみます。
焼いている画像は撮り忘れました。

PC230025


テッポウ

豚の直腸の部分で、弾力と噛み応えがあります。

PC230027-2


レモンのみで食べるホルモン焼きは、綺麗に掃除がしてありどれも最高でした。

次は、網から鉄板に変えます。

PC230028-2


松坂牛

焼肉ではなかなか食べる機会がない松坂牛。
大会で優勝したチャンピョン牛だそうです。
ザブトン、シンシン、イチボ。

PC230029-2


まずは、ザブトン。

PC230031-2


表面をこんがりさっと焼いて、大根おろしと醤油で頂きます。
綺麗な脂が柔らかく溶けていく弾力感。

PC230033-2


シンシンもさっと焼いて。
ご飯が欲しくなります。

PC230035-2


イチボ。赤身の美味しさと脂の旨味のバランスがいいです。

PC230036-2


葱と甘長唐辛子は牛脂を塗りながら焼きました。

PC230038-2


ヤカンマッコリも頼みましたが、ウーロンハイでさっぱりと。

PC230039-2


モツ鍋

〆の鍋料理はもつ鍋。
あらかじめ下茹でした新鮮なモツとキャベツにニラたっぷり。

PC230041-2


好みでニンニクスライスや唐辛子を加えます。

PC230040-2


ぐつぐつと煮込むと特製スープにキャベツやニラの甘みが加わります。

PC230043-2


ごぼうの香りもプラスして、モツも野菜も美味しい♪

PC230045-2


唐辛子とニンニクを少し加えて、さらに煮込みます。

PC230047-2


ぷりぷりのモツの甘いこと。
余分な脂は抜いてあり、コラーゲン質のみを補給。

PC230049-2


残ったスープに、麺を入れて、〆のラーメン。
葱と胡椒を利かせて。

PC230050-2


以前は稲庭うどんだったのですが、ぴろぴろっとした平打ちの小麦麺を入れて、これがまたいいですね。

PC230051-2


残ったスープに麦ご飯を追加。

PC230052-2


麺の後に、さらにご飯で〆る。

PC230053-2


デザートは、小豆アイスをはさんだ最中。

PC230054-2



「炭火焼き ゆうじ」

東京都渋谷区宇田川町11−1 松沼ビル1F

03−3464−6448




ranmarun at 19:00|PermalinkComments(0)

December 02, 2019

焼肉 三松@大阪

「三松」に行きました。
鶴橋にある焼き肉屋です。

鶴橋は焼肉タウンというくらい多くの焼肉やホルモン焼き、韓国料理の店が立ち並んでいます。
駅前の大通りにももちろん、裏路地に入ると、細い通りの両側にたくさんの看板が。
20年くらい前に来たことのある人気のホルモン焼きの店「空」は大行列でした。

78904709_2687742011271643_6992694700532563968_n

高級店から大衆店、老舗の店までまで立ち並ぶ通り。
知らないとどこに入っていいか迷ってしまいます。

79495783_2687741924604985_6620476277562277888_n


ここも昔来たことあったなあ。
壺漬けソラミとタン塩が美味しかった記憶。

79626943_2687741931271651_700675578780450816_n


そんな焼肉通りを歩きながら、こちら「三松」へ。
人気店なので、もちろん事前予約で。

79304641_2687741977938313_4093858390122430464_n


お肉屋さんが直営している黒毛和牛とホルモンの店です。

80449903_2687741994604978_218465663289655296_n


値段はそんなに安くはありませんが、肉の質には定評があります。
そして、無煙ロースターなので、匂いも気になりません。

79112254_2687742054604972_8705032482807873536_n


76894239_2687742091271635_745358009051381760_n


まずは、ビール。
ワンドリンク1円のクーポンを使って。

PC010083


ねぎサラダ

玉ねぎやねぎ、胡瓜を辛いドレッシングで和えたサラダ。

PC010084


キムチ盛り合わせ

白菜キムチ、オイキムチ、カクテキ。

PC010085


特上塩タン

霜降りの柔らかなタン。
さっと炙って、レモンで。

PC010087


特上セット

上塩タン、上ロース、上カルビ、日替わり赤身肉のセットです。
結構脂な特上カルビもありました。

PC010089

この日の赤身肉は厚切りのサーロイン。

PC010090-2


お肉は炭火の無煙ロースターで焼きます。
さっと表面焼くくらいで、柔らかくジューシー。
玉ねぎも焼きます。

PC010094


霜降りカルビは、脂が多いので、ちょっとカリカリにして。
ここにねぎサラダやキムチをのせながら食べました。

PC010093


馬肉ユッケ

牛ユッケもありましたが、真空パックの提供だったのと、さっぱり赤身が食べたかったので、馬肉ユッケ。卵黄をからめながら、ご飯にのせてユッケ丼にしたりして。
タンユッケというのも珍しかったけれど、前半でタンを沢山食べたので、今回は頼まず。

PC010095


特上カルビ・特上ロース

かなり霜降りですが、脂が綺麗なので、全然もたれません。
茄子も焼きます。

PC010096



特上ハラミ

ハラミも美味しいです。
エリンギも焼きます。

PC010092


本当はここのふっくら綺麗なホルモンもいろいろ頼みたかったのですが、お腹いっぱいになってしまい、頼めなかったのが残念。


冷麺

〆は冷麺。蕎麦粉を練りこんだ平壌風の細いシコシコ麺に、キムチ、ゆで卵、オレンジがのっています。さっぱりとしたスープに、後から酢をかけて。

PC010098


次回は久しぶりに、ホルモン焼きの老舗にも行ってみたいかも。


「焼肉 三松」

大阪府大阪市天王寺区下味原町5−21

06−6773−0315


ranmarun at 18:30|PermalinkComments(0)

November 27, 2019

肉匠 コギヤ 宴庭@五反田

「肉匠 コギヤ 宴庭」に行きました。


79415409_2675808375798340_8386702099672465408_n


メニューを開くと、何とも肉欲をそそるような写真。

78410171_2675808499131661_1343641146588397568_n

78389260_2675808495798328_4525603715490512896_n

品川区生食用食肉取扱認定の和牛のユッケもあるのか。

78622329_2675808519131659_1362039704152702976_n


全長60僂離罐奪薗燭覆匹蓮▲僉璽謄ーメニューですね。

78702667_2675808645798313_7121647292548907008_n


花咲きトロタンや宇宙一長い特上タンとか。

79771825_2675808679131643_3286656910752743424_n

インスタ映えを狙っているように、綺麗に撮ってあるな。

79823926_2675808665798311_2509390034881216512_n

79499683_2675808805798297_2844498505894985728_n

わさび祭り、ニンニク祭り、唐辛子祭りとかw・・・

78236592_2675808662464978_6244852327778353152_n


メニューを一読した後で、王道コース17品 6000円を頼みました。


ドリンクはレモンサワー。

PB240095


キムチ2種

白菜キムチとらっきょうキムチ。

PB240098


ナムル2種

豆もやしとわらびのナムル。

PB240099


サラダ

レタスと胡瓜を塩胡麻ドレッシングで和えたシンプルなサラダ。

PB240100


赤身ユッケ

品川区の生食用食肉取扱認定を受けた、和牛のユッケ。
久しく食べることのなかったユッケですが、卵黄醤油だれにからめてあります。

PB240103


牛すじ煮込み

PB240104


ここから焼肉に。

タレは、葱ポン酢ダレ、レモンダレ、甘口醤油ダレの3種。

PB240096



牛タン3種盛り合わせ 厚切り赤身ステーキ

牛タンは、上タン、芯タン、花咲きタンの3種。
厚切り赤身ステーキはイチボ。すり山葵と葱を添えて。

PB240108


まずは上タンから焼きます。
普通のタンよりは厚みがあり、柔らかくジューシーな霜降りタンは、レモンで。

PB240109


芯タンは、結構肉厚。

PB240111


弾力のある歯ごたえと噛みしめる旨味。
山葵とレモンで。

PB240112


花咲きタンは、牛一頭の中に400gしかとれない希少部位だそうです。

PB240114

両面じっくり焼いた後、切り分けて、葱と山葵で。

PB240118


イチボ

霜降りと赤身の美味しさを合わせもつもも肉のイチボ。

PB240115


山葵で頂きました。

PB240116


最強レモンサワー

レモンの果汁たっぷりに、甘いレモンのソルベがのっています。

PB240123


レモンサワー好きなので、濃厚レモンがいい感じ。

PB240124


上カルビ・上赤身・ハラミ

三角にもほど近い特上カルビと上ロースの赤身、ハラミ。

PB240120


カルビは白ご飯が欲しくなりました。

PB240122


ホルモン3種

ミノ・レバー・テッチャン。

PB240121


冷麺

冷麺でさっぱりと。

PB240126


物足りない方には、〆の肉飯もいろいろあります。

78894637_2675808795798298_1550531993274417152_n


デザートは、マンゴーのアイスクリーム。

79147358_2675808825798295_8802225960628781056_n


帰りにロゴ入りのミンティア。

79414464_2675808899131621_1735405205513568256_n



「肉匠 コギヤ 宴庭」


東京都品川区西五反田1−17−6 Grio五反田ビル3F

03−6431−8030



ranmarun at 18:00|PermalinkComments(0)

November 23, 2019

クラブ小羊@恵比寿

「club小羊」に行きました。

恵比寿駅からほど近い雑居ビルの2階にあるのですが、看板はありません。
階段を上がり、ここかしらと扉を開けます。

78356543_2671832662862578_8383344328600190976_n


扉を開けると、羊のウインクのネオン。
ああ、ここなのねと安心して中に入ります。

78408817_2671832679529243_2532880486628327424_n


すると壁には「クラブ 小羊」と書かれた札と仔羊マダムのイラストが。
何ともディープな雰囲気でのお出迎え。

79096812_2671832759529235_730538121317318656_n


そして、Club仔羊はカジュアルなジンギスカンのお店。
月世界や中村玄の系列店でもあります。

生でも食べられる鮮度のいいラム肉がウリで、いろいろコースがある中、特選ロースを頂けるおきまり特選コース3500円をお願いしました。

79495478_2671832882862556_6834853329554636800_n


おつまみは、左のメニューの中から一人一品選べます。
よだれ鶏アボカドと干し豆腐麻辣和えを頼みました。

78828938_2671832936195884_5090619170224078848_n


まずは、レモンサワー。

PB200002


そして、山盛りの千切りキャベツの上に、フライドガーリックやチリパウダーをのせたお通しのサラダ。

PB200001

これに、特製のポン酢風味のドレッシングをかけて。
肉の前にも合間の箸休めにも、さっぱりと。

PB200004


よだれ鶏アボカド

アボカドによだれ鶏のタレとマヨネーズ。
これおつまみのヒットだったので、家でも作ってみよう。
キャベツサラダと合わせるとさらにいいな。

PB200007


干し豆腐麻辣和え

千切りにした干し豆腐とクレソン、蕎麦のスプラウトなどを麻辣ソースで和えて。

PB200011


ここからジンギスカンに入ります。
炭火の鉄鍋は、脂が落ちるように切り込みが入っています。
まずは玉ねぎを並べて。

PB200005


豆もやしがたっぷり。

PB200008


羊脂を溶かしながら、玉ねぎと豆もやしを加熱します。

PB200010


特選ロース

肉厚にカットしたロースは、脂もほとんどなく、柔らかな赤身はフィレにも相当するくらい。

PB200009


これをさっと焼きます。

PB200013


表面が白くなるくらいで裏返し、レアなくらいがいい火加減。

PB200014


薬味は、胡椒塩と山葵。

PB200015


画像はブレブレですが、羊のくさみが全くないさっぱりとした赤身肉なので、そのままか山葵だけのせると美味しいです。東京でこのレベルの安価な羊肉はなかなか味わえないと思います。

PB200018


焼いていく中での味変でタレにつけて。
ニンニクが利きすぎていない甘タレは、もやしや玉ねぎにもつけると美味しいです。

PB200016


ラムチョップ

特製スパイスをまぶしたラムチョップ。

PB200019


結構脂が出るので、もやしを残しておけばよかったな。

PB200022


焼き上がったラムチョップは、スパイスの香りと共にジューシー。

PB200023


ラムソーセージ&ラムベーコン

コースに追加しました。
ラムソーセージは珍しいですし、ラムベーコンは初めて食べます。

PB200025


鉄鍋は下げて、網で焼きます。

PB200026


ラムベーコンはさっと炙って。
普通のベーコンよりも肉の味わいが濃く、くせになる美味しさです。

PB200027

ラムソーセージも、ぱきっと美味しいです。

PB200028


デザートは、ラムレーズンのアイスクリーム。
最後までラム尽くしでした(笑)

PB200029


「クラブ 小羊」

東京都渋谷区恵比寿西1−2−7 幸ビル2F

090-9818−9981



炭水化物を食べていなかったので、この後は蕎麦屋に行って、卵とじそばを。
寒い夜だったので、体も温まりました。


ranmarun at 18:30|PermalinkComments(0)

August 14, 2019

焼肉 チャンピオン@恵比寿

「焼肉 チャンピオン」に行きました。

だいぶ支店が増えましたが、ここに来るのは十数年ぶりかも。
黄色い暖簾をくぐると、勢いのある雰囲気も変わらない。
でも店内は、改装して綺麗になっていました。

68443587_2450687811643732_4611911693188988928_n


紙エプロンにも懐かしのロゴが。

68985923_2450687904977056_9163631678877335552_n


肉のお品書きは、昔より高級希少部位が増えた気がします。

68710782_2450687848310395_8755858760716517376_n


68536798_2450687851643728_7790507961213779968_n

飲み物はレモンサワー。レモン半個分をたっぷり絞ってあるさっぱりレモンサワーです。

P8130056


焼肉のお供にはキムチ。

P8130055


いちぼ

まずは、いちぼ。
ランプの横にある希少部位で、サーロインに負けないコクがあります。
これが一番美味しいお肉でした。

P8130057


ガス火のロースターでさっと焼き、山葵で。

P8130060


ランプ

ランプもA5和牛の上質肉なので、思ったより脂があって柔らか。
赤身の濃い味わいもしっかりあります。

P8130061


ホルモン盛り合わせ

コリコリ、超ミノ、ギアラ、シビレ、マルチョウ、シマチョウ。
タレと塩がありますが、塩で。

P8130062


タン

本当は、巻き巻きねぎタン塩を頼んでいたのですが、来ないなあと思っていたら、オーダーが入っていなかったらしく、再度追加しようとしたら売り切れとのこと。
仕方ないので、普通のタンを。

P8130063


これにきざみねぎを追加しました。
細かく刻んだねぎを白胡麻と胡麻油で和えたものです。

P8130064


焼いたタンにきざみねぎをたっぷりのせて巻いたら、それっぽくなったかな。

P8130066


カルビ・ロース

さらに追加でカルビとロース。
白ご飯と共に。ここのつけだれは肉の旨味を生かすようにさっぱりしているのがいいです。

P8130067


ユッケジャンクッパ

〆はちょっと辛いスープが飲みたかったので、ユッケジャンクッパ。
ニンニクと辛味噌が利いたスープとご飯を卵とじして、夏バテ解消。

P8130068


「焼肉 チャンピオン 恵比寿本店」

東京都渋谷区恵比寿南1−2−8 雨宮ビル 1F

03‐5768-6922




ranmarun at 19:00|PermalinkComments(0)

July 29, 2019

炭火焼き まるは@五反田

暑くなると、焼肉が食べたくて・・・
数日前にも叙々苑游玄亭に行ったばかりなのですがね^^;


「炭火焼き まるは」
に行きました。
五反田界隈は焼肉屋が多いのですが、こちらは2年前にできて初めての訪問。
入り口に入ると火熾し器で炭火を熾していました。

67747594_2429753987070448_3414311297364262912_n


リーズナブルな価格で提供するA4やA5の和牛とキンキンに凍らせたレモンサワーが人気のお店です。

67766360_2429754067070440_7123142443679088640_n


食事メニュー。
コースや飲み放題もありますが、単品で注文しました。

68426688_2429754120403768_5023726721036189696_n

焼物は、まるはカルビという薄切りの大きなカルビや、赤身と霜降りの和牛盛り合わせ、ホルモン盛り合わせなどが人気だそうです。

67827929_2429754130403767_1760880271453847552_n


まずは、人気のレモンサワー。
すっきりした甘みとレモンの香りがいいサワーです。

P7280036


つけダレは3種。
さっぱりめのタレ、レモン塩、コチュジャンや胡麻が入ったこってりタレ。
お肉に味がついているので、基本的にはタレ無しで食べましたが、好みだったのは、左のさっぱりタレ。


P7280038


キムチも焼肉にはかかせません。

P7280043



まるはカルビ

お皿いっぱいに敷き詰めた薄切り肉が見事。

P7280039


炭火の網焼きでさっと焼きます。

P7280046


薄切りなので、裏返してからも10秒くらいがいいですね。
半分にカットしたほうが、食べやすいです。

P7280047

まずはサニーレタス巻いて。
アンチョビマヨネーズと辛味噌が添えてあり、レタスだけを薬味をつけて食べてもいいですし、肉巻きしても。2枚目からは、白ご飯にのせたオン・ザ・ライスで。
焼肉はやっぱり白ご飯と一緒に食べたいのだ。

P7280044


赤身と霜降りの和牛盛り合わせ4種

ササニク(サシ多)、イチボ(サシ小)、カイノミ(サシ中)、ラムシン(赤身)の4種。


P7280050


どれも美味しい希少部位でしたが、やはりイチボは赤身と霜降りのバランスが良くて一番美味しかったです。


P7280051


レモンサワー追加。

P7280052


ホルモン盛り合わせ

鶏ホルモン、レバー、のど軟骨、おっぱい、牛ホルモン、葱。など、コリコリ系と脂系が特製の甘味噌ダレに漬けてあります。

P7280040


コリコリ系から焼いて、脂の多い牛ホルモンは、最後に焼きました。

P7280049


最後にもう少しお肉が食べたかったので、和牛ハラミを追加しようと思ったら売り切れ。
なので、和牛切り落とし肉とご飯大盛を追加。
結構なボリュームでしたが、切れ目を入れてある部分は少々筋を感じたのは仕方ないです。
これで890円という安さなのですから。
〆には丼やカレー、デザートもあるようですが、ご飯と追加肉とキムチでお腹いっぱい、満足満腹。

P7280054



「炭火焼き まるは」

東京都品川区東五反田1−16−4 関根ビル1F

03-5449-7287


ranmarun at 18:00|PermalinkComments(0)

March 24, 2019

なべ彦@中目黒

「なべ彦」に行きました。
中目黒はお花見シーズンで沢山の人達で賑わっていて、駅の改札を出るのにも行列でした。
そんな人だかりをかきわけて外に出て徒歩2分。すこしひっそりとした通りにお店がありました。
神戸牛を使った肉鍋が看板メニューだそうです。

55503453_2211139395598576_3497799040622395392_n

なべ肉はピリ辛味かゆず塩味か選べます。1人前2980円(税抜)
今回は、一品料理が3品となべ肉、シメ、デザートのコース(4500円)にして、なべ肉はピリ辛味でオーダーしました。

55752419_2211139402265242_2311157868033736704_n (2)

まずは、生レモンサワー。

P3240016

チョレギサラダ

レタス、豆腐、トマトを胡麻ドレッシングで和えてあります。

P3240017

神戸牛のさっぱりポン酢

玉ねぎスライスの下には、しゃぶしゃぶ風にポン酢で味付けした神戸牛。うずら卵の黄身と混ぜながら食べます。

P3240018

にらチヂミ

にらチヂミはもっちりかりっと。ちょっと辛味のある醤油だれにつけて。

P3240019

なべ肉

そして待望のなべ肉が運ばれてきました。
見事にサシが入った肉山に思わずうわっ、凄い〜!と歓声が。

P3240020

フォトジェニックな肉山は右半分が神戸牛のロース肉。左半分が神戸牛のバラ肉。
お隣のテーブルでは、ちょうどお誕生日だったらしく、別の鍋に「Happy Birthday」と細切り肉で綴ったサプライズもあり、そういうサービスも嬉しいですね。

P3240021

ちなみに上から見るとこんな感じです。

P3240022

お肉の下には、もやし、にら。赤いスープの中には、山形牛のホルモンや白菜や豆腐、茸などが入っています。

P3240024

火にかけると鍋の熱で冷凍した牛肉がだんだん常温に戻っていきます。野菜が煮える頃に、牛肉もスープに浸って加熱される感じなので、ちゃんと計算された演出。

P3240026

ぐつぐつと数分煮込むと、結構真っ赤な色をしています。
スープは甘みがありながらも唐辛子の辛味がしっかり効いたチゲ鍋風。

P3240027

神戸牛は、脂も甘く、なめらかなくちどけの柔らかさ。生玉子を溶いてすきやき風に絡めながら食べると、唐辛子の辛味が緩和されてマイルドになります。
山形牛ホルモンもぷりっと美味しく、脂も次第に溶けていきながら、野菜の旨味と共にスープがだんだん濃厚な甘辛味になっていきます。

P3240025

ピリ辛味の鍋のシメにはうどんがコースについてくるとのことでしたが、うどんだと結構ボリュームがあるので、ご飯とチーズでチーズリゾットを作ってもらうことにしました。

P3240028

余分な脂やアクは取り除いて、さらにお出汁を足したところに、ご飯を入れてぐつぐつ煮込みながら、最後に2種類のチーズをのせます。

P3240029

チーズリゾット

葱と黒胡椒でできあがり。甘辛味とチーズの溶け具合、最後はかなり味濃いめになりますが、お腹いっぱいになりました。

P3240030

デザートはフローズンヨーグルトのシャーベットでさっぱりと。

54800275_2211139432265239_6723481288516304896_n

「なべ彦」

東京都目黒区上目黒2−17−12 ドアーズ中目黒1F

03−6452−2139


続きを読む

ranmarun at 18:30|PermalinkComments(0)

January 26, 2019

一龍別館@赤坂

オイスターワインバーを出た後は、「一龍別館」に行きました。
24時間営業のソルロンタンのお店です。昔は飲んだ日の朝ご飯とかによく来たなあ。

e0f2f2f7e87b448e87a0e84cb302dd61
























寒かったし、ちょっと温かいスープが飲みたかったので、久しぶりに訪問。相変わらず満席でしたが、運よく出てきたお客さんの後にすんなり入れました。

最初に11種類のバンチャン(韓国小皿料理のおかず)がでてきます。白菜キムチ、カクテキ、ジャガイモの煮込み、ナムル、韓国海苔、他いろいろ。

P1250504


















雪濃湯 ソルロンタン

ここの名物のソルロンタン。牛骨でとった優しいスープにスユクと春雨が入っていて、懐かしく和む美味しさ。韓国海苔に白菜キムチとご飯を巻いて食べながら、スープを味わい、最後にはご飯とキムチを投入して。

P1250505


















「一龍別館」

東京都港区赤坂2−13−17 シントミ赤坂第2ビル1F

03−3582−7008



ranmarun at 22:00|PermalinkComments(0)

December 01, 2018

炭火焼 ゆうじ@渋谷

「炭火焼き ゆうじ」に行きました。
5年ぶりの訪問です。

49138014_2082415725137611_8811273077309571072_n



















まずは枝豆が出てきて、レモンサワーと生マッコリ。

PB270146



















定番のモツ煮込み。優しいモツスープが胃を温めてくれます。

PB270147



















メジマグロ

マグロが出てきてびっくりしました。メニューにはありませんが常連様の特別コースでは、最近魚介もいろいろでてくるようです。壱岐のメジマグロはニンニク生姜と醤油で頂きました。

PB270148



















牡蠣の天ぷら

三陸の大きな牡蠣を天ぷらで。

PB270149



















レバ焼き

甘辛醤油の特製たれに漬けたレバーとニラ。

PB270150



















これを鉄鍋で焼きます。レバーはさっと表面の色が変わるくらいに火入れし、レアな食感と甘み。ニラの香りも食欲をそそります。

PB270151



















鶏肉焼き

ゆうじさんで鶏肉は初めて食べました。先付さみ、もも肉はニンニク醤油で味付けしてあり、胸肉と皮は塩で。葉にんにくがたっぷり添えてあります。

PB270158



















春菊もたっぷりと。

PB270157



















薬味は大根おろし醤油。

PB270154



















鉄鍋で胸肉と皮を焼きます。

PB270161


















どこの鶏肉なのか聞き忘れましたが、黄色い皮から脂がじんわりとでてきます。

PB270162


















皮目はぱりっと焼いて、身は弾力と旨味がある鶏肉を大根おろしでさっぱりと。

PB270163


















続いて腿肉を焼きます。

PB270166


















腿肉もぶりっとした肉質で、皮目も美味しいです。

PB270164


















鶏肉から出た脂で葉にんにくを炒めました。

PB270167


















春菊もさっと炒めて。

PB270168


















タン・ミノ・コプチャン

薄切りのタンは昆布〆して。極上ミノは粉山椒。コプチャンは白胡麻がかかっています。

PB270173


















まずは昆布締めのタンをさっと炙って。

PB270175


















柔らかで旨味のあるタンには柑橘を絞って。

PB270178


















ミノはコリコリ食感。

PB270179


















コプチャンは脂がのってぷりぷり。

PB270182


















共に葱胡麻油のたれで。

PB270176


















牛肉焼き

最後に牛肉が登場しました。サーロイン、イチボ、ザブトン、シンタマ、ミスジと希少部位のオールスターズ。

PB270184


















自家製つけダレも美味しそう。

PB270183


















麦ご飯も出てきて、肉 on the riceの準備も万全です。

PB270185


















イチボと葱を焼いて。

PB270186


















肉を焼く〜タレにつけてご飯にのせる〜♪
焼肉の醍醐味はやっぱりこれですよね。麦ご飯のぱらっとした米粒に肉の脂がしみこんで、咀嚼すると肉汁とタレの旨味が溢れていく美味しさ。

PB270188


















ミスジも美味しかったなあ。ご飯おかわりしたかった。

PB270189


















牛テールスープにも癒されます。

PB270187


















デザートはアイス最中。

PB270190


















数年ぶりにゆうじ焼肉を堪能しました。
ちと気になったのは、欧米から来ていたセレブ風なお客様がサンチュを網焼きしていた件。ホルモンもだいぶ炎を上げて焦げて焼いていた。焼き方をちゃんと説明してくれたらもっと美味しく食べられるだろうに。


「炭火焼 ゆうじ」

東京都渋谷区宇田川町11−1 松沼ビル1F

03−3464−6448



ranmarun at 19:00|PermalinkComments(0)

May 26, 2018

うしごろ 貫@五反田

「うしごろ 貫」に行きました。

・



















うしごろの焼肉系列店の中では、日本酒に特化したお店で、焼酎はありますがワインはありません。
2年振りの訪問です。

・



















スパークリング Asia 微紅

紅酵母と瓶内二次発酵で醸したロゼ色の発泡日本酒。苺やベリーの香りと甘み酸味のドライテイストとしっかりきめ細かな泡がシャンパンのロゼを飲んでいるような気分でよくできています・・・

/



















お料理は、極みコース

前菜は、もやしやゼンマイなどのナムル。

・



















牛すじだし巻玉子焼き。

・



















もろきゅう。

・



















キムチは辛さよりも酸味があり、さっぱり。

・



















炙り握り 

片面だけかすかに炙った肉寿司にはおろし生姜をのせて。お肉がとろけます。

・



















シャトーブリアン

まずは厚切りのシャトーブリアン。焼肉ではなかなかでてこない部位です。

・



















表面をさっと焼いて色や変わった頃に裏返し、ミディアムレアの手前くらいが美味しい焼き加減。
何もつけずに食べても柔らかな食感や牛肉の旨みが味わえる最高峰。これはおかわりしたいくらいで、2枚めは少し岩塩をのせ、溶かすように焼いて。

・



















柚子ポン酢サラダ

白菜の芯の部分と葉をざく切りにして、海苔と塩昆布、鰹節と柚子ポン酢で和えて。白菜の芯の甘みと海苔の風味がいいですね。白菜は時期ではないけれど、冬は高騰しながらも芯がすかすかだったのであまり食べてなかったな。

・



















日本酒は、3種飲み比べ。
くどき上手、玉川、播磨一献とありますが、それぞれに説明を表記したプレートは、日本酒初心者でもいろいろ御猪口一杯で楽しめるのが嬉しい。ちなみに6種飲み比べというものありますが、それぞれの味を吟味するのは3種類くらいがいいです。

・



















本日の希少部位六種盛り

ウチヒラ、クリ、ハラミは塩ダレ漬けにして。

・



















ヒレ、イチボ、リブ芯はたれ漬けにして。どの部位肉の味をそこなわないようにごく軽く味付けしてあり、焼いてもそのままが美味しいです。

・



















ウチヒラは半面焼きで。

・



















焼き色をつけて、ご飯でサンド。柚子胡椒をのせて。やっぱり脂の多い肉にはご飯が欲しい。

・



















極上クラシタのすき焼き

・



















さっと鉄板で炙って。

・



















こだわり卵の卵黄と一口ご飯が用意されています。

・



















焼いたお肉は折りたたんで卵黄にからめつけます。

・



















熱々のお肉に卵黄がからんだところで一口ご飯を包んで。すき焼き風の食べ方でこれまた美味しい。

・



















タンつみれと九条葱のスープ

牛骨スープの中には、タンの端の部分をたたいて作ったタンつみれが入っています。

・



















極上ホルモン三種特選盛り

コプチャン、ハツ、ガツ。ホルモンは適度にじっくり焼いて食べました。

・



















〆の麺かご飯か選べます。

特選和風冷麺

和風のお出汁の素麺。もちもちした冷麺でなく小麦麺で冷麦くらいの太さです。山葵海苔を添えてさっぱりと。

・



















うしごろ貫カレー

牛筋肉や野菜を煮込んだ甘めのカレー。鰹出汁で炊いた大根をのせて。

・



















デザート

なめらかプリン、杏仁豆腐、柚子シャーベット、きな粉アイス最中から選べます。
アイス最中で。

・




















「うしごろ 貫」

東京都品川区西五反田1−17−1 第二東栄ビル2F

03−3490−2929


ranmarun at 18:00|PermalinkComments(0)