ラーメン

September 14, 2019

煮干し中華そば のじじR@浅草

「煮干し中華そば のじじR 本所吾妻橋店」に行きました。

本店は宇都宮にあり、我孫子に次ぐ3号店。
看板や店内のメニューは昔のファミコンソフトで使われていたドットフォントで書かれています。

70556175_2512600632119116_8798245762895970304_n


メニューもドットフォント。
無化調の煮干し中華そばは、【normal】、【easy】 、【hard】と煮干しレベルが3段階から選べます。
【normal】は、基本の味で、動物系(丸鶏と豚骨)と煮干しメインの魚介出汁を合わせたwスープ。
【easy】は、煮干し出汁が弱め。
【hard】は、動物系、煮干し出汁、共に濃厚な数量限定。


そのほか曜日限定で、
【hard 裏Ver.】や【EX-hard】、【手羽白湯 Ver.】などもあるようです。


70885678_2512600752119104_9155462990382759936_n


食券販売機で食券を購入するシステムになっています。
初めてなので、【normal】に味玉子をトッピングしました。

煮干し中華そば normal

具材は、少し厚めの柔らかなチャーシュー。白髪葱、玉ねぎ、角切りメンマ。
味付け玉子はトッピングです。

最初にスープを一口飲むと、煮干しの香りと苦みのある旨味がまず主張します。
その後で、豚骨や丸鶏の香りと脂が合わさった甘さや醤油だれのキレ感。
刻んだ玉ねぎもくさみは抜いてあり、より甘みをプラスしてくれます。

70510226_2512600678785778_5248654776803000320_n


麺は、中細のストレート麺。硬さは普通でお願いしましたが、加水率が低い九州麺を太麺にした感じなので、最初は硬いかなという印象でしたが、少し時間を置くとスープを吸って、おだやかになってきます。厚い角切りのメンマはじゃきじゃきとしていて、個人的には細切りやわらかメンマ好きなので、ちょっと食べにくいけれど、もちっとしていないストレート麺や柔らかチャーシューには、逆にこのぐらいのインパクトがあってもいいのかもしれません。

71017312_2512600688785777_4413739381005746176_n


最初はスープも塩気の強さを感じましたが、食べすすめると、豚骨や鶏のまろやかな旨味がマイルドな煮干し味に変化させ、麺もやんわりとなじんだ小麦麺の香りと共に、ちゃんとバランスが取れている美味しさ。ただ私はニボラーではないので、煮干しのえぐみがより出るhardよりは、このくらいの着地点がベスト。次回は、easyか限定手羽白湯にチャレンジしてみたい。

70503798_2512600702119109_2882857752168759296_n


サイドメニューのニボバタご飯にスープかけてみたいので、今度頼んでみようかな。


「煮干し中華そば のじじR 本所吾妻橋」


東京都墨田区吾妻橋2-4-11

03-6658-8899


ranmarun at 13:30|PermalinkComments(4)

September 07, 2019

カップヌードル リッチ スッポンスープ味

バーの後は、ラーメン屋に行こうと決めていたのですが、
目的のラーメン屋は、深夜2時を回ろうとしているのに満席でした。
なかなか空きそうもないので、コンビニへ。

今年9月2日に発売されたばかりの「カップヌードル リッチ スッポンスープ味」が並んでいました。

2016年4月に発売された、「カップヌードル リッチ 贅沢だしスッポンスープ味」のリニューアル発売です。早速買ってみました。

70125612_2498069106905602_1093567848304869376_n


リッチシリーズは、贅沢とろみふかひれスープや、あわび風味オイスター煮込み、青森にんにく風味牛テールスープ、贅沢濃厚うにクリーム、松茸香る濃厚きのこクリームなどいろんなリッチシリーズを出してきました。


スッポンスープは、カップヌードル リッチシリーズの第1弾として好評だったものですが、今回は、スッポンに、鰹出汁の旨味を加えたWだしでのリニューアルのようです。

P9040243


蓋を開けるとこんな感じ。
別添えの魚介香味油がついています。

P9040245


お湯を入れて待つこと3分。

具材は、鶏つくね、葱、椎茸、クコの実。前回よりも葱の大きさと量が増え、より葱感を出していますかね。スープは、チキンベースとスッポンの粉末に、鰹節の芳醇さを加え、生姜を利かせた和風味。

P9040247


ここに香味油を入れて、混ぜ合わせます。

P9040248


クリアなスープですが、香味油を入れると、ぐっと鰹風味や動物性脂の旨味が増します。
前回のスープの方が、ジャンクさを感じないあっさりとした味で好みでしたが、カップヌードルとなると、やはりいろんな味を重ねて旨味が強い方が人気が出るのかもしれませんね。
スッポンスープと言われるとどうなんだろうなと思いますが、既存のカップヌードルよりは、具材の食感や風味もあり、和風テイストとしてのスープと共に美味しかったです。


P9040249


P9040250


前回のスッポンスープ味はこちら


9月30日には、ふかひれスープ味もリニューアル発売されるそうです。
ふかひれスープ味は第1弾のあと、再度リニューアルされていますが、今回はどう変わるかな。






ranmarun at 02:30|PermalinkComments(0)

April 20, 2019

豚そば 月や@福岡

「豚そば 月や」に行きました。

「支那そば月や」の系列店で、昨年9月にオープンしたお店です。
支那そば月やの麺は、太打ちの平たい縮れ麺に、鶏ガラと煮干し、九州醤油の甘めのコクのあるすーぷですが、こちらは細麺にあっさり豚骨スープなラーメンを提供しています。

57821581_2254216964624152_7836191724455067648_n

お品書き。
大好きなゆでモツと豚そばをオーダーします。

e935f477-s

レモンサワーですっきりの一杯。

P4170502

ゆでモツ

茹でたぷりぷりの牛モツに、刻んだ白葱をたっぷりのせてポン酢で和えてあります。
柚子胡椒をつけるとさっぱりといくらでも食べれてしまう感じ。

P4170505

豚そば

白濁せず、透き通った黄金色のスープに、ラー麦100%の細ストレート麺。
柔らかな薄切りのチャーシューが3枚のっています。

P4170506

スープは前回行った時は深夜1時くらいだったので、豚骨のコクや甘みがでていたのですが、今回は開店したばかりの早めの時間だったので、塩気がたっていて、いまいち旨味にかけるかも。

P4170510

極細麺は少しざらっとした食感です。
スープのかえしには柳川のアサヒ醸造の醤油を使っているそうです。

P4170511

別添えの薬味は、前回はカボスと青葱でしたが、今回は柚子皮とパクチーを刻んだものでした。

P4170507

途中で柚子皮とパクチーを投入。
さっぱりとしたスープですが、前回の方がクリアな中に豚骨臭がして好みの味でした。
飲んだ後にはいい〆ラーメンですが、物足りなさも感じたり。
私は、やっぱり白濁どろっとした八ちゃんラーメンの方が好きなんだな。

P4170512


「豚そば 月や」

福岡県福岡市博多区中洲2−5−2

092‐262-3505

19時〜3時


ranmarun at 19:30|PermalinkComments(2)

March 01, 2019

滋養軒@函館

「滋養軒」に行きました。

一昨年行こうと思っていて、意外に早閉まいだったので、行けなかった有名店。
今回は、17時半に行きました。

54206264_2189923191053530_7622723513312346112_n


















メニューを見ると塩ラーメン500円から始まって、どれもリーズナブル。ビーフンのメニューが多いのも気になりますが、焼き餃子と塩ラーメンを頼みました。

53545928_2189923214386861_7018497476772495360_n


















焼き餃子 

まずは、焼き餃子。鉄のフライパンで蒸し焼きにしてからこんがり焦げ目をつけた焼き餃子。
小振りの餃子は柔らかな皮と焼き色がついた皮の部分が香ばしく、野菜とお肉の餡が丁度いいバランスで美味しいです。タレは自分で作るのではなく、特製の餃子タレで。
タレも酢と醤油の塩梅がよく、卓上には辣油もあるけれど、それはいらないかなっというくらいにいい塩梅でした。

P3010167


















塩ラーメン

麺は自家製麺だそうで、中細のストレート麺。
チャーシュー、メンマ、葱がのっていて、透明なスープです。塩味はわりと強いですが、ストレートでもちっとした麺との相性がいいです。


P3010165


















ご夫婦二人で切り盛りしているお店なので出てくるのは遅めですが、カウンター席に座ったので丁寧に作っているお姿を見ることができました。炒飯を作る鍋さばきが見事でした。常連の方が頼んでいた炒飯やビーフンも美味しそうだったので、次回に頼んでみようかな。

「滋養軒」

北海道函館市松風町7−12

0138−22−2433

11:30〜14:00  17:00〜19:00



ranmarun at 17:30|PermalinkComments(0)

February 27, 2019

鳳蘭@函館

2月で切れる寸前のJALマイルで、函館に来ました。
本当は星龍軒に行きたかったのですが、なんと昨年4月末で閉店していました。
一昨年末に食べた美味しい塩ラーメンは、もう一度食べたかったなあ・・・

で、「鳳蘭」へ。
1950年創業の函館の老舗ラーメン店です。

53352630_2187237317988784_6075385317848776704_n


















前回は塩ラーメンを食べて美味しかったのですが、今回は気になっていた焼きそばを頼むことにしました。メニューは、カレーとシューマイ、ライスと飲み物以外は50円〜100円くらい値上がりしていました。あと、ザリジという豚のから揚げもメニューに追加されていました。鶏のから揚げはザンギといいますが、豚のから揚げはザリジというんですね。

53698431_2187237334655449_1834504849949982720_n


















焼きそばは、やわらかとパリパリの麺があります。やわらかで頼みました。

53769913_2187237364655446_4389087677475979264_n


















あと、前回食べられなかったシューマイ。この仕込まれた山を見たら食べたくなっちゃいます。

P2280150


















シューマイ 

まずはシューマイが出てきました。注文を受けてから蒸した焼売は、練り上げた肉餡と皮が柔らかで、グリーンピースがのっているのが懐かしい感じです。何もつけなくても美味しいけれど、結構ボリュームがあるので、途中で酢醤油と辛子をつけながら食べました。

P2280152


















そして、ビールが飲みたくなったので、サッポロクラシックビール。
やはり、焼売にはビールが合います。

P2280157


















焼きそば やわらか

揚げたパリパリ麺もあるけれど、やわらかでオーダーした焼きそばは、茹でた麺に玉ねぎや筍、キクラゲ、豚肉や海老、帆立を炒めて煮込んだとろみのないスープがかかっています。この日は大将が作ってくれました。

P2280156


















野菜たっぷりのとろみのないスープがひたひたとしています。やわらかな茹で麺と味覇も使っているよねというくらい旨味あるスープを吸いながら、くせになる味わい。あんかけ焼きそばとはまた異なる味と食感です。これが函館の焼きそばなんですね。
後半は、焼売に添えてあった辛子を溶き混ぜながら、頂きました。

P2280158


















ふわふわ卵たっぷりのスープにも癒されました。

P2280155



















「鳳蘭」

北海道函館市松風町5−13 

0138−22−8086

11:00〜21:30


ranmarun at 20:30|PermalinkComments(0)

January 18, 2019

長浜御殿 住吉店@福岡

「長浜御殿 住吉店」に行きました。

51110841_2133207823391734_7820779307327815680_n


















深夜3時までやっているお店は30席ほどあり、真夜中1時半の時間でも満席。たまたま団体でも座敷に座れました。

51050308_2133207856725064_1961096481263845376_n


















おでんも食べたいなあ。

51214383_2133207836725066_1983651068227092480_n


















まずはプレミアムモルツのビールで。瓶ビールもモルツもあるけど、プレミアムが好き。

P1160342


















酢もつ

酢モツLoveなので、酢モツがあると必ず頼んでしまいますが、ここのは脂を取り除いて葱胡麻ポン酢と一味唐辛子や赤柚子胡椒でさっぱりと。これで200円という安さでビールがすすむし、おかわりしたかった。

P1160341


















餃子

餃子も一口サイズで美味しいな。280円。5人で行ったので一人2個。これもおかわりしたかった。

P1160343


















おでん

大根、牛すじ、厚揚げ、ごぼ天。各100円。

P1160344


















豚足

お勧めの豚足焼き280円は、ぷりっとしたゼラチン質がたっぷりで骨までしゃぶりつきます。これも名物だそうで旨い。

P1160345


















ラーメン 

青葱と薄切りチャーシュ、豚骨の白濁スープですが、見た目よりも意外にあっさりとしています。
個人的にはラーメン単体だけなら八ちゃんやふくちゃんのような濃厚系が好きですが、ここはつまみも豊富なので、それらを食べて〆のラーメンがいいのかも。

P1160347


















麺は固めでオーダーして、少し時間経ったくらいにスープが浸みた頃合いが好き。

P1160348


















豚えびすさん

P1160350



















「長浜御殿 住吉店」

福岡県福岡市博多区美野島1-5-1

092-473-7928

10:00〜翌3:00



ranmarun at 01:30|PermalinkComments(4)

January 05, 2019

中華そば すずらん@恵比寿

「中華そば すずらん」に行きました。
正月はなかなかやっている店が少ないのですが、こちらは営業していました。

a982401b


















ハイボール。

50589054_2123356141043569_5163472797795614720_n


















お通しは酢だこと赤カブのサラダ。

50577912_2123356117710238_841474111505956864_n


















前菜盛り合わせ

蒸し鶏はよだれ鶏風の麻辣ソース、帆立のXO醤、豆腐の挽肉のせ、豚角煮。
本当は一品料理をいろいろ頼もうと思っていたのですが、年明けで仕入れがないらしく、事前予約が必要だったようです。

50692534_2123356144376902_1780138745895321600_n


















黒豚焼売

黒豚の旨味を感じる挽肉たっぷりの焼売です。

50556215_2123356187710231_6710350040189108224_n


















トマト湯麺

メニューの中で気になっていたトマト湯麺。トマトと葱などをさっと炒め、卵とじにして。
平打ち麺にからんだとろみのあるスープで体が温まります。

50930203_2123356207710229_7886890587863908352_n


















又焼麺

定番のチャーシュー麺。お値段が上がった分、チャーシューは以前の倍くらい沢山のっています。

50614985_2123356211043562_7054513577868132352_n


















「中華そば すずらん」

東京都渋谷区恵比寿1−17−12 久保ビル1F

03−5422−6705


ranmarun at 18:30|PermalinkComments(0)

December 13, 2018

ラーメン五丈原@札幌

「五丈原」に行きました。
全国のデパートの北海道物産展でもよく出展しているラーメン屋で、いつも行列しています。
この日はタイミングよく着席できました。

49864898_2103618626350654_8692615083815075840_n


















メニューはとんしお、とんみそが定番ですが、催事では食べられない、ばん辛みそらーめんとますらおをオーダーしました。

49712725_2103618653017318_3531720215584833536_n


















ばん辛みそらーめん

数種類のエスニック調味料の香味油に、チャーシュー、キャベツ、葱、削り鰤がのっています。外は寒く雪が舞っていたので、辛みそが食べたかったのです。

PC110433


















麺は中細の縮れ麺はしこしこ食感。唐辛子やスパイスなどを合わせた旨味と辛味のある香味油とからむ味噌スープ。柔らかなチャーシューや甘いキャベツがスープに溶け込むと濃厚でスパイシーな味わいがまろやかになります。このコクのある残ったスープにご飯を入れたい欲がありましたが、我慢しました^^

PC110437


















ますらお

二郎系と言っていましたが、二郎よりもだいぶ上品。甘いキャベツともやしたっぷりで、ニンニクは抜きましたが、スープが美味しいし。二郎はその昔20年前に行ったきりですが、酸化した背脂とニンニクがひどかったもんな。

PC110435


















美味しい豚骨醤油のスープがなじんだ小麦の香りがある平打ちの太麺がまた旨い。
スープを吸った麺、そして、麺の香りが浸みたスープというのも大事なんですが、とてもいいバランスで、久々に美味しいラーメン食べたという満足感。

PC110438


















煮玉子のサービスもありがとうございます。また一緒にフレンチ食べに行きたいね♪

PC110436


















「ラーメン 五丈原」

北海道札幌市中央区南7条西8-1024-24

010-561-3656



ranmarun at 22:30|PermalinkComments(0)

December 08, 2018

中華そば すずらん@恵比寿

「中華そば すずらん」に行きました。
夜は一品料理かドリンクを頼まなければなりませんが、昼は麺料理だけでも頼むことができます。

a982401b


















葱油鶏絲麺 トリソバ

今回は鶏そばを食べました。
塩味の澄んだスープに白胡麻や唐辛子、柚子皮が浮いています。そして、長葱と浅葱の2種と水菜、蒸し鶏がのせてあります。

49142281_2085531471492703_990811211014602752_n


















蒸し鶏も柔らかで、葱油と胡麻の香りと共に。

49206357_2085531524826031_7564600627133677568_n


















麺は龍製麺の極細麺。固めに茹でたしこしこ食感と小麦の香り。淡麗に見えて、塩味はしっかりと濃いめでした。

49155137_2085531504826033_1178617967521300480_n



















「中華そば すずらん」

東京都渋谷区恵比寿1−7−12 久保ビル1F

03−5422-6705


ranmarun at 13:00|PermalinkComments(0)

October 19, 2018

豚そば 月や@福岡

「豚そば 月や」に行きました。

千葉高岡式醤油ラーメンでブレイクして店舗展開している「支那そば 月や」今年9月に新しくオープンしたお店です。「支那そば 月や」は太打ちの平たい縮れ麺に、鶏ガラと煮干しに九州醤油の甘めのコクのあるスープでしたが、こちらは淡麗豚そばという新業態でスタート。

・



















暖簾には清湯素豚骨と書かれています。中洲界隈は飲み屋が多く、〆ラーメン的に豚骨ラーメンのお店もいくつかありますが、こちらは豚骨をたぎらせないように透き通ったスープがうりです。
営業時間は19時から翌3時まで。

・



















店前のお品書きはこんな感じ。豚そばの他につまみは名物のゆでモツも。

・



















レモンサワーでさっぱり目覚めの一杯。

・



















ゆでモツ

支那そば月やでも名物で、大好きなゆでモツ。茹でた牛モツに刻んだ白葱をたっぷりのせて、ポン酢が少しかけてあります。柚子胡椒をつけて食べるとさっぱりと。

・



















豚そば

限りなく透明に近い黄金色のスープに、ラー麦100%の細ストレート麺。柔らかな薄切りのチャーシューが3枚のっています。

・



















まずは、スープをすすると、見た目よりは脂が浮いていますが、豚骨の香りが優しく香り、柳川市「アサヒ醸造」の醤油のかえしが溶けあうとその旨味がコクのある味わいに。

・



















麺は極細で、少しざらっとしているラー麦麺がスープに合います。

・




















別添えのカボスや青葱は後半で好みで。葱を加えると、豚骨の隠れた旨味がじんわりでてきます。
カボスを絞るとよりさっぱり味へ。

・



















私は豚骨好きなので、あの白濁どろっとした昔ながらのスープが好きなのですが、こちらは綺麗なスープをとりながら、ちゃんと香りも活かしていて、まさに淡麗豚そば。飲み口が軽くスープ全て飲み干しちゃいました。
飲んだ後の締めに軽くていいですね。また行こうと思います。

・




















「豚そば 月や」

福岡県福岡市博多区中洲2-5-2

092-262-3505
続きを読む

ranmarun at 01:00|PermalinkComments(4)