ラーメン

March 27, 2021

らーめん 平大周 味庵@大崎

「らーめん 平大周 味庵」に行きました。

かつては、環七で一世を風靡した味を継承し、さらに進化させたという背油チャッチャ系の豚骨醤油ラーメンのお店です。

165920754_3907618429283989_710824384010431714_o


豚骨醤油らーめんと味噌らーめん、つけめん。
爆盛油脂麺は、先日TVでも紹介されていました。

165920756_3907618745950624_8230467266365568117_n



特製味噌らーめん

豚骨醤油と迷いましたが、久しぶりに味噌らーめんを食べてみたかったので、特製味噌らーめんにしました。V6の番組東京Vシュランでも第2位になったラーメンです。

166800646_3907618715950627_1192919343781948347_n


味の濃さは、普通。
脂の量とにんにくの量は少なめでお願いしました。

166055431_3907618232617342_4284965241962784562_n


具材は、チャーシュー、味玉子、メンマ、葱がのっています。
下の麺やメンマ、味玉子が見えないほど、背油がたっぷりのっています。
その背油が溶けたスープは、想像していたよりはマイルドで、酸化したくさみもありません。
味噌味も強くなく、優しいクリーミー。

166893762_3907618339283998_2454799382844976934_o


麺は、中太麺でもちっとした食感に、スープがからみます。
難点は、器の端まで背油がかかっているので、器を持つと手がベタベタになること。
背油をたっぷりかけているのを強調したいため、わざとそういう演出にしているのですが、ちょっときたならしいw つけめんなんかは食べにくいよね。

166901396_3907618009284031_602682543893033529_o


隠れていた味玉子発見。
黄身が半熟で、とろりとした味玉子でした。

165826363_3907618152617350_9154533768837178349_n


豚骨醬油は麺が黒くなるまで濃厚なようですが、味噌は濃い味ではないので、一味唐辛子をたっぷりかけて味変。このくらいの方が、パンチがききます。後からもっと振りかけました。
大盛りにすると麺は300g〜500gまで選べますが、普通盛りは、意外と少なめでスープが余るので、残ったスープに白ご飯を入れてもいいかも。

166401594_3907618515950647_4422812861523221245_o


「らーめん 平大周 味庵」

東京都品川区大崎4-2-2 トーカンマンション五反田1F

03-3495-9800



ranmarun at 18:00|PermalinkComments(0)

December 06, 2020

麺や 魁星@横浜

「麺や 魁星(さきがけぼし)」に行きました。

2018年10月にオープンしたお店で、自家製白トリュフオイルを使っているのが特徴です。
カウンター10席で、メニューを見てから口頭で注文します。


131225389_3623690427676792_5439849360981011299_o
 

ラーメンは、醤油、塩、コク塩(限定20食)などがあり、トッピングや丼物、サイドメニューなどもいろいろあります。
白トリュフオイルを使っているということなので、塩ラーメンに味玉をトッピングでオーダーしました。

130763226_3623690577676777_3724255769334641812_o


変わり種ラーメンでは、12月限定のオランダ産マッシュルームとビーツの豚骨そばや曜日限定のイカの煮干しそば、平子煮干しそばもありました。いろいろ創作ラーメンも作っているんですね。

131276531_3623689831010185_8373377039053252057_o


塩らーめん 味玉

まずは、基本を食べてみたいと思い、塩らーめんに味玉トッピング。
チャーシューは豚と鶏の2種、九条葱、赤玉ねぎ、メンマ、絹さやがのっています。

PC050181

スープは、徳島の阿波尾鶏のガラ、丸鶏、モミジなどを炊き上げ、そこに昆布やホンビノス貝などを弱火でコトコト煮出した貝出汁を合わせているそうです。
塩らーめんに使う塩ダレは、淡路島の藻塩をベースに3種類の特徴のある塩を配合し、さらに白ワインや鶏スープ、香味野菜などの旨味を加えています。
そして、スープを炊き上げる工程で作られる鶏油と白トリュフで作る自家製白トリュフ油は、最初につんとくる香りがありますが、食べ進むごとに鶏油の旨味と共になじんでいき、過剰でないのがいいですね。

PC050182


自家製麺は、北海道産の小麦粉にデュラムセモリナ粉とライ麦粉を配合した中細の角切り麺。
しこっとした弾力のある食感と小麦やライ麦が香るパスタのようなそばのような独特の麺が、スープに合います。


PC050183


薄切りの柔らかなチャーシュは、2種。豚チャーシューは、醬油ベースで、鶏チャーシューは、ハーブ塩ベースで、共に低温調理でしっとりと仕上げてありました。塩漬けの生胡椒がアクセント。
味玉も半熟の黄身とぷるんとした白身がいい感じ。

PC050185


ちなみに醤油ラーメンは、木桶仕込みの熟成醤油と底引たまり醤油など数種類の醤油をブレンドしているそうです。こちらでは、個人的には塩の方が好みです。

PC050179


次回行く機会があれば青唐の塩が気になったので、食べてみたいです。


「麺や 魁星」

神奈川県横浜市吉田町3-11

045-341-0655




ranmarun at 19:30|PermalinkComments(0)

November 07, 2020

まんかい ラーメン滑走路@福岡

福岡空港に着き、3Fのレストラン街のラーメン滑走路へ。

9店のラーメン屋が立ち並んでいます。

125113640_3546369088742260_368123966883098148_o


どのお店に入ろうか迷います。

玉龍は、屋台系博多ラーメン。

125436359_3546369462075556_5263777891671319290_o


インパクトのある暖簾だったのは、モヒカンらーめん。

125500540_3546369968742172_6199157706849661682_o


久留米発祥のラーメン屋。
変わり種で檸檬ラーメンや焼き替え玉というのも気になりました。

125447556_3546369598742209_8999372058783101540_o


金斗雲は、鹿児島のラーメン屋。
黄雲という味噌ラーメンが人気だとか。

125204895_3546369542075548_3649192892889892268_o


凪は、東京にある濃厚煮干し系のラーメン屋ですが、ここでは凪豚という焼きあごだしとんこつが気になりました。

125212395_3546369262075576_1560153868390710953_o


まんかいは、大阪にある博多純系とんこつらーめん。

126004812_3546369912075511_7241183160112750886_o


トマとんというトマトとんこつスープなんていうのもありました。

125053835_3546369118742257_7718911306284560454_o


他にも、博多一幸舎や、ラーメン海鳴などありましたが、わりと人が入っていたので、まんかいへ。


博多純系豚骨らーめん 煮玉子入り

博多純系という言葉に惹かれて頼んでみました。
クリーミーに白濁したスープに、煮豚、きくらげ、青ネギがのっていて、煮玉子はトッピング。

PB050209

麺は博多系では中細のストレート麵を硬さはふつうで。

PB050212


国産和豚を丁寧に煮出したくさみのないマイルドな味で、そこに数種類の香味野菜と博多の上久醤油の濃口と薄口をブレンドしたタレを使っているそうです。
スープを一口飲んだ時に、一風堂の味に似ているなと思いました。
後で調べたら、やはり一風堂で19年修行した店主が開いたようです。

PB050215



次回は、他の店にも行ってみたいと思います。




「まんかい 福岡空港店」

福岡県福岡市博多区下臼井778-1 福岡空港国内線ターミナル3F

092-710-7676

ranmarun at 19:30|PermalinkComments(0)

October 18, 2020

麺処 山一@横浜

「麵処 山一」に行きました。

関内駅から1分というほど近い場所にあるラーメン屋。
一見鮨屋か和食のような木の引き戸と暖簾に惹かれ入店。
中に入ると、カウンター席があり、右横の食券販売機で食券を購入します。

122626370_3483310908381412_899536041955689741_o


らーめんは醤油か塩で選び、味玉やチャーシュー、ワンタンなどのトッピングや全部のせの特製らーめん。限定らーめんは季節ごとに変わるようですが、あさりらーめんというのも気になりました。
アローカナ卵を使った幸せの卵かけご飯やチャーシューご飯などのライスもあります。


122483276_3483311311714705_3417891455830569472_o



特製らーめん

初めてなので、具材が全部のっている特製らーめんを醤油を頼みました。
ワンタン、鶏チャーシュー、炙り豚チャーシュー、豚チャーシュー、味付け玉子と穂先メンマ、青ネギがのっています。
ベースのスープは、山梨県の信玄鶏のガラと丸鶏をふんだんに使い、5時間以上鶏と水だけで煮込んだ無化調の黄金スープ。かえしの醤油は国産の生揚げ醤油とホタテ出汁とカツオの焦がし醤油、魚醤の3種の合わせ醤油をスープで割り、あっさりとしながらコクのある味わいです。

122498299_3483311095048060_3000939802138966824_o


麺は、中細のストレート麺。
全粒粉も少し入っているのか、しこしことした食感を若干柔らかめに茹でてあり、コシや弾力というよりは、なめらかにすする感じで、スープがなじみます。


122507997_3483310938381409_8882505763187509749_o


注文時に、柚子皮と柚子胡椒のトッピングを聞かれるので、有りで。
別添えの柚子皮と柚子胡椒を加えると、よりさっぱりとした味になります。

122538695_3483311395048030_1646859327152933116_o


柔らかな皮のワンタンと信玄鶏胸肉の鶏チャーシューには柚子胡椒をつけながら頂くと、しっとりとした食感がさらに美味しく。2種類の豚チャーシューは、ベルギー産豚肩ロースだそうで、肉自体の弾力と旨味があります。
注文ごとに一杯一杯丁寧に合わせスープを作り、それぞれの具材が合わさったバランスも良く、次回は塩らーめんを食べてみたいと思います。

122715694_3483311171714719_3843957991005517843_o



「麺処 山一」

神奈川県横浜市中区真砂町4-45

045-305-6988



ranmarun at 19:30|PermalinkComments(0)

August 08, 2020

麺匠 億@経堂

「麺匠 億」に行きました。

以前あったはら匠というらーめん屋の後に、2年半前にオープンしたお店。
高円寺の煮干しそば専門店「麺屋銀星」で修行した店主が始めた姉妹店で、銀星直伝の煮干し出汁と鶏白湯をブレンドしたスープだそうです。
ネイルサロンの帰りにふらりと立ち寄りました。

117672266_3275118662533972_1396259906995119434_n


期間限定の冷やし煮干しそばが気になって、味玉入りをオーダー。
入って左の券売機で食券を購入します。

117843735_3275118875867284_8894670002669729086_n


冷やし煮干しそば

5,6分ほど待って出てきました。
豚バラチャーシューと鶏チャーシュー、青ネギ、メンマ、刻み玉ねぎ、海苔がのっていて、味玉トッピング。スープには氷を浮かべて。

117771956_3275118829200622_8561301621729044961_n


まずはスープを一口。
京都の老舗問屋から季節ごとに厳選して取り寄せる国産片口鰯の煮干し、鯖、うるめ鰯節などのブレンドを炊いて、国産鶏を長時間煮込んだ鶏白湯を合わせたスープ。
煮干しの香りもマイルドで、鶏や鶏油の旨味がバランスよく溶け込んでいます。

117933901_3275118749200630_5899101176439627714_n


麺は、加水低めの中細ストレート麺。
冷やしそばだと少し固めに感じますが、つるりとしたのど越し。
刻み玉ねぎは少し乾燥させるように置いてあるので、辛味が消え、玉ねぎの甘みがいい薬味になります。味玉は半熟の黄身と硬すぎない白身でいい感じ。柔らかなチャーシュー。
食べ進むごとに適度に溶けた氷が溶けて、さっぱりとしています。

117444978_3275118689200636_6105782627801936306_n

卓上には、自家製辛味や酢、胡椒、おろしニンニクや生姜がありました。
途中で自家製辛味と生姜を入れて、さらにさっぱりと味変。
最後に残ったスープに数滴酢を入れて。

117769754_3275118739200631_9081160916720460867_n


「麺匠 億」

東京都世田谷区経堂1-4-10


続きを読む

ranmarun at 18:00|PermalinkComments(0)

July 19, 2020

八ちゃんラーメン 薬院店@福岡

「八ちゃんラーメン」に行きました。

福岡に来たら、やっぱりとんこつらーめんで〆night。
以前は夜21時からの開店でしたが、コロナの影響で18時から営業しています。
テイクアウトもやっているみたいで、お店で食べるより100円安いです。
いつもは行列のお店ですが、18時過ぎに行くとガラガラですんなり着席できました。

114713271_3222574411121731_2623658169341048656_n


おでんも食べたかったので、頼むことにします。

109790384_3222574554455050_5010045454865704729_n


おでん

大根、牛すじ、こんにゃく。
夜中に行くと大根はわりととろんと、こんにゃくもちゃんと味が染みているのですが、開店直後はまださっぱり味。

P7160299


大根、厚揚げ、ごぼう天。

P7160298


八ちゃんらーめん

麺の固さは普通でオーダー。
青ネギと薄切りチャーシューがのっています。

P7160301


スープはマイルドなとんこつ臭。
夜中に行くと、少し泡だったポタージュ系の脂で白濁したとんこつのしっかり味なのですが、開店直後はまだ醤油味が際立ち、麺も見えるわりと透き通ったスープ。

P7160303 (1)


替え玉もしたかったけど、むしろおにぎり頼んでご飯入れたかった。
八ちゃんのスープは好きですね。次回はワンタンメン食べたい。

P7160302


「八ちゃんラーメン 薬院店」

福岡県福岡市中央区白金1-1-27

092-521-1834



ranmarun at 18:30|PermalinkComments(0)

July 15, 2020

博多らーめん ShinShin@福岡

「博多純情らーめん ShinShin 住吉店」に行きました。

昼が遅めだったので、少し休んでから夜は遅めの時間にカレー屋に行こうと思っていたのですが、昼寝のつもりが起きたら22時半w。久々に飛行機乗って移動疲れしたみたい。

カレーは諦めて、ホテルから徒歩7分くらいのらーめん居酒屋に行きました。
わりと芸能人が来るらしく、壁一面にはいろいろな芸能人のサインがたくさん飾ってありました。
こういう居酒屋に来るのは久しぶりですが、テーブル席の区切りのすだれには、ビニールシートが張ってありました。

114072886_3205693606143145_8515585978569704081_n


メニューは居酒屋台(いざかやたい!)と書かれた、屋台的な一品料理と串焼きがいろいろ。
安うま〜な料理が迷うくらい並んでいます。

115838317_3205693889476450_5438068446054750547_n


博多らーめんの他に、博多ちゃんぽんとか博多皿うどんもあるんですね。
長崎ちゃんぽんと佐世保ちゃんぽん、長崎皿うどんと佐世保皿うどんの違いはわかるけれど、博多のそれは以前住んでても知らなかった。まあ豚骨スープを使うのでしょうが。

 109743700_3205693809476458_5928330505589595217_n

とりあえずレモンサワー。

P7140120


酢モツ

博多に来ると酢モツをよく食べます。
Blogには書いていないだけで、美味しいお店のをテイクアウトしたりして、朝から酢モツしています(笑)博多に来た時にはだいたい毎日食べてるかも。

P7140121


ポテトサラダ

マッシュポテト的なポテサラには、ベーコンが入っていて、黒胡椒をかけて。
レタスにマヨネーズが添えてあるのがいいですね。

P7140123


餃子

わりと小振りな餃子で、ニンニクは控えめ。

P7140124

卓上調味料の餃子のたれに、胡椒や自家製辣油で。

P7140122


野菜餡のさっぱり餃子。

P7140125


串焼き

豚バラとピーマン。
焼き鳥屋ではないので、豚バラがあるのが嬉しい。間には、葱を挟んで焼いてあります。
そして、焼きピーマン。表だけ軽く焼いてあり、ほぼ生のフレッシュピーマンをかじりながら。
二串目はピーマンに豚バラをのせて、なお旨し。
下のキャベツはうまたれと。

P7140126


朝引鶏せせり。
せせりは鶏首肉です。
ぷりっとした弾力感とジューシーさ。玉ねぎを挟んで。
リーズナブルな上に、串も長いので一串に刺さっている肉の量が多いのが嬉しいです。
塩加減はわりと強めですが、キャベツをポリポリ食べながら、レモンサワーもおかわり。

P7140127


らーめん 煮玉子のせ

スープは豚骨臭がなく、わりと甘めで脂も多め。
こってり豚骨臭かつさらっとしているのが好きな私には、ちょっと化調がくどいかな。

P7150128

麺はかなり極細でした。

P7150132


焼きらーめん

屋台名物の焼きらーめんですが、極細麺にもやしや人参、キャベツなどを炒め、豚骨スープとソースを合わせた甘辛味。昔屋台でよく食べましたが、個人的には、もう少し太い麺で、ソース味が濃くない方が好みです。

P7150129


まあでも、たっぷり野菜補給できました。

P7150133



「博多らーめん ShinShin 住吉店」

福岡県福岡市博多区住吉5-5-15 第二成城ビル1F

092-471-0345



ranmarun at 00:00|PermalinkComments(0)

June 29, 2020

中華そば かみ山@経堂

「YOKOHAMA 中華そば かみ山」に行きました。

最近暑かったり、雨だったりで朝は走れず、夕方は30分のランニングよりゆっくり2時間のウォーキングしています。その後にふと寄り道。

106506720_3155515374494302_7359057877476971711_n


サンマー麺が名物で前から行ってみたかったお店。
タンメンやマーボーメン、あんかけチャーハンも気になっていました。
不定休なので、たまたま行こうと思っていたら休みだったり、営業している日は並んでいたりで。

106805822_3155541654491674_7076465785950972844_n


7席のカウンターですが、ちょうどお客も二人のみだったので、入ることにしました。
テイクアウトも可能ですが、やはりできたてを食べたい。
サンマーメンの食券を購入。追加ライスを頼もうとしたら、ご飯物は売り切れとのこと。

106919396_3155527761159730_7693404288470479236_n



サンマーメン

5分くらい待って出てきました。
最初に端のスープをすすると煮干しや鶏ガラなどの醤油味のスープが旨い。
そこに、もやし、キャベツ、ニラ、豚バラ、葱などを炒めた熱々の焦がし醤油あんかけがかかっています。
トッピングは味卵、チャーシュー、かまぼこがのせてあります。

105990035_3155515917827581_4039772493864845461_n


もやしはしゃきっとしているけれど、個人的には、せっかく美味しい醤油味のスープベースなのに、そこにかけた醤油あんかけがしょっぱすぎるかな。
塩というより、炒めた焦がし醤油や化調が強すぎる感じ。好きな人は好きかもしれませんが。
でも、麺は浅草開花楼の特製麺で、太めの平打ち麺でしこっと美味しいです。
途中粉山椒や酢をたっぷりかけて味変すると、少しマイルドになりました。

106611262_3155515817827591_853666698030816954_n


次回は塩タンメンか、つけタンメンを食べに行こうと思います。


「中華そば かみ山」


東京都世田谷区経堂5−29−21





ranmarun at 18:30|PermalinkComments(0)

June 05, 2020

お家で飯田商店

少し前にお取り寄せした湯河原の「飯田商店」のラーメン。

湯河原の本店では、整理券をもらうために早朝から並び、整理券の指定された時間に行かないと食べる事のできない行列必須のハードルが高いラーメンですが、具材なしの麺とスープのみのかけらぁ麺は、冷凍クール便でお取り寄せすることができます。

麺とスープは3食セットで2415円です。(別途送料がかかります。)

P5290024


まずは、簡単にかけらぁ麺で食べてみました。
スープはお湯で10分ほど温めて、麺は半解凍してから1分半茹でます。(冷凍麺の場合は2分〜3分)
具材が何もないのはさみしいので、三つ葉だけのせて。

P5290026


つるっとのど越しのいい麺に、鶏油と魚介の旨味が溶け合った甘しょっぱい懐かしいような醤油味のスープがシンプルに美味しいです。ただ、やっぱり麺だけだと食べ飽きるので、ラーメンとしてはチャーシューなどの具材がのっている方がバランスが良いかな。
次の日に残ったスープで醤油焦がし炒飯を作ったら、これまた美味しかったけど。

P5290027
 

ということで、後日、自家製チャーシューと味玉子と三つ葉をのせて、作りました。

P6050059



飯田商店には餃子はありませんが、冷凍庫にあった宇都宮の栄久のスタミナ餃子を焼きました。
酢多めの醤油数滴に辣油で。
そういえば餃子というと神保町のスヰートポーヅが閉店しましたね。
その昔行ったけれど、有名な焼き餃子よりは、もっちりとした天津包子や水餃子の方が好きでした。

P6050050


餃子には、やっぱりビール。
オリオンビールの限定75ビールです。
赤褐色のビターな味わいが餃子に合います。

P6050052


自家製蒸し鶏。
常備菜で余っていたものを。

P6050053


飯田商店の沼津ららぽーと店にはプレミアム焼売というメニューがあるそうですが、
それは手に入らないので、五反田「亜細亜」の焼売をテイクアウトしました。
ここの名物の焼売は、先日TVに出たみたいで、並んでいたし、大量に作ってありました。
ざく切りの甘い玉葱の食感が残ったもっちり餡の焼売が好きなの。

P6050054


そして、飯田商店のラーメンをお家で。
ダー製チャーシューが美味しい。自家製味玉子と三つ葉をのせて。

P6050061

スープになじんでいく、柔らかいチャーシューの脂が、より旨味を加えます。

P6050065


つるっとコシのある麺に、しっとりとしたチャーシューの旨味が合わさると、ラーメンとして完成される気がします。そこに飯田商店ならではの三つ葉がさっぱりと。

お店で食べるとまた違った味だと思いますが、お家でもしっかり堪能しました。

P6050063





ranmarun at 19:00|PermalinkComments(2)

March 04, 2020

赤のれん@西麻布

「赤のれん」に行きました。

西麻布の某所の帰りにラーメンが食べたくなって、8年ぶりくらいの久しぶりの訪問。
昔は西麻布で飲んだ後に、よく〆ラーメンで寄りました。

89272560_2874069169305592_1558316535599071232_n


水餃子を頼んだのでビール。

P3030099


もやし

餃子が茹で上がるまでのおつまみでもやし。
細いもやしに葱と醤油だれが旨い。
残りはラーメンにトッピングします。

P3030100


水餃子

お客の半分くらいが頼む名物の大好きな水餃子。
薄皮に包まれた水餃子は、肉餡の汁と皮のとろける食感で、雲吞のよう。
調味料はいろいろありますが、酢多めの醤油と辣油数滴で。
この水餃子は美味しくて、ビールがすすみます。

P3030101


らぁめん

五右衛門釜で一晩かけてじっくり炊いたとんこつスープ。
10年以上前は、もっととんこつのコクや香りがあって、博多に住んでいた味を懐かしんでいました。
今では醤油のコクと旨味がありながら、見た目よりもあっさりととんこつくさくなく、東京人にも好まれる味。メンマの細切りと薄切りチャーシュー。長葱上部のスライスも東京的。博多ラーメンにメンマはのせないものね。

P3030102


こしの強い平打ち極細麺。
バリカタとか粉おとしとかあるけれど、そもそも博多の人はそんなに固い麺は好みじゃないので、普通がいいです。スープになじんだ具合が丁度いい。

P3030103


味変ですりおろした白胡麻と一味唐辛子、紅生姜をのせて。
久しぶりのラーメン欲を満たしました。

P3030104



「赤のれん」


東京都港区西麻布3−21−24 第五中岡ビル1F

03−3408−4775

11:00〜15:00、21:00〜5:00


ranmarun at 22:30|PermalinkComments(0)